« 今年も、グリーンカーテン用ネット張り | トップページ | スペアリブの角煮 »

2013年5月 4日 (土)

リンク元DBのテーブル作成

バージョンアップに伴って、リンク元のDBにいくつかテーブルを追加しています。

勘違いして、作業用のDBのリンクテーブルの有無で、バージョンアップの前後を判定していたのですが、これでは、常に、新規作成のテーブルを作業用のDBから削除しないと直前のバージョンからしかバージョンアップ出来ない事に気づきました。

下記の通り、リンク元のDBのテーブル有無を判定して、テーブルを作成するよう訂正しました。

【VBAコード】

Set dbs = DBEngine(0).OpenDatabase(Replace(strConnect, ";DATABASE=", ""))
For Each rs In dbs.TableDefs
 tblcr = tblcr & rs.Name 'リンク元テーブル名取得
Next rs

'M_修理使用部品対応表追加
If InStr(tblcr, "M_修理使用部品対応表") = 0 Then

Call Syuuri_buhin

 DoCmd.SelectObject acForm, "", True
 DoCmd.RunCommand acCmdWindowHide
End If

dbs.Close: Set dbs = Nothing

Call Syuuri_buhinのコードは、リンクテーブルのフィールド削除で紹介したので、割愛します。

« 今年も、グリーンカーテン用ネット張り | トップページ | スペアリブの角煮 »

Access 業務管理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リンク元DBのテーブル作成:

« 今年も、グリーンカーテン用ネット張り | トップページ | スペアリブの角煮 »

スライムパンク防止剤被害

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

自転車出張修理のブログ

カテゴリー

無料ブログはココログ

ブログランキング