« 青色申告書作成終了 | トップページ | 芯出しバー »

2013年2月15日 (金)

デジタルスケールの検討

購入の動機が「自転車フレームのエンドの平行度を測定する治具を作りたい」ですが、

過去記事に書いたように、精度を要求される加工には、機能不足(技術不足)なフライス盤です。

X-Yステージの移動量を直視出来るデジタルスケールを追加工する事は、購入時からの構想でした。

フライス盤の架台も作成途中ですが、今日は、先日のバイクを押して歩いた疲れもあり、雨だった事を口実に、デジタルスケールを探してみました。

T1e0saxcpjxxxxxxxx_0item_picjpg_3_2 淘宝网での最安値120元(約2850円)
オークションサイトで、同仕様の製品が4980円です。

EMSの送料が130元/kgとすると、円安のご時世、オークションサイトの方が安上がりかもしれません。

今回は,XYZ軸それぞれで3本必要になりますから、重量の情報を得ないと、どちらが安いのか、確認が出来ませんが、今のところ、重量に関する情報が見つけられていません。

他に、刃物、クランプ、てこ式ダイヤルゲージ、ダイヤルゲージホルダー等購入する品物がありますので、じっくり、検討してみたいと思います。

« 青色申告書作成終了 | トップページ | 芯出しバー »

フライス盤据付」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: デジタルスケールの検討:

« 青色申告書作成終了 | トップページ | 芯出しバー »

スライムパンク防止剤被害

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

ブログランキング

カテゴリー

無料ブログはココログ