2020年8月11日 (火)

こだわりのシティ車 完成

今日は、定休日でお盆休みも重なったのか、ご依頼はありませんでした。
ご依頼があっても、今日はお断りする予定でした。

こだわりのシティ車をやっと完成させました。

前回からの進捗はわずかなものですが、
前輪のハブ軸交換
Kimg0011

カットしすぎたセンタースタンドの交換
Kimg0004
ちゃんと後輪が浮きました。

前後ブレーキワイヤーの交換です。
Kimg0008

完成の全体像です
Kimg0001
チェーリングでシティ車とはちょっと違った印象になります。

Kimg0005
センタースタンドです。
ワイヤーの引き回しでちょっと苦労しました。

Kimg0006
前かごもハンド利回りとの干渉はありません。

Kimg0009
わがままを通させていただいた、80mmドラムのバンドブレーキです。

ということで、いつでもお引き渡し可能です。

2020年8月10日 (月)

異物パンクは少ないです。

今日の一件目はパンク修理ともう一台点検のご依頼です。
スマホが不調になる前に頂いた最後のご依頼?のはずで、これでご依頼の忘れ物はなくなるはず、気持ちは通常に復帰です。
パンクは揉まれパンクでした。
大判パッチで対処させていただきましたが、パンク予備軍の存在はお伝えし、しっかり空気入れをお願いしました。
点検は特に異常なく、各部注油と虫ゴム交換で終了です。

二件目は、パンク修理のご依頼。縁石に乗り上げてパンクしたそうで、しっかりリム打ちでした。
Sパッチ一枚で、二個の穴を塞げました。

三件目は、先日お預かりした、電動アシスト自転車の修理中に、持ち込みでパンク修理のご依頼です。
折り目パンク(山折り部)でした。
しっかりチューブを膨らませてチェックしましたが、他にパンク予備軍はなさそうです。
前ブレーキの減りが少ないのでお聞きしたら、音がするので使っていないとのこと。
少しトーインを付けて、音はしなくなりました。

四件目は、ペダルを漕いでも、車輪が回らないとの電動アシスト自転車の修理です。
内装三段の不具合?と思っていたのですが、見てみると、チェーンがフリーから外れただけでした。
チェーンを掛け直して、テンショナーが効く位置まで、チェーンの張りを強めて、朱里完了です。

2020年8月 9日 (日)

今日はバテバテです。

今日の一件目は修理になりませんでした。
ネットで購入されたクロスバイクをご自分で組み上げられたそうですが、後のブレーキの片方のアームが動かないそうです。
Vブレーキだと勝手に思い込み、取り付け部に近いアームの部分にネジがありませんか?
ネジを調整すれば、動くと思いますとお伝えし、キャンセルの連絡を待ったのですが、ご連絡はなく、訪問です。
Vブレーキではなく、シングルピポットのサイドプルブレーキでした。
ブレーキのセンター調整はしたのですが、ホイールが3mm近くクレームレベルの横ブレをしています。
センター調整は、ホイールの横ブレが取れないと出来ませんので、購入元に、ホイール交換を依頼してくださいとお願いしました。
前輪もチェックすると、ブレーキシューに当たるレベルの横ブレがあります。
前輪も要交換レベルです。
販売元が、どのような対応をされるか分かりませんが、交換の要望はされるそうです。

二件目はパンク修理のご依頼です。
揉まれパンクですが、これで三回目の修理です。
大判パッチで対処しました。

三件目はシフターを外して、ディレーラーをチェーンテンショナーとして使われていた自転車のディレーラー破損です。
ディレーラーをチェーンの巻き込んだようで、逆爪のエンドも爪部分が拡がって、ハブナットが掛かりません。
一度は修理を諦められたのですが、チェーンテンショナーなしのシングルスピード仕様で良いからと、修復を試みることになりました。
自転車をひっくり返して、拡がったエンド爪に眼鏡レンチを掛けて、曲げ戻しです。
ハイテン鋼だったのでしょうか、なんとか折らずに戻せました。
チェーンラインが出るギヤで、チェーンをカットして組み上げです。
ついでにと後二台修理のご依頼を頂いたのですが、部品の手持ちがなく、次のご予約の兼ね合いもあり、部品手配後の再訪とさせていただきました。

