« デジタルスケールの検討 | トップページ | 正面フライスカッター »

2013年2月16日 (土)

芯出しバー

工作物の端面位置を検出する為に、光学式のエッヂファインダーと機械式の芯出しバーを検討していましたが、

機械式の芯出しバーの方が検出精度が高い事が判りました。
取り付けに使用するコレットチャックも10mmで常用する刃物の径に近いです。
価格の安さも魅力ですので、芯出しバーを採用する事にしました。

T1rnu9xhhfxxxxxxxx_1item_picgif_310 候補は、これです。

淘宝网で15元(220円)

オークションサイトでは3000円オーバーです。

追記:先ほどオークションを見に行ったら、送料込1530円の出品がありました。

検討が終わるまで、出品されていればいいのですが・・・

« デジタルスケールの検討 | トップページ | 正面フライスカッター »

フライス盤据付」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 芯出しバー:

« デジタルスケールの検討 | トップページ | 正面フライスカッター »

スライムパンク防止剤被害

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

自転車出張修理のブログ

ブログランキング

カテゴリー

無料ブログはココログ