« パンク再修理 | トップページ | 又しても、パンク再修理 »

2011年8月 6日 (土)

スライム(パンク防止・修理剤)について

今日は、失敗談ではないのですが、こんな例に出くわした話です。

これは、何でしょうか?
110806_182445

パンク修理の依頼でした、3ヶ月の間に3回ぐらいパンクするとの事で、念のため、チューブの積み込みを確認しての訪問です。

チューブの痛みがかなりひどいため、チューブを取り出して修理することにしました。

オーナーからスライム(パンク防止・修理剤)を入れましたが、パンクが続くとのコメントです。

チューブを取り出してエアーを入れてもすぐ抜けてしまいます。

口金からももれています。

虫ゴムを外すと、緑色の液体と固形物が付いています。

そうです、画像は、チューブから搾り出したスライム(パンク防止・修理剤)です。

やや粘性のある緑色の液体と、緑色の固形物、黒いのはゴムの粒子です。

結局、パンク箇所が4個あり、うち3個は、ゴムが溝状にえぐれた溝の中にあり、パンク修理をあきらめ、チューブ交換で対処しました。

何のためのスライム(パンク防止・修理剤)かなと、思ってしまいます。

今後は、スライム(パンク防止・修理剤)を入れてあるチューブは、無条件で交換します。

【2016.11.07追記】
スライム(パンク防止・修理剤)については、賛否ありますが無条件で交換することは致しません。
通常のパンク修理で対応いたします。

« パンク再修理 | トップページ | 又しても、パンク再修理 »

スライムパンク防止剤」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スライム(パンク防止・修理剤)について:

« パンク再修理 | トップページ | 又しても、パンク再修理 »

今日の体温(下は昨日)

  • 36.1℃
    36.0℃

スライムパンク防止剤被害低減プロジェクト

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

「パンク防止剤のスライムって知ってます?ママチャリに使うものらしいですが。」を読まれた方へ

自転車出張修理のブログ

自転車修理法の疑問はこちらへ

ブログランキング

カテゴリー

無料ブログはココログ