四件目はタイヤ交換のご依頼です。
ご自分で修理をされているのですが、パンクが続いていることやひび割れが気になるとのことで、タイヤ交換をお望みだったのですが、パンクの原因がリムのバリで、タイヤのカーカスは、まだしっかりしていることをお伝えし、パンク修理での対応となりました。
お客様のパッチ張までは完璧だったので、スキルアップとして次はパンクの原因を見つけてくださいとお願いしました。

五件目は、昨日再訪したお客様様からまたパンクのご連絡です。
新しいパンク穴が開いていました。
流石に連日のパンクはショックで、チューブ交換で対処しました。

 

昨日は事故車修理からです。

昨日は三件の修理のご依頼です。

一件目は、車との接触事故のお客様、カゴの取り付け位置のずれ、ベルのガタつき、泥除けの窪みの三点です。
カゴとベルは終わったのですが、泥除けの窪みが未完了です。
深い緑のフレームと同色塗装の為、メーカー指定品が必要ですが、通販で購入された自転車とのこと。
通販会社には、車種と色を伝えて、部品入手の可否を問い合わせしましたが、夏休みかもしれないので、回答に時間が掛かるかもしれません。
部品の入手が出来ない場合も考えて、板金作業で窪みの修復をしましたが、出来上がりは今一です。

二件目は、先日バルブ根元パンクの修理を行ったお客様から、また空気が抜けたとのご依頼。
バルブ根元パンクの再発を懸念しながらお伺いしたのですが、揉まれパンクのパンク予備軍の見落としでした。
パッチ処理で対処です。

三件目もパンク修理のご依頼です。
昨年も暑い時期にお伺いして、虫ゴム交換をさせていたお客様です。
虫ゴムが、ベトベトになっていたので、交換しましたが、エアー漏れの原因かどうかは不明です。
異物パンクと思われるパンク穴があり、パッチ処理です。

2020年8月 7日 (金)

スマホ機種変 終わりました。

今日、携帯屋に行ってスマホの機種変完了しました。

電話帳の移行も終わり、LINEも見る事が出来ます。
カレンダーで、予約管理もできるようになりましたので、通常通りの受注体制に戻ります。
ご迷惑をお掛けした方には、申し訳ありませんでした。

今日は、先日のやり残しのパンク修理が一件です。
前輪後輪とも揉まれパンクでした。
後輪は、タイヤのカーカス切れがあったのですが、予備車とのことで、タイヤ交換はせず、空気も少なめに充填しました。
どうしても使、使わざるを得なくて、タイヤが寿命になったら、タイヤ交換を検討されるそうです。

先日、パンクチェックせずに、虫ゴム交換のみでお引き渡し↓自転車はすべて、空気の減りはありませんでした。

2020年8月 6日 (木)

スマホ機能復活?

今朝は、緊急連絡などと大げさなタイトルで驚かせて申し訳ありませんでした。

スマホの内部ストレージの残りがごくわずかになったことで、アプリの動作に影響が出ていたようです。
キャッシュや不要なデータを削除したことで、ほぼ機能は回復し、LINEもみる事が出来るようになりました。
今のところ、復活していないのはカレンダーに入れたご予約のデータです。

現状でも、内部ストレージの残りがごくわずかなので、いつ再発するか分かりません。
明日、携帯屋さんに予約をいれましたので、相談に行ってきます。

今日はご予約いただいていた、二件のご依頼と、断り切れなかった二件のご依頼、修理中に声を掛けて頂いた一件のご依頼の修理です。
一件目は、後輪のパンク修理のご依頼。
リム打ちパンクでしたが、小さな男の子と遊びながらの修理です。
修理よりも、自転車で遊ぶほうが楽しいようで、お母さんが、車輪の回転を止めていてくださいました。

二件目は、毎月ご依頼を頂く、電防アシスト自転車の空気補充です。
0.3気圧ほど空気を足して、各部点検で終了です。

三件目は、前輪の揉まれパンクです。
パッチ処理後に各部点検と注油で完了です。

四件目は、前輪の折り目パンクです。谷折り部でした。
BBのガタがあり、左ワンで玉当たり調整です。
ブレーキの握り代が残り少なく、ローラーブレーキのグリス注入と、残後ブレーキのワイヤー調整です。

