カテゴリー「シティ車でロードポジション」の16件の記事

2019年2月15日 (金)

カセットBBのテストついでに

作り始めた当初の画像です。
Kimg2292

カセットBBの性能チェックのついでに、チェーンケースを取り除いて、サドルも少しスポーティに変え、櫓も前後を入れ替えて実質のシートアングルを立てました。

チェーンケースを外したので、チェーンガード付きの48Tのチェーンリングに交換しました。
ついでにチェーンとペダルも新しくしています。

Kimg2560
Kimg2563

某あさひさんのシールが貼ってある自転車ですが、カセットBBはタップの立て直しなしで取り付けできました。

BB寸法が68mmサイズだったようで、少しチェーンラインがずれているかもしれません。

シングルスピードで48Tは重いかなと思ったのですが、何とか踏めそうです。

まだ、スポーツ車の乗り味ではないので、もうしばらく楽しめそうです。

今日は、MTBのタイヤ交換のご依頼の対応だったのですが、
26x2.0のタイヤに26 x 2.20-2.50が使われており、どうしてもリム嚙みが解消できず、
26 x 1.60-2.125のチューブに交換させていただきました。

小さめのチューブなら、何とか嵌められる自信はあるのですが、また一つ課題を頂きました。

2018年12月28日 (金)

ちょっとラフですが、後輪のバランス取り完了

年末が近づいて、あまり広げっぱなしにもできないので、チャチャっと後輪のバランス取りを終えました。


ちょっと錘が重くて、貼り付け位置も微妙にずれています。

グリスを入れて、
Kimg2486

シールも付けて
Kimg2487Kimg2488

玉押しには、1/16回転ぐらいですが与圧を掛けています。

当然ですが、どの位置でも振り子にはならずに停止します。

これで、少しですが部屋が片付きます。

2018年12月25日 (火)

後輪タイヤのバランス調整

後輪にタイヤを付けてのバランス取りをしています。

休業日で、日差しもあり、ゆったりした気分です。

今日はバランス取りの詳細を記述しておこうと思います。

1.最大重量点を探す。
Kimg2460_2Kimg2462

ハブ軸から、重りをつるして、最大重量となっているポイントを調べます。

タイヤにマーキングします。
Kimg2463
ハブ軸のベアリングの玉当たりは与圧が掛かっていない状態で、グリスも抜いていますが軽快車用のハブでは何度かホイールを回して、確認が必要です。

ハブ軸を通る反対側が最軽量点でここが重りを貼る中心点になります。
何度か確認したので、マーキングが複数あります。
Kimg2464

2.補正重量の確認

一円玉2枚では、追加した部分が下がります。
Kimg2471_3

一枚では軽いです。
Kimg2468_2

3.補正重量と貼り付け位置の確定
Vパッチを切り出して最適点を探しながら、重さを調整します。
1.5gの重りで、この位置で良さそうです。
Kimg2473

こんな風に、最重量点がずれているのは、重りを貼る位置がずれています。
Kimg2472_2

4.重りの貼り付け
タイヤの内側に、ゴムのりでパッチを貼りつけます。
Kimg2478Kimg2479

失敗でした。空気を入れると、バランスが狂います。

チューブが膨らんだ状態でないと、最重量点がずれています。
明日以降、空気を入れた状態でやり直しです。




2018年12月22日 (土)

前輪バランス調整終了?

