2021年6月14日 (月)

2021_06_14の異物

Dsc_0001_20210614220601 Dsc_0004_20210614220601

画鋲です。
貫通して、6個の穴を開けてくれました。

エリア外からのご依頼。

今日は、三件3台のご依頼です。

一件目はパンク修理のご依頼。
しっかり画鋲が刺さっていて、チューブには6個の穴が纏まって開いていました。
Sパッチでは心もとなく、大判パッチを切り出しての対処です。
今の出張エリアからは外れているのですが、開業当初からご依頼を頂いているお客様なのでエリアは関係なくお伺いしました。
まだ何とかバイクの航続距離の範囲内です。

二件目はパンク修理のご依頼。
長く愛用されているビーチクルーザーで、バルブの近くで揉まれ跡とも言い難いあばた状のチューブ表面の欠損が線上に並んでいて、そのあばたの一つからのエアー漏れです。
反対側にも同様のチューブ表面の欠損が有りましたので、予防の意味でこちらにもパッチを当てました。

三件目は、チェーン外れのご依頼です。
今日のチェーン外れは、シングルギヤでしたの簡単かなと思ったのですが、フロントのチェーンリング側も外れており、ハーフですがチェーンケースの取り外しが必要でした。
でも、昨日のチェーン外れからすると楽勝で、たまには、手間の掛かる修理もしておくと、次が楽に感じるものです。

2021年6月13日 (日)

チューブ製造不良

今日は一件の持ち込み修理と、二件の出張修理ご依頼です。

一件目は、持ち込みで、外装変速のチェーン外れのご依頼。
スポークプロテクターとボスフリーの間にチェーン落ちです。
最近のスポークプロテクターはまともに機能しないものがあるようです。
何とか引っ張り上げられないかとやってみたのですが、結局ボスフリーを外さないとダメでした。

二件目は、先日、チューブ不良のパンクでお伺いしたお客様
通販購入自転車のチューブ不良 
前回は後輪でしたが、今日は前輪です。
結論から言えば、今回もチューブ不良です。
チューブの内面にチューブが薄くなっている溝が有り、溝の部分でパンクです。
溝の長さが3cm以上あり、パンク修理しても、再発の可能性があると判断、チューブを交換させて頂きました。
チューブはKENDA製ですが、KENDA製とは思えない粗悪チューブです。
Dsc_0011_20210613234801
自転車のメーカーに送れるよう、保管しています。

三件目は、先日前輪のタイヤ・チューブ交換をさせて頂いたお客様から、前輪のパンクのご依頼です。
原因は良く分かりませんが、シュワルベ英式バルブコアからのエアー漏れです。
交換して完了です。

2021年6月12日 (土)

10年目のバルブ根元パンク

今日は、三件3台のご依頼です。

一件目はパンク修理のご依頼です。
Dsc_0001_20210612204801
この時点では、まだパンク修理可能かなと思っていたのですが、

Dsc_0003_20210612204801
ちょっと嫌な予感です。

Dsc_0005_20210612204801
チューブ交換を覚悟しました。

Dsc_0006_20210612204801
お客様に状態を確認して頂きました。
通常なら、バルブ根元パンクの対処をさせて頂くのですが、流石に、「試させてください」とは言えませんでした。
パンク修理ではなく、チューブ交換で対処される自転車屋さんの気持ちがよく理解できます。

Dsc_0008_20210612204801
10年のご使用ですが、パンク歴はなく、空気圧管理もしっかりされていて、チューブの痛みは有りません。
スライムパンク防止剤をお勧めして注入しなければ、まだ使い続けられたチューブです。

どなたが入れられたのか分かりませんが、心の痛みは感じられませんか?
10年使えればいいじゃないかと、言い訳されますか?

二件目は、パンク修理のご依頼。
カーカス切れで、タイヤに穴が開いていました。
タイヤ・チューブ交換で対処です。

三件目は、パンク修理のご依頼。
接地面ではなく、リム側のパンク穴です。
先輩に貸したら、パンクして戻ってきたそうですが、チューブ成型不良の発現です。
先輩の所為ではないことを、説明させて頂きました。

2021年6月11日 (金)

ブレーキの音

昨日は修理のご依頼は有りませんでした。

今日は、一件2台のご依頼です。
2台とも、異音ですが、一台は購入して一年経っていない、後輪のバンドブレーキからの音鳴り。
もう一台は、漕ぐと異音がするとのことです。

音鳴りは、音消し処置で、あっさり解消です。
もう一台も、チェーンケースと、チェーンリング(プラスチックガード)とチェーンケースの干渉で、チェーンケースの変形を戻して完了です。

2台とも点検、注油して異常は有りません。

 

余った時間で、営業用バイクのスタンドの修理です。
今はサイドスタンドしか使えていないのですが、先日コンビニで買い物をして戻ったらバイクが倒れていました。
回りに何もなく、ご迷惑を掛けることは無かったのですが、周りに自転車でもあったらと不安になりました。
幸い、サイドスタンドのネジを締めこむだけで安定して立ってくれるようになりました。
ついでに、溶接品のストッパーが飛んでしまったセンタースタンドもストッパーとしてボルトを付けました。
一応、機能的には復活です。

2021年6月 9日 (水)

ディスクブレーキの修理が増えるのでしょうか?

