« 22_ボトムブラケット-1 | トップページ | MTBタイヤ交換の対応 »

2012年5月28日 (月)

23_ボトムブラケット-2

右ワンが外れません。

120528_215812 B.Bシェル幅は68mmなのでJIS・BSC規格と判断し、前述のSUGINOの右ワンレンチ(2面幅36mm)が右ワンの2面幅と一致したので、時計周り方向に力を掛けてみましたが、びくともしません。

 

 

 

 

 

Thepowerful_c358 壊れてもかまわないパーツなら、延長パイプを咬まして、無理やり力を掛けるのですが、あまり、傷を付けたくないので、HOZANの右ワン回しを注文しました。

本業で、触る機会の多い軽快車でも、たまに、B.Bの不具合に遭遇します。

B.B周りは、JIS・BSC規格でほぼ統一されていますが、必要な工具が販売されていないものもあり、
工具があっても、固く締まって、出先では外せないこともあります。

今までは、欲求不満を残しつつ、左ワンだけを外して、メンテナンスをしていましたが、これで、今後のメンテナンスの幅を広げることも出来そうです。

« 22_ボトムブラケット-1 | トップページ | MTBタイヤ交換の対応 »

1980年代カンパアセンブルロード車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 23_ボトムブラケット-2:

« 22_ボトムブラケット-1 | トップページ | MTBタイヤ交換の対応 »

スライムパンク防止剤被害

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

自転車出張修理のブログ

ブログランキング

カテゴリー

無料ブログはココログ