五件目は、パッチ処理の脇からのエアー漏れです。
パッチを剥がして、やすり掛けからやり直しをさせて頂きました。

緊急です

すみません。

スマホが不調となり、LINEで頂いたご依頼が見られなくなりました。

スケジュールを記入したカレンダーも開けません。

LINEでご依頼を頂いたお客様には申し訳ありませんが、メールか電話で再度ご連絡を頂きたく、お願いいたします。

頼んでいるのに、来ないというときは、催促の電話をお願いいたします。

スマホが復活するまで、新規の修理の受付は、停止させて頂きます。

2020年8月 5日 (水)

お客様に助けて頂きました。

今日は二件のご依頼です。

一件目はスポークがブラブラしているとのご依頼。
お伺いすると、ニップル飛びです。
飛んだニップルの周辺5個も念のため交換しておきましたが、自転車自体の年数も経過しており、暫くニップル飛びが続くかもしれないことはお伝えしました。
その他点検注油をしましたが、特に異常はなく修理完了です。

二件目は、パンク修理のご依頼。
走行中に一気に抜けたとのことで、異物パンクを疑ったのですが、揉まれパンクでした。
パンクは直ぐ修理を終えたのですが、泥除けステーの曲がりで、泥除けとタイヤが当たっていました。
変速も、トップに入らず調整です。
パンクしていなかった前輪も虫ゴムを交換して空気を入れました。
帰途についたのですが、お客様から前輪に違和感とのご連絡です。

Line_oa_chat_200805_211952

お客様から送って頂いた画像ですが、明らかにタイヤのセット不良です。
空気を抜いて頂き、お客様のところへ急行です。
バースとは免れ、タイヤのセットを確認しながら空気を入れて、処置完了です。
お客様には、申し訳ないことをいたしました。

2020年8月 4日 (火)

使っていない自転車にもたまには空気を入れましょう。

今日は、持ち込みでパンク修理のご依頼からです。
タイヤの摩耗でカーカスが切れていました。
タイヤチューブ交換して、各部点検・注油をして完了です。

二件目は、パンク修理4台とかご交換のご依頼です。
一台目はまだ虫ゴム切れはなく、殆ど空気も入っていなかったのですが、パンク穴は見つからず、念のための虫ゴム交換です。
バルブ根元パンクの修理歴があり、再度の石鹸水チェックも行いましたが、バルブ根元からの空気漏れも確認できませんでした。
トップナットの緩みぐらいしか思いつく原因はありませんでした。

2台目は、空気がわずかですが残っています。
虫ゴムのチェックをしましたが、虫ゴム切れもありません。
念のため、空気圧の少なかった後輪のみ、水調べをしましたが、パンク穴は見つけられませんでした。
1年以上空気を入れていないとのことで、経時でのエアー漏れと判断しました。

3台目は、古いミヤタのアルミフレーム車です。
一番のお気に入りとのことでしたが、納得です。
チューブ欠陥と思える穴があり、パッチ処理でです。

4台目は、日差しの中の修理で、体力の限界を感じて撤収です。
実は、ご依頼の前かごがまだ未入荷で、再訪が必要であり、無理をしませんでした。
再訪時に、もう一度空気圧チェックをする予定です。

2台目の空気漏れに関してですが、乗らないからと空気を入れておられなかったとのこと。
自転車のタイヤの空気は、放置すると自然に抜けてしまいます。
後輪は、スタンドで浮いているため、タイヤやチューブに負荷は掛からないのですが、前輪は自転車の重さで潰れしまいます。
タイヤを動かさないと、1か所だけ重さが掛かり続け、チューブが痛みます。
今は乗らない自転車でも、いつか乗ることが有るのなら、半年に一度でもいいので、空気を入れてやりましょう。
それだけで、チューブやタイヤの痛みを防げます。

«今日は、やり残した仕事の片づけです。

今日の体温(下は昨日)

  • 36.4℃
    36.4℃

スライムパンク防止剤被害低減プロジェクト

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

「パンク防止剤のスライムって知ってます?ママチャリに使うものらしいですが。」を読まれた方へ

自転車出張修理のブログ

自転車修理法の疑問はこちらへ

ブログランキング

カテゴリー

無料ブログはココログ