2022年1月19日 (水)

ニップルパンク

今日は、一件一台のご依頼です。

後輪のパンク修理のご依頼です。
チューブが畳まれて揉まれ跡もあったのですが、パンク個所はリム側で、ニップルが露出していました。
珍しいニップルパンクです。
ニップルの頭をリムテープで覆い、パンク穴はパッチ処理です。
点検で、BB部のガタつきを見つけ、左ワンで玉当たりの調整です。

毎月19日は、自転車の空気入れる日です。

今日19日は、自転車の空気チェックと空気入れの日です。

「毎月19日は、自転車の空気入れをしましょう。」

今日も自転車に、5分だけ、愛情を注いで下さい。

自転車の、パンクの8割は「リム打ちパンク」と「チューブ揉まれパンク」など、空気不足が原因のパンクで占められています。

どちらも、空気をしっかり入れる事で、ほとんど防げます。

異物を踏んで起きるパンクも、空気がしっかり入っていると、路面との接地面積が少なくなるのと、タイヤが異物を弾いてくれる事で、いくらか防げます。

親指でタイヤの側面を押しても、ほんの少ししかへこまない程度まで、空気を入れてください。
自転車に乗った状態で、タイヤと路面の接する長さが10cm程度が体重で補正した最適の空気圧です。
(軽快車の場合です。スポーツタイプでは、タイヤの適正空気圧が異なります)

不調な空気入れも、パッキンの交換や、油切れを補充してやることで治る場合が有ります。
ポンプのホース切れも時折目にしますが、ホース交換もできます。

一ヵ月で減る空気の量が、約0.5気圧でした。
この位の減り方なら、普通の空気入れなら4~5回のポンピングで、3気圧に戻ります。

空気入れを屋外の自転車のそばに置く事は、ごみなどが入る危険を考えるとお勧めできないのですが、月に一回使う前提で、置き場所を考えてやってください。

今のところ当店一押しのバルブはシュワルベ英式バルブです。
Englishvalvecore_1_2
長寿命で、ゴミも溜まりにくく、軽い力で空気が入ります。
あまり、一般には販売されていませんが、当店では在庫しています。

2022年1月17日 (月)

前輪振れ取り前

組み直してポンプの出口とリム穴を合わせました。
Dsc_0031_20220117205201

前輪リムブレーキ用のスポーク組です。
 Dsc_0032_20220117205201

20インチWO36Hでスポークは星スターブライト#14 4本組です。
Dsc_0033_20220117205201
ハブダイナモ仕様で、ちょうど1400Gです。
もう少し、振れ取りをして、スポークテンションを揃えて仕上げます。

クロスバイクの点検

今日は、一件2台のご依頼です。

元々は暫く乗られていなかったクロスバイクの自然のエアー抜けをパンクと思われたようですが、空気は残っていて、パンクでは有りませんでした。
ついでに見ておくことは無いですかとお聞きして「前ブレーキが当たるんです」とのことで、ちょっと見ておきますとお預かりしたのですが、
前ホイール、後ホイールとも、横ブレがひどく、ブレーキ調整では対処しきれません。
振れ取りを済ませたら、変速がトップに入りません。
ディレーラーガードの曲がりを修正したら、BB部のガタつきです。左ワンで玉当たりをとって、乗車点検して頂きました。
まともに走るようになったそうです。

2台目は後輪パンクとのことでしたが、空気は抜けていて、バルブのトップナットが緩んでいました。
念のため、水調べしましたが、パンク穴はなく、各部点検して終了です。

 

昼食直後のご訪問だったのですが、帰ってから血糖値を測ると80台でした。
食事後でも、仕事に出る時は少し糖質を準備したほうが良さそうです。

2022年1月16日 (日)

ウエルドライン(チューブ接合面)パンク

今日は、二件2台のご依頼です。

一件目はリヤ駆動電動アシスト自転車の前輪タイヤ交換のご依頼です。
お客様と相談した結果、アシストのトルクの掛からない前輪は、アシスト専用タイヤではなく、一般車用のタイヤを使うことになりました。

二件目は、後輪パンク修理のご依頼です。
長く乗られている自転車ですが、普段の空気圧管理が行き届いています。
チューブの痛みが全く有りません。
お客様と異物パンクかもしれませんねと話しながら水調べをしていると、接地面でパンク穴が見つかりました。
パンク修理の様子を見て頂きながら、やすり掛けをすると、パンク穴が拡がりました。
チューブのウエルドラインパンクです。
念のため、パッチを縦貼りにして、ウエルドラインの接合力を補強しておきました。