今日は、四件4台のご依頼です。

一件目はパンク修理のご依頼です。
通勤途中でパンクされたとのことで、預かって頂いたコンビニの駐輪場での修理です。
前輪のパンクだったのですが、原因がタイヤのバーストです。
ご本人とはお話しできなかったのですが、ご家族の方に状況をご説明し、ご了解を頂けたので、タイヤ・チューブ交換で対処完了です。

二件目は、タイヤが回らなくなったとのご依頼です。
取りあえずは修理費の見積もりをとのことでしたが、お伺いしてみると、小径の電動アシスト自転車で、ホイールもアルミのキャストフレームです。
予想していたスポーク折れでは有りませんでした。
何故、そうなったのかは分かりませんが、ディスクブレーキのマウントアダプターが変形し、ブレーキパッドがローターと当たっています。
アルミ部品なので無理に曲げ戻すと破損の可能性があることはお伝えし、マウントアダプター変形をある程度修正し、ディスクブレーキキャリパーの再取り付けです。
ローターも曲がっていたのですが、何とか艇庫なくホイールが回る位置に取り付けが出来ました。
購入されたお店の商品ライナップからは消えていて、ディスクブレーキの仕様が分かりません。

三件目は、ご自分でブレーキの片当たりを直そうとして、リターンスプリングが取り付けられなくなったと、持ち込みでの修理依頼です。
シングルピポットのキャリパーブレーキでしたが、一旦分解して、リターンスプリングを取り付けて、ブレーキを本体に取り付けです。
こんな修理も大歓迎です。

四件目は、2台のタイヤ交換のご依頼です。
一台は、ひび割れを気にされていたのですが、購入して一年足らず、またトレッドパターンもしっかりしていたので、もうしばらく乗り続けて頂くことになりました。
もう一台は、完全にツルツルなのですが、ブリヂストンのタイヤが装着されていました。
さすがにこちらももう少し使いましょうとは言えず、タイヤ・チューブ交換をさせて頂きました。

2021年6月 8日 (火)

通販購入自転車のチューブ不良

今日は、4件のご依頼を頂きましたが、二件お断りをしました。
二件、2台のご訪問です。

お断りした二件は、
一件は自転車後輪への着衣の巻き込みです。
通勤時間帯のご依頼でしたから、急いでおられたと思います。
着衣の巻き込みは、おろしたての服が多いです。
無傷で取り出したいお気持ちは分かりますが、
チェーンとスプロケットの間に巻き込むと、必ずと言って程、服に油が付き、穴も開いて、二度と着ることは出来ません。
ハサミで服を切って頂くことをお勧めしました。

もう一件は、エリア外からの自転車組み立てのご依頼です。
お近くの出張修理店をお伝えしましたが、引き受けて貰えたでしょうか?
通販で、自転車を購入されることを、全否定するつもりは有りません。
形にするだけなら、簡単かもしれませんが、修理や目線では付属の工具では必要なトルクでの締め付けは難しいです。
いろんなところの調整も必要です。
普段、自転車を触り慣れていない方は、組み立ててくれる自転車修理屋さんを見つけておくか、完全組み立て済みの自転車の購入をお勧めします。

二件の修理は
一件目はパンク修理のご依頼です。
まだ通販で買われたばかりの自転車のパンクで、いたずらで開けられたかと心配されていました。
Dsc_0001_20210608232501

パンクはチューブ成型の接合部です。

Dsc_0005_20210608232501 Dsc_0004_20210608232501
チューブの膨らみが足りませんが、空気漏れは確認できます。
Dsc_0009_20210608232501
やすり掛け後のチューブです。

明らかに、チューブの製造不良です。

自転車の通販会社にお願いします。
このような、明らかな不良品でも、面倒だからとか、直ぐ使いたいからと言って泣き寝入りされるお客様が多いです。
お客様が、不利益を被らないよう、修理料金返還システムは作れないでしょうか。

二件目は、後輪から異音のお客様。
ハブのグリスとローラーブレーキグリスの注入で異音解消です。
シュワルベ英式バルブコアに交換済みのお客様で、虫ゴム交換は無し、前ブレーキの調整と各部注油で完了です。

2021年6月 7日 (月)

一年でパッチ下チューブ割れ再発

今日は一件のご依頼と、一件の再修理です。

一件目のご依頼は後輪のパンクですが、一年前に接地面のパッチ下チューブ割れ修理跡の脇からのエアー漏れです。
チューブの割れが拡がっていました。
バルカーンとSパッチでの対処だったので、ホットブローでのパッチ剥がしは諦めて、やすり掛けで古いパッチを取り除きました。
今回は、割れ目をボンド アロンアルフア(R) ゼリー状で接着してからはみ出した接着剤をやすりで取り除き、大判パッチで塞ぎました。
何とか次回のタイヤ交換まで持ってほしいと祈っての修理です。

再修理は、昨日虫ゴム不良と判断して様子見にして頂いたお客様、昨日は大丈夫だったそうですが、今日の夕方には抜けていたそうです。
折り目(山折り)のパンク穴を見つけパッチで対処したのですが、パッチ処理後の水調べでもう一個パンク穴を発見。
直ぐにパンク穴と分かる漏れ方で、予備軍だったものがチューブを膨らませることでパンク穴になったのか、水調べ中に空気圧が下がって見つけられなかったものか、判然としません。
でも見つけることが出来て対処出来ましたので、一安心です。

«変わりない日々です。

今日の体温(下は昨日)

  • 35.8℃
    35.9℃

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

自転車出張修理のブログ

自転車修理法の疑問はこちらへ

カテゴリー

無料ブログはココログ

「パンク防止剤のスライムって知ってます?ママチャリに使うものらしいですが。」を読まれた方へ