« 14_シフトレバー-2 | トップページ | 16_シフトレバー-4 »

2012年5月20日 (日)

15_シフトレバー-3

固着したと書いたリアのインナーケーブルですが、無事に外すことが出来ました。
昨日、やってみると書いた、ドリルでの挑戦は失敗に終わりました。
太鼓部分は少し削れましたが、ドリルの先端がワイヤーに当たると、まったく削れません。
使ったドリルが、鉄鋼用だったので、ステンレス用ドリルを使えば、違った結果になったかも知れませんが、
ドリルで削るのは断念し、手元にあった、1.5mmの折れたドリルをケーブル側の穴に突っ込み、太鼓を叩きだす事で、外れました。
120520_194808

ドリルの歯が滑って少し本体を削ってしまいましたが、たいしたダメージなく、使える状態になりました。
古いWレバーでケーブルが抜けなくなったものを,時々見かけます。

ケーブルを通す穴の径が2.3mmだったので、2x1.6φのステンレスパイプを準備しておけば、今後のトラブルにも対処できそうです。

今日も一日、検索に明け暮れましたが、シフトレバーの製造年代にはたどり着けませんでした。

« 14_シフトレバー-2 | トップページ | 16_シフトレバー-4 »

1980年代カンパアセンブルロード車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 15_シフトレバー-3:

« 14_シフトレバー-2 | トップページ | 16_シフトレバー-4 »

今日の体温(下は昨日)

  • 36.4℃
    36.4℃

スライムパンク防止剤被害低減プロジェクト

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

「パンク防止剤のスライムって知ってます?ママチャリに使うものらしいですが。」を読まれた方へ

自転車出張修理のブログ

自転車修理法の疑問はこちらへ

ブログランキング

カテゴリー

無料ブログはココログ