« パンク修理時のタイヤへのマーキング | トップページ | バルブ根元パンク 3例目 »

2012年9月26日 (水)

55_フレーム-1

最後の難関

フレームの調査に入ります。

サイクルツーリストの談話室では、少し、話が進んでいますので、

フレームについて、分かっている範囲を、整理しておきます。

フレームの製造は、(有)吉田自転車の川越工房。今はありません。

フルオーダーではなく、セミオーダーではないかとの事。

標準のパイプは石渡022と呼ぶ、クロモリダブルバテッドパイプ。

このパイプを使うと、シートポスト径が26.8mmになるが、手持ちのフレームはシートポスト径が27.0mmで標準パイプではない。

フレーム重量は、ヘッドワンなし、フォークなしで、1,880gでした。

フレーム小物、ラグについては、形だけで、判断することが、難しいため、もう少し、知識を仕入れたいと思います。

120926_160510_2 リアエンドは、
カンパニョーロ ショートロードエンド(1979年カタログ掲載)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

120926_155955 ワイヤーリードは、分かりにくいですが、カンパの刻印があります。

 

 

 

 

120926_160153 後、現状ではっきりしているのは、このチネリのB.B.シェルだけです。

 

 

 

 

 

 

120926_160908_2_2ラグは、イタリアンカットラグに属するものだと思いますが、まだ知識不足です。素性調べは、もう少し、知識を得てからにします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

120926_160810 チェーン側の、シートステイ、チェーンステイ共、つぶしがあります。

【2016.02.21追記】
サイクルツーリストの談話室掲示板は、運営者の方がお亡くなりになり、ご家族のご意向で全て破棄されたそうです。(時期不明)
又聞き情報ですので、間違っているかもしれません。

雰囲気の良い、博学な方が集われている掲示板で、大変お世話になりました。
掲示板運営者の方のお人柄と、ご苦労に敬意を表します。

« パンク修理時のタイヤへのマーキング | トップページ | バルブ根元パンク 3例目 »

1980年代カンパアセンブルロード車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 55_フレーム-1:

« パンク修理時のタイヤへのマーキング | トップページ | バルブ根元パンク 3例目 »

スライムパンク防止剤被害

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

自転車出張修理のブログ

ブログランキング

カテゴリー

無料ブログはココログ