完全なバランスではありませんが、このぐらいでバランス調整は終了です。

タイヤのバランス調整で10gのVパッチをタイヤの接地面の内側に貼りました。

ホイールのバランス調整で4gの重りを貼ったので、14g重くなりました。

上手く、タイヤの重さの偏りを使ってやれば6gの重量増で済んだはずですが、今回は、タイヤのローテーションも考えていたので、それぞれでバランスを取りました。

中古タイヤでの試行でしたが、タイヤのバランスが取れていないのがよく分かりました。

カーカスの重なり部分なのかもしれませんがリムの方がしっかりバランスを考慮して作られているようです。

2018年12月20日 (木)

タイヤとブレーキ

昨日の古タイヤの切断作業中に、まだ使えそうな中古タイヤを見つけました。

BSのタフロードと完全にスリックになったイノーバのタイヤです。
Kimg2452_2Kimg2451

タフロードが510gぐらいで

Kimg2455Kimg2454

イノーバが470gぐらいです。

今まで、タイヤのバランスをとっていたのがBSの無印でこれも400g台です。
ただ、空気を入れてみるとタイヤの外周がデコボコなので、乗ってみて違和感がなければ、使ってみます。

上手く組みあがれば、自転車メモなど作成中サイトで見つけたグランボアのエキストラレジェタイヤ(300g)を着けてみたいです。

次の悩みは、バンドブレーキの70mmや80mmのドラム径のものが入手ルートがないことです。

問屋さんでも、まったく需要はないとのことで、扱いができないそうです。

2018年12月14日 (金)

タイヤを付けてのバランス取り

ホイールにチューブだけを嵌めた状態では、チューブの嵌め方だけでバランスが狂います。

ある程度見切りをつけて、タイヤを嵌めてのバランスとりに移行しました。

タイヤ外に100円玉を張り付けて、最下点となるよう、張り付け点を探します。
Kimg2426
50円玉で鉛直線を作り、100円玉が最下点になる位置を出しました。

100円玉を5円玉に張り替えると、5円玉は最上点に来ます。

5円玉と100円玉の重量差は
Kimg2431Kimg2432
1グラムです。

10円玉では、ほぼ振れなしで停止します。

タイヤ内に、重りを張り付けましたが、まだ完全にはバランスが取れていません。

2018年12月11日 (火)

今日も、ホイールバランス

まず分かったのは、重りを張り付ける位置を決めるのが最初です。

位置が正しくないと、いくら重りを調整しても、バランスはとれません。

重りが最下点に来るか、最上点に来る位置を見つけないと先に進めません。

今は、ようやく位置が見つかったところです。

ほんの少ししか、回転力は与えていませんが、振り子になって止まらないので、途中で撮影を止めました。

2018年12月 9日 (日)

シュパーブプロ ハブのすごさ

前輪は、縦ブレ、横ブレともおおむね満足できる範囲に収まり、センター出しはまだですがバランス調整に入りました。

思い知ったのは、シュパーブプロ ハブの回転性能のすごさです。

リヤハブのバランスがすぐ取れたつもりになっていたのは、大きな勘違いだったのかもしれません。

0.5g以下の重量の隔たり、1mm以下の重りの取り付け位置の誤差を確実に検出し、振り子になります。

多分妥協点を見付けることになると思いますが、シールドベアリング仕様とは言え、与圧を掛けた使用状態のハブで、こんなに滑らかに動く部品の精度とここまで作り上げた技術に感動です。

2018年12月 7日 (金)

前輪振れ取り中

結局ハブはシュパーブプロを使いました。

OLDは104mmぐらいになりましたので、無理やり拡げれば、収まってくれそうです。

フロントフォークとバンドブレーキの干渉や、フォークのパイプ径に合わせたブレーキ固定バンドの検討などまだまだ課題は有ります。

Kimg2421

タンジェントラジアル組ですが、意識してスポークの頭は交互に内外にしています。
スポークの首折れが出た時に、どちらが折れるかの検証用です。

タンジェントラジアル組は初めてなので振れ取りも少し勝手が違います。
スポーク一本ごとに直接触れに影響が出ている気がします。

まだまだ勉強することがいっぱいあります。

2018年12月 6日 (木)

