« 28_バーテープ-2 | トップページ | パンク修理手順 »

2012年6月14日 (木)

29_バーテープ-3

ブレーキに取りかかる前に、
革の編み上げバーテープについて、前回、破れの補修法を調べると書いたのですが、
スエードに関しては、殆ど、不可能だと分かりました。
株式会社ハウスボックスというリペア用品の会社のサイトですが、スエードは、メンテナンス、リペア共不可と書かれていました。
皮の修復には、皮専用のパテを用いて、パテの上に、皮用塗料を塗って仕上げるもののようです。
多分、スエードだと、パテを使うので、質感が出せないのだと思います。

合わせて、皮の編み上げバーテープについても調べてみました。
チネリの編み上げバーテープハンドルが私たちの年代では有名なのですが、いろんなサイトを見ましたが、スエードを使った、チネリのハンドルはありません。
決定的だったのが、編み上げ時の糸の通し方です。

120610_143251_2私の手元にある、ハンドルは、こんな編み方です。

 

 

 

 

 

  

 

サイクルカフェ・フレンチバルブさんのサイトから無断でお借りした画像です。
Img_946876_24627406_2
網目が全く違います。
いろんなサイトを拝見しましたが、チネリの編み上げハンドルは、全てこの編み方でした。

 

 

 

 

 

 

 

手元のハンドルには、65の刻印があり、編み上げハンドルは、チネリ64 GIRO D'ITALIAが使われていたとの記載からも、チネリの編み上げハンドルバーではないことが判りました。

 

P1010146前回のブログで、フジトシの編み上げバーテープでスエードのものは見たことがないと書きましたが、
サイクル「プロ」ショップ オオツカさんのクラシックお宝パーツコーナーの編み上げバーテープサイトで、フジトシのエクセーヌの編み上げバーテープを見つけました。

 

 

 

 

ハンドルバーの形へのこだわりと、黒のマット感へのこだわりから、選択された組み合わせだと勝手に想像して楽しんでいます。

« 28_バーテープ-2 | トップページ | パンク修理手順 »

1980年代カンパアセンブルロード車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 29_バーテープ-3:

« 28_バーテープ-2 | トップページ | パンク修理手順 »

スライムパンク防止剤被害

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

自転車出張修理のブログ

ブログランキング

カテゴリー

無料ブログはココログ