« ロードフレームのシティクロス作成-5 | トップページ | フライス盤購入-7 »

2012年12月12日 (水)

ロードフレームのシティクロス作成-6

121212_122820 ハンドルバー、サドル、チェーンリング、リヤ・フロントディレーラー、ダブルレバー、ホイールを取り付けて、概ね組み上げました。

まだ、前輪のブレーキと泥除けが着いていません。

シティクロス風に見えますか?

ブレーキは、泥除けを付ける事を考え、軽快車用のロングアーチです。

 

元々が前輪用なので、トーインを考えて、フレームの内側に取り付けています。
前輪用も同じものを付ける予定で、注文中です。

  

121212_122909 シートステーは、スギノの2本締め、余程、興味のある方しか分からない程、深く沈めて取り付けています。

 

 

 

 

 

 

121212_122843 フロントディレーラーはサンツアーのシュパーブです。

 

 

 

 

 

 

 

121212_130943 シュパーブのバンド止めは、サンツアーの製品の中でも好きな機構です。

止まらないと、不評もあるようですが、スマートで、それでいてアクセントとなる、バンドが大好きです。

 

 

 

 

121212_122856 前輪のブレーキは、仮部品を付けて、ライトの固定を確認しています。

 

 

 

 

 

 

 

121212_130918 リアディレーラーはサンツアーSL

フリーはサンツアーAPの7段です。

ワイドレシオなので、SLのキャパシティーを超えているようですが、フロントのアウター、インナーでなんとか、全段シフトします。

ホイールを組む際に、左右のスペーサーを調整し、チェーンラインを出しています。

 

 

試走してみましたが、ハンドルの突出しが短い分、操舵感はクイックです。
26インチホイールを履いた為に、52Tのアウターですが、アウター・トップでも走りだせます。
ハンドルのポジションを高めにして、突出しも小さくしたので、起きた姿勢で乗れますが、走りは軽く、乗っていて爽快感があります。

面白い、乗り味で、きびきび走れるので、ここまでは、自分なりには、成功した自転車です。

残りは、泥除けの取り付けですが、かっこよく付けるのは、難しいです。軽快車用の26インチの泥除けなので、フレームと干渉したり、フロントディレーラーとの干渉も解決する必要があります。

« ロードフレームのシティクロス作成-5 | トップページ | フライス盤購入-7 »

DIY」カテゴリの記事

シティクロス作成」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ロードフレームのシティクロス作成-6:

« ロードフレームのシティクロス作成-5 | トップページ | フライス盤購入-7 »

今日の体温(下は昨日)

  • 36.4℃
    36.5℃

スライムパンク防止剤被害低減プロジェクト

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

「パンク防止剤のスライムって知ってます?ママチャリに使うものらしいですが。」を読まれた方へ

自転車出張修理のブログ

自転車修理法の疑問はこちらへ

ブログランキング

カテゴリー

無料ブログはココログ