カテゴリー「CULTURE L710」の5件の記事

2016年8月26日 (金)

カセットフリーの取り外しに挑戦-4

カセットフリーの取り外しに挑戦
メガネレンチを六角レンチに通し掛け
カセットフリーの取り外しに挑戦-3

と、敗退してきましたが、今日は家の前の排水溝のグレーチングの協力を仰ぎました。
六角レンチの短い方のハンドルをグレーチングに差し込んで、万力代わりに保持してもらいました。
160826_150736

荷締めベルトを締めあげると滑ってしまうので、ベルトに両面テープで滑り止めです。
160826_144745

延長パイプを噛まして、思いっきり締めあげて、外れました。
160826_151107

外れるまでのイメージは「ギリッギリッ・・・コン」という感じです。

公共物であるグレーチングを使うのは反則なのでしょうが、これで、カセットフリーの交換もお受けできる自信がつきました。

2016年8月19日 (金)

カセットフリーの取り外しに挑戦-3

メガネレンチに12mmレンチの通し掛けで挑戦し手で押さえての固定に限界を感じました。

コメントにて、万力でアーレンキーを固定する方法も教えて頂いたのですが、万力がないため、こんな方法で試しました。

家の近くの電信柱に協力してもらいました。
160819_142104
ホームセンターで購入した荷締めベルトをリムに巻き付け、一端を電信柱に固定です。

一応、リムに傷をつけないよう、古タオルで養生しています。

結果は、
160819_143355
フリーは外れず、メガネレンチが曲がりました。

このホイールは、新車外しで、まだ走行していませんから、ハブの製造時の締め付けトルクのままのはずです。

製造時にハブをどう固定して、どんな機械でどんなトルクで締めているのでしょう。
手元にはありませんが、インパクトレンチがないと駄目なのかとちょっと諦め気味です。

2016年8月15日 (月)

メガネレンチを六角レンチに通し掛け

昨日カセットフリーの取り外しに挑戦しましたが、あえなく敗退で、ロングヘキサゴンビットを試してみますと書きました。

力太郎さんから
「自分なら手持ちで限りある工具なら…
12mmのメガネレンチを六角に通し掛けてパイプでさらに延長させて挑戦しようか?」
と、コメント頂いて、

「レンチに通し掛けも試したのですが・・」とコメントをお返ししましたが、通し掛けの意味がよく分かっていませんでした。
実は、モンキーレンチのハンドル部に六角レンチの通るだけの穴があり、その穴に六角レンチのハンドルを通して回そうとしたのが真相です。

間違いに気づいて、ロングヘサゴンビットが入手できなかったこともあり、力太郎さんからコメント頂いた方法で、試してみました。
160815_221902
力太郎さんの言われた、メガネレンチの通し掛けは、これですよね?

タイヤも嵌めて、パイプで50cmぐらい延長しましたが、回る気配はなく、パイプが負けそうなので、今日も敗退です。

バンドブレーキのドラムより固くしまっているようです。
一人作業ですのでホイールの固定法から考えて、更なるパイプの延長をしてみます。

2016年8月14日 (日)

カセットフリーの取り外しに挑戦

少しづつ整備を進めているCULTURE L710ですが、出張修理ではなかなか触ることのできないカセットフリーの取り外しに挑戦してみました。

ハブ軸を抜いて、ベアリングを取り出し、ハブはホイールに組んだまま、12mmの6角レンチを差し込みましたが、7cm以上差し込まないとカセットフリーの6角の受けまでレンチが届きません。

長手方向で差し込んで、モンキースパナで咥えてみましたがびくともしません。
160814_203451_2

バンドブレーキのドラム抜きの取り外し位のトルクが必要そうです。

以前にカンパのクランク取り外し用に購入したロングスピンナハンドルがあるので、12mmのロングヘキサゴンビットBT3-12Lを購入して再挑戦します。

タイヤも嵌めておかないと、外れないかもしれません。

2016年8月13日 (土)

整備開始

自転車技師と自転車安全整備士の実技試験に使用したファンファンシーのクロスバイク【CULTURE L710】ですが、オリジナルの仕様では前後輪とも28本のスポークです。

受験用に32本のスポークのホイールも準備したので、お好みでどちらを取り付けるか選んでいただきます。
当然、フロント28本スポーク、後輪32本スポークの選択もありです。

どれを選んでいただいてもいいように、4本のホイールすべて、縦ブレ、横ブレとも0.5mm以内に調整しました。
ホイールセンターもしっかり出しました。

ハブの玉当たりも、市販自転車の常で、少し当たりが強く調整されていますし、グリスも長期使用に耐える量は入っていませんから、ハブを分解し一旦グリスを抜いて、耐水性重視でウレアグリスを充填します。
160813_145933_3
160813_150023

玉当たりは、回転重視で、玉押しが当たったところから、1/32回転(スポーク穴一個分)の締め込みで調整します。

グリスの詰め替えが終わったのは、まだ1本だけです。
まだまだ、先は長いです。

お客様に販売する責任として、ディレイラーハンガーの入手先をファンファンシーに確認中です。

その他のカテゴリー

1980年代カンパアセンブルロード車 | 24インチロングホイールベース車 | Access 業務管理 | ANTALES | BS LittleFriend | BS SUBNADE SPORT | CB-700C クロスバイク | CULTURE L710 | DIY | e-コアフィットインシステム | GIANT ロード オーバーホール | GRAPHIS GR-001J | J:COM障害 | KHS F-20R | LN-3922C | My Road Racer | Panasonic Hurryer | RakuMatic | SPECIALIZED GLOBE | VB.net 業務管理 | お墓の引っ越し | ちょっと変わった自転車 | まちなか探検 | やぐら返し | アット@ランプ | エンド精度測定レーザー照準 | ガチャリンコ互換錠 | ギヤ交換可能な軽快車リアハブ | グルメ・クッキング | ココログ画面カスタマイズ | サドル張替え | サンヨー エナクル | シティクロス作成 | シティ車のメンテナンス | シンコー SR154(JETDAAIii NEUE) | スクーター チューブレスバルブ交換 | スタンド | スポークカット | スライム(パンク防止・修理剤) | タイヤの空気圧 | ドイツ製?軽快車 PEGASUS | ハブダイナモ | バルブ根元パンク | バンドブレーキの鳴き対策 | パッチ・チューブ割れ | パッチ割れ | パナソニック ガチャリンコ 付きジャンク | ピナレロ DOGMA F8 & DA Di2 | フライス盤 DRO化 | フライス盤据付 | フライス盤架台 | フライス盤購入 | ブレーキ | ブロックダイナモ | ペット | ホームページの修正 | ローラーブレーキ | 住まい・インテリア | 住所基盤データベース | 働く自転車の製作 | 太陽光発電の検討 | 日記・コラム・つぶやき | 旧車(シティ車)整備 | 異物パンクコレクション | 籐装飾自転車 | 自転車出張修理 | 自転車技士・安全整備士受験(全般) | 自転車技士・安全整備士受験(学科) | 自転車技士・安全整備士受験(実技) | 自転車組立治具 | 詐欺メール | 調理 | 軽快車にShimano105アセンブル | 郵便番号データの住所入力データ化 | 金属加工 | 長寿命虫ゴムの検討 | 電動アシスト三輪自転車 | 電動バイク | 26インチ中古自転車

スライム(パンク防止・修理剤)被害低減プロジェクト

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

川越市自転車シェアリング

Active Safety Project

雨雲

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ブログランキング