カテゴリー「シティ車のメンテナンス」の4件の記事

2017年3月22日 (水)

ブレーキレバーの握り代

ブレーキレバーは、きつく握った時に、自分の最大の握力で握れるのが、一番使いやすい位置になります。

学校での体力測定で、握力を計るとき、握力計の握りの感覚を調整した時のことを思い出してください。

お子さんの場合は、もう少し手の大きさに合わせて小さくしますが、ハンドルのグリップと、ブレーキレバーの間が2~3cm位が、一番握りやすくなります。
Kimg0181Kimg0191
新車で購入された自転車は、ワイヤーの伸びやブレーキシューの減りを考慮してだと思いますが、少しハンドルのグリップと、ブレーキレバーの間が広めに調整されていることが多いです。

ブレーキの握り代は、ワイヤーの固定位置で変わります。
Kimg0183
固定位置を赤矢印の方に動かして、固定ボルトから、ワイヤーの端までの長さを大きくすると、握り代が小さくなり、黄色矢印の方に動かして、ワイヤーの端までの長さを短くすると握り代が大きくなって、ブレーキレバーとグリップの間が小さくなります。

簡易的には、
Kimg0188_2
赤丸の部品(アウター受け)を反時計方向(ねじを緩める)に回していくと、握り代が小さくなって、ブレーキが早く効くようになります。
赤丸部品(アウター受け)を緩めるために、緑の矢印のナットを緩める必要があったり、錆て硬くなっていると、注油をしてやる必要が有ったりします。

下に出ている、アウター受けのネジが見えなくなるまで調整すると、ブレーキのゴム(ブレーキシュー)が摩耗して、交換が必要な時期になっています。

後輪にも、同じように握り代を調整できるアウター受けが付いています。
Kimg0185
後輪の、ブレーキシューはあまり摩耗しませんが、ワイヤーが長い分、初期伸びも多きくなり購入後3か月位で一度調整が必要になります。

自転車を安全に停止させる大切な部品です、こまめな点検をしてください。

修理屋なので、メンテナンスネタはまだまだありますが、どう分類するか構想が出来ていません。
次は、注油について纏めようとは思っているのですが、構造が変わると注油箇所や頻度が変わってくるので、分かりやすく纏まったら、アップします。






2017年3月19日 (日)

ブレーキレバーの位置

先日のハンドルの高さ調整の記事で、

自転車と乗る人が接するのは、サドル、ペダル、ハンドルの3点です。
自転車の乗る姿勢はこの3点の位置で決まります。

と書きましたが、自転車に乗っていて操作をするのは、もう一つ有ります。

ブレーキレバーです。

自転車が倒れたり、倒れ掛かられたりして、取り付け位置がずれたブレーキレバーをよく見かけます。

ブレーキレバーが、ハンドルの内側に入ると、手首を曲げないとブレーキレバーを握れなくなります。
力が入りにくくなり、ブレーキの利きが悪いと感じることが多いです。

ブレーキレバーによって、必要な工具が変わりますが、8mmのボックスやプラスドライバー、六角レンチ(5mm)でブレーキレバーの固定を緩めると、簡単に位置を変えることが出来ます。

ブレーキレバーを握った時に、肘から手首が真っすぐになっているのが正しい位置です。
Brakel_24
ママチャリのブレーキレバー交換の記事からお借りしました。
記事にも書かれていますが、気持ち外側に来ます。
購入したばかりの自転車でも、少し内側に入っているブレーキレバーが多いようです。

輸送の問題なのか、自転車店さんの意向なのかは分かりませんが、購入時にも握りやすい位置に調整して貰うことをお勧めします。

ブレーキレバーについては、握り代の設定もありますが、それは後日に

2017年3月18日 (土)

ハンドルの高さ調整

先日、サドルの高さの調整法を書きましたが、今日はハンドルの高さです。

自転車と乗る人が接するのは、サドル、ペダル、ハンドルの3点です。
自転車の乗る姿勢はこの3点の位置で決まります。

ペダルの位置は、調整できませんが、サドルの高さ、ハンドルの高さは調整が可能です。

サドルの高さと、ハンドルの高さを調整することで、自分に合った乗り易い自転車にすることが出来ます。

ハンドルの高さ調整の基本は、グリップが肘より下に有って、グリップを握った時に手首が曲がらず自然に握れることです。
サドルを下げた時、ハンドルも下げた方が乗り易くなります。

調整は、このネジを2~3回転緩めて、ハンドルが動けば、そのまま高さを合わせて、ネジを絞めます。
ネジを緩めてもハンドルが動かないときは、ネジの頭を下に叩き込んでやると動くようになります。
Kimg0149Kimg0150