2022年1月15日 (土)

今日は修理無し。

今日は、二件3台のご依頼を頂きましたが、修理は無しです。

一件目は、パンク修理とのご依頼でしたが、お伺いすると空気はしっかり入っています。
お子様が使われている自転車で、空気の減りが早いからとのご依頼だったようです。
暫く様子を見て頂いて、すぐ空気が減るようなら改めてお伺いしますと様子見をお願いしました。

二件目は、電動アシスト自転車のタイヤ交換のご依頼。
足楽の26インチを準備してお伺いしたのですが、タイヤがHEの26インチでした。
タイヤを手配して再度の日程調整になりました。

歯医者さんの予約があったりとバタバタしてホイールの組み直しは進んでいません。

2022年1月14日 (金)

エアハブ搭載ホイール

部品は準備していたのですが、体調不良で、なかなか腰が上がらず、延ばし延ばしになっていたホイールを組み始めました。

当店がお勧めする、空気を入れるのが面倒な方、空気入れを使って標準(3気圧)まで空気を入れる体力にない方への、耐パンクの提案です。

Dsc_0031_20220114221201
20インチWO36Hでスポークは星スターブライト#14 4本組です。

Dsc_0032
取りあえず、前輪からですが、中野鉄工所 のエアハブ(ハブダイナモ仕様)搭載です。

Dsc_0033_20220114221201
仮組を終えたと思ったら、ポンプの出口とバルブ穴がずれていました。

もう一度、組み直します。

2022年1月13日 (木)

手の掛かる修理と簡単な修理

今日は、一件2台のご依頼と、昨日の未完の2台の修理です。

昨日の4台中3台目はチューブ交換を終えて、リヤハブの玉当たり調整です。
BBのガタもあり左ワンで玉当たりの調整です。
4台目は、後輪のパンクですが、チューブにバルブが付いていません。
バルブ根元の接着剥がれではなく、バルブ座のゴムが、チューブから剥がれていました。
綺麗に剥がれていたので、接着での修復を試みましたが、全くゴム糊が効いてくれなくて、チューブ交換での対処です。
4台のパンク修理のご依頼が、全て交換対応になりました。

今日のご依頼分は、後輪パンク修理と、チェーン調整のご依頼です。
パンク修理は、折り目(山折り)パンクでパッチで対処です。
チェーン調整も問題なく終了です。

前の4台に手が掛かったので、ちょっと拍子抜けです。

2022年1月12日 (水)

日没、時間切れ

今日は、二件5台のご依頼を頂きましたが、二件3台までしか対応できませんでした。

一件目は、子供乗せ電動アシスト自転車のブレーキ不調と、ワイヤー錠の切断のご依頼です。
ブレーキはスマートコントロールブレーキですが、ブレーキシューの減りでブレーキが利かなくなっていましたので、ブレーキシュー交換です。
ワイヤー錠は、リング錠だと解錠忘れで、閂がスポークと干渉して折れることが多発したので、使用されているものです。
解錠できなくなったとのことで、切断のご依頼を頂いたのですが、何故か切断後は普通に開錠できるようになってしまいました。
お客様も怪訝な面持ちでしたが、開錠できなくなると困るのでとのことで良しとして頂きました。

二件目は4台のパンク修理のご依頼です。
一台目は、前輪のバルブ根元パンクです。
スライムパンク防止剤が注入されていて、剥がれ部の接着に不安があり、チューブ交換で対処させて頂きました。
二台目は、後輪のパンクですが、カーカスが見えていてタイヤの寿命です。
タイヤチューブ交換をさせて頂きました。
点検で、チェーンケースのガタ、BB軸のガタつきを見つけました。
チェーンリングを外して、右ワンの増し締め、リテーナー交換、左ワンの当たりも取り直しです。
三台目の後輪パンクを修理のため、チューブを取り出しましたが、極厚チューブでのバルブ脱落です。
極厚チューブのバルブ根元パンクは修理結果に自信を持てません。
チューブの手持ちが無くなったのと、日没で、作業が難しくなったため、ここで、作業を中断です。

残りは明日の再訪とさせていただきました。

«シフトケーブルアウター交換

今日の体温(下は昨日)

  • 36.2℃
    35.9℃

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

自転車出張修理のブログ

自転車修理法の疑問はこちらへ

カテゴリー

無料ブログはココログ