« フライス盤架台引出し 箱完成 | トップページ | 自転車店統合管理 冗長部整理 »

2013年3月26日 (火)

引出しスケッチ

引出しの外箱がほぼ完成したので、後は、引出しを4段作ります。

構想はほぼまとまっていますが、今日は、構想に従って、アリ継ぎ手用の治具を作っていました。

側板と後の板は安いのと、引出しに良く使われているので、ファルカタ集成材を使います。
前板は20mmのシナ合板にしました。(当初架台の天板用に買ったのですが、寸法を間違え使えなかったものです)
底板は、回転テーブルや、精密バイス、その他工具の収納を予定しているため、12mm厚のコンパネを使う事にしました。

以下、それぞれのスケッチです。

Photo 前板と側板の接合はアリ継ぎとします。
前板にも底板を受けるための6mmの溝をきります。

 

Photo_3アリ継ぎ用のカットと、底板用の溝が重なっているため、組立時の割れがちょっと心配です。

 

Photo_4 後板は、底板の受けのみで、継ぎ手の加工はなしです。側板とは木ネジで固定します。

 

Photo_5 底板は、面積も広く、重量物を入れるため、12mm厚としました。淵を6mmにカットし、全周を嵌めこみで固定します。

 

 

 

 

 

 

Photo_6   組みあがりは、この様になります。

 

 

アリ継ぎ手用の治具が出来れば、ファルカタ集成材は定尺物ですので、長さ寸法を合わせる事が出来れば、さほど組立に時間は掛からないはず?です。

« フライス盤架台引出し 箱完成 | トップページ | 自転車店統合管理 冗長部整理 »

DIY」カテゴリの記事

フライス盤架台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 引出しスケッチ:

« フライス盤架台引出し 箱完成 | トップページ | 自転車店統合管理 冗長部整理 »

今日の体温(下は昨日)

  • 36.0℃
    36.4℃

スライムパンク防止剤被害低減プロジェクト

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

「パンク防止剤のスライムって知ってます?ママチャリに使うものらしいですが。」を読まれた方へ

自転車出張修理のブログ

自転車修理法の疑問はこちらへ

ブログランキング

カテゴリー

無料ブログはココログ