« フレンチバルブを折りました。 | トップページ | 15_シフトレバー-3 »

2012年5月20日 (日)

14_シフトレバー-2

昨日、抜けないと書いた、リアのシフトケーブルですが、固着(錆付き)をしているようです。
CRCを吹いて、一日置き、今日バイスクランプでケーブルをはさんで捻ってみたのですが、まったく動く気配がありません。
次は、ドリルを使って、抜き取りに挑戦します。

Wレバーは、レコード凸型フラットワッシャーと呼ばれるタイプのようですが、製造年代等が良く分っていません。

カンパWレバー、カンパシフトレバーに旧を加えて検索していますが、なかなか、詳細な画像で比較できる、シフトレバーの変遷を記載したサイトに行き当たらず、年代を確認するにはもう少し、時間が掛かりそうです。

ごらん頂いた方で、知識をお持ちの方がいらっしゃいましたら、コメントを頂ければうれしいです。

« フレンチバルブを折りました。 | トップページ | 15_シフトレバー-3 »

1980年代カンパアセンブルロード車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 14_シフトレバー-2:

« フレンチバルブを折りました。 | トップページ | 15_シフトレバー-3 »

スライムパンク防止剤被害

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

ブログランキング

カテゴリー

無料ブログはココログ