« フライス盤購入計画-1 | トップページ | スライム(パンク防止・修理剤)入りチューブのパンク修理 »

2012年11月21日 (水)

火鉢に火が入りました。

ブログでしばらく、画像なしが続いたので、ちょっとさびしいので、画像をアップします。

穴開き火鉢だったのですが、銅テープで補修をし、備長炭の炭を焼いた窯から出た灰を入れ、オークションで入手した古い五徳をセットし、火を入れました。

灰が赤っぽくて、金火鉢の色とよく合います。篩の目が荒いと書かれていたのですが、使ってみても気にはなりません。

ほんわかと温かく、ストーブやエアコンとは違って、柔らかな温かさを楽しめます。

炭は、まだ購入していないので、バーベキュー用の竹炭です。実はこの炭は、バーベキューに使う予定ではなく、以前工具を浸炭する時に購入したものです。

本当は、クヌギの炭を使いたいのですが、取敢えず、お試し用に入れました。

さほど臭いもなく、火付きもいいのですが、灰がいっぱい出ること、火持ちがあまり良くないのでお勧めできません。

火に掛けているのは、調理用の鍋ですが、そのうちに鉄瓶に変わる予定です。

121121_201636

« フライス盤購入計画-1 | トップページ | スライム(パンク防止・修理剤)入りチューブのパンク修理 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 火鉢に火が入りました。:

« フライス盤購入計画-1 | トップページ | スライム(パンク防止・修理剤)入りチューブのパンク修理 »

今日の体温(下は昨日)

  • 35.8℃
    35.8℃

スライムパンク防止剤被害低減プロジェクト

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

自転車出張修理のブログ

自転車修理法の疑問はこちらへ

ブログランキング

カテゴリー

無料ブログはココログ