構造は、こちらのサイトが詳しいです。
画像をお借りしました。
20070604normalhead04

ハンドルの高さがちょうどいいと、坂道を登るとき、足の力だけでなく、上半身の力を使って登れるようになります。

タイヤとハンドルの直角がずれた時も、このネジを緩めて調整します。

本当に握りやすくするには、高さだけではなく、ハンドルの上下の傾きも少し下げた方が良かったりします。
ハンドルの傾きを変更する時には、こちらのネジを緩めて調整します。
03(この画像はhttp://www.rakuten.ne.jp/gold/kurohige/mame/mente/adjust/adjust01.htmからお借りしました。)

【2017.04.04追記】
グリップの位置は、サドルの上面の高さ+10cm位が扱いやすいようです。

2017年3月16日 (木)

サドルの高さ合わせ

自転車に乗る時の靴を履いて、スタンドを上げた状態で、
Kotoo_4
大腿骨の一番上側と自転車のサドルの上面を合わせて戴くと、概ね乗り易い高さになります。

サドルに座って、地面に両足のつま先立ちになる状態です。
ペダルを漕ぐ時に、膝が一番伸びた時、軽く曲がる程度になります。
(つま先が地面に当たる程度の高さの方が漕ぐのは楽ですが、乗り降りや、停車時の安全を考えて、ちょっと低めをお勧めしています。)

この位置を基準に、サドルを上下して、一番乗り易い高さを探してください。
漕ぐ時に、膝が伸び切るようなら、サドルは上げすぎです。

サドルの高さは、幼児車では、工具が必要なこともありますが、普通は、
140223_145552_3
矢印のレバーを反時計方向に緩めてやるだけで、上下します。

注意して頂きたいのは、シートポストには、これ以上上げないでくださいという限界があります。
Sp220b
このマークが見えない状態で調整してください。

どうしても高さが足りないときは、長いシートポストもあります。

サドルの傾きによっても、乗り易さが変わります。
こちらの記事も、参考にしてください。
サドルの傾き調整

その他のカテゴリー

1980年代カンパアセンブルロード車 | 24インチロングホイールベース車 | Access 業務管理 | ANTALES | BS LittleFriend | BS SUBNADE SPORT | CB-700C クロスバイク | CULTURE L710 | DIY | e-コアフィットインシステム | GIANT ロード オーバーホール | GRAPHIS GR-001J | J:COM障害 | KHS F-20R | LN-3922C | My Road Racer | Panasonic Hurryer | RakuMatic | SPECIALIZED GLOBE | VB.net 業務管理 | お墓の引っ越し | ちょっと変わった自転車 | まちなか探検 | やぐら返し | アット@ランプ | エンド精度測定レーザー照準 | ガチャリンコ互換錠 | ギヤ交換可能な軽快車リアハブ | グルメ・クッキング | ココログ画面カスタマイズ | サドル張替え | サンヨー エナクル | シティクロス作成 | シティ車のメンテナンス | シンコー SR154(JETDAAIii NEUE) | スクーター チューブレスバルブ交換 | スタンド | スポークカット | スライム(パンク防止・修理剤) | タイヤの空気圧 | ドイツ製?軽快車 PEGASUS | ハブダイナモ | バルブ根元パンク | バンドブレーキの鳴き対策 | パッチ・チューブ割れ | パッチ割れ | パナソニック ガチャリンコ 付きジャンク | ピナレロ DOGMA F8 & DA Di2 | フライス盤 DRO化 | フライス盤据付 | フライス盤架台 | フライス盤購入 | ブレーキ | ブロックダイナモ | ペット | ホームページの修正 | ローラーブレーキ | 住まい・インテリア | 住所基盤データベース | 働く自転車の製作 | 太陽光発電の検討 | 日記・コラム・つぶやき | 旧車(シティ車)整備 | 異物パンクコレクション | 籐装飾自転車 | 自転車出張修理 | 自転車技士・安全整備士受験(全般) | 自転車技士・安全整備士受験(学科) | 自転車技士・安全整備士受験(実技) | 自転車組立治具 | 詐欺メール | 調理 | 軽快車にShimano105アセンブル | 郵便番号データの住所入力データ化 | 金属加工 | 長寿命虫ゴムの検討 | 電動アシスト三輪自転車 | 電動バイク | 26インチ中古自転車

スライム(パンク防止・修理剤)被害低減プロジェクト

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

川越市自転車シェアリング

Active Safety Project

雨雲

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ブログランキング