前ハブ作成中

後輪のホイールバランスの調整が、タイヤを付けると何故かピタッと止まらず、停滞中です。

後輪のホイールバランス調整は後回しにして、前輪のハブ作成に入りました。

作成といっても、ドラムブレーキを付けるだけなのですが、OLDをなるべく100mmに近づけたいので、コーンやナットの適当なものを探して組み合わせています。

サンシンのトラックハブ?では、こんな感じになりました。
Kimg2415Kimg2418

バンドブレーキは、子供車から外した、廃品の中から拾い出した80mmドラムのものです。
OLDが116mmとちょっと大きくなったので、

虎の子のシュパーブプロリヤハブを使おうか、フォークのエンド幅を広げようかと悩んでいます。
Kimg2419
シュパーブプロの方が、ボスフリー用なので、フランジ幅が狭いです。
こちらなら、100mmにできる気がします。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

1980年代カンパアセンブルロード車 | 24インチロングホイールベース車 | Access 業務管理 | ANTALES | BS LittleFriend | BS SUBNADE SPORT | CB-700C クロスバイク | CULTURE L710 | DIGNO F | DIY | e-コアフィットインシステム | GIANT ロード オーバーホール | GRAPHIS GR-001J | J:COM障害 | KHS F-20R | LN-3922C | My Road Racer | OCS(セレクター)BB | Panasonic Hurryer | RakuMatic | SPECIALIZED GLOBE | VB.net 業務管理 | お墓の引っ越し | ちょっと変わった自転車 | なに? | まちなか探検 | やぐら返し | アット@ランプ | エンド精度測定レーザー照準 | カセットフリー | ギヤ交換可能な軽快車リアハブ | グルメ・クッキング | ココログ画面カスタマイズ | サドル張替え | サンヨー エナクル | シティクロス作成 | シティ車でロードポジション | シティ車のメンテナンス | シティ車部品でチューブレス化 | シンコー SR154(JETDAAIii NEUE) | スクーター チューブレスバルブ交換 | スタンド | スポークカット | スライムパンク防止剤 | スライムパンク防止剤による腐食実証試験 | タイヤの空気圧 | ドイツ製?軽快車 PEGASUS | ハブダイナモ | バルブ根元パンク | バンドブレーキの鳴き対策 | パソコントラブル | パッチ・チューブ割れ | パッチ割れ | パナソニック ガチャリンコ | ピナレロ DOGMA F8 & DA Di2 | フライス盤 DRO化 | フライス盤据付 | フライス盤架台 | フライス盤購入 | ブレーキ | ブロックダイナモ | ペット | ホームページの修正 | ローラーブレーキ | 住まい・インテリア | 住所基盤データベース | 働く自転車の製作 | 太陽光発電の検討 | 川越の古い雨樋 | 日記・コラム・つぶやき | 旧車(シティ車)整備 | 淘宝網でホイール | 異物パンクコレクション | 籐装飾自転車 | 自転車 探検! サイト複製 | 自転車出張修理 | 自転車技士・安全整備士受験(全般) | 自転車技士・安全整備士受験(学科) | 自転車技士・安全整備士受験(実技) | 自転車組立治具 | 英式米式兼用バルブアダプター | 製造物責任コメント | 詐欺メール | 調理 | 軽快車にShimano105アセンブル | 郵便番号データの住所入力データ化 | 金属加工 | 長寿命虫ゴムの検討 | 電動アシスト三輪自転車 | 電動バイク | 26インチ中古自転車 | KAINZ パンクしにくいクロスバイク

スライムパンク防止剤被害実態

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

2019パンク原因 累計

  • トップナットの緩み
    1
  • 修理ミス
    1
  • チューブピンホール
    1
  • チューブ劣化
    1
  • タイヤ劣化
    3
  • 虫ゴム部品不良
    1
  • 異物刺さりパンク
    3
  • 原因不明
    3
  • リム打ち
    4
  • 接合部剥がれ
    1
  • 虫ゴム切れ
    8
  • バースト
    2
  • 揉まれor折り目パンク
    14

カテゴリー

無料ブログはココログ

ブログランキング