« 無償修理(バルブ根元パンク) | トップページ | 異物発見(自画自賛) »

2013年1月 9日 (水)

フライス盤架台 骨組

久しぶりに時間が取れました。フライス盤架台の骨組みを完成させます。

130109_153808 200mmの木ネジです。

 

 

 

 

 

 

 

130109_104623 普通のドライバーでは捻じ込めず、ソケットレンチのハンドルを使って捻じ込みました。

ドライバービットが斜めになって、時々、ネジの頭から外れます。

ネジの頭を舐めてしまうかと心配したのですが、ネジの頭の方が丈夫です。

 

 

 

 

130109_104644 ドライバービットの方が、削れて痩せてしまいました。

長いネジなのに、ねじれも曲がりもせず、入っていきます。

最近のネジの丈夫さに脱帽です。

 

 

 

 

130109_105036 一応、形になった、架台の骨組みです。

体重を掛けても、びくともしないので、これなら、フライス盤を乗せても大丈夫でしょう。

奥に見える、黒い帯は、自転車のチューブです。

これだけの長さを挟めるバイスを持っていないので、中央の横木と、チューブで、固定しました。

この後、チューブはカットして、取り除きます。

後は、天板を乗せて、固定すれば、一応、フライス盤架台としての用は足りますが、架台下の空きスペースの有効活用を検討します。

« 無償修理(バルブ根元パンク) | トップページ | 異物発見(自画自賛) »

DIY」カテゴリの記事

フライス盤架台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フライス盤架台 骨組:

« 無償修理(バルブ根元パンク) | トップページ | 異物発見(自画自賛) »

今日の体温(下は昨日)

  • 35.9℃
    35.9℃

スライムパンク防止剤被害低減プロジェクト

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

自転車出張修理のブログ

自転車修理法の疑問はこちらへ

ブログランキング

カテゴリー

無料ブログはココログ