カテゴリー「スライムパンク防止剤」の49件の記事

2018年9月22日 (土)

スライムパンク防止剤が効果を発揮するパンク

先日に続いて、今日もスライム抜きです。

パンク跡は有りませんでしたが、スライムパンク防止剤の量は少なかったです。

7年目だそうですが、こんなに蒸発するのでしょうか?

先日のチューブに続き、今日もバルブ根元に剥がれが有りました。
スライムパンク防止剤が入っていなければ、すぐ空気が漏れる状態でしたので、スライムパンク防止剤が空気漏れをある程度防止していたようです。

お客様に、空気が抜ける感じは有りましたかとお聞きすると抜けが早いとは感じていましたとのことで、完全には防げていなかったのかもしれません。

確かに、バルブ根元であれば、一番チューブの厚いところですし、バルブは固形物ですので、スライムパンク防止剤が効果を発揮する条件は揃っています。
だから、スライムパンク防止剤が入っていると、バルブが抜けるまで気づかないことも有るのかもしれません。

異物パンクより目にする機会が多いですから、スライムサイトにのパンク防止効果に入れてもいいような気がしますが、あさひさんいかがですか。

今日はすぐお近くのお客様だったので、バルブ根元パンクに挑戦させて頂きました。

スライムパンク防止剤でバルブ表面の腐食が有ったので、いつもの手順に、ホットブローでバルブに熱を加えてみました。

「追記」
スライムのサイトの外周コーティング説に従えば、内周にあるバルブ根元のパンクは防げないはずですし、バルブコアがスライムで濡れるはずもないことになります。
チューブの中でのスライムの挙動ってどうなんでしょうね

動いていない時には、当然、下に溜まって、一部ですが、チューブの内周側もスライムに触れています。
その時に、バルブ根元のパンクを塞いだり、バルブコアを濡らすのでしょうが、それなら、チューブ側面のパンクも防いでくれてよさそうです。
側面の穴だって、2.8mmもある大きな穴は見たことがありません。
チューブの側面は走行時に形状変化の大きなところです。
形状の変化が大きいところは、防げないと思ったほうがいいのでしょうか。
これなら、バイクと自転車でスライムの評価が大きく異なることとも整合性が取れそうです。

2018年9月 2日 (日)

面白い故障3台のうち3台目

日が沈み始めていましたので、画像がよくありません。

Kimg2046
Kimg2048

パンと音がしたそうです。

パンク後少し乗られたそうで、僅かにチューブが寄っていましたが、普段の空気圧管理はしっかりされているようで、この自転車では初めての後輪のエアー抜けです。

前回のスライムがらみのバルブ根元剥がれの時は、かなりチューブの擦れ跡もあり、チューブがかなり寄っていたので、スライム起因かどうか確信が持てませんでした。

チェンシン製のブリヂストンブランドチューブで、製造起因のバルブ根本剥がれの可能性も少ないと思いますので、スライムパンク防止剤が、バルブの根元を腐食し剥がれを起こしたものと考えています。

空気圧管理をしっかりされていて、スライムパンク防止剤の恩恵を受けることなく、スライムパンク防止剤の被害を受けられた典型例だと思います。

スライムパンク防止剤が入っていなければ、入れたとしても性能保証期間の2年が過ぎたところでスライムパンク防止剤を抜いていれば、空気漏れも、チューブ交換もなかったのに、残念です。

2018年8月30日 (木)

サイクルベースあさひ サイトリニューアル

サイクルベースあさひさんのサイトが、8月28日にリニューアルされて、スライムパンク防止剤サイトも新しくなっていました。

サイトの記載内容が整理されたのか、画像が大きくなったのか、かなり簡略化された印象です。

スライムパンク防止剤被害低減プロジェクトサイトもそれに合わせて、ごく一部ですが修正しました。

有効性能保証期間の表示や、金属腐食の危険性の表示は追加されておらず、良い評価をする点はありませんでした。

2018年8月27日 (月)

まだ販売時に勧められているようです。

出身地の自転車屋さんが書かれていて、何気なく読んだブログなのですが、

気が付いたら色々買わされてるパターン

 

 

まだスライムパンク防止剤を自転車販売時に勧められているようです。

記事中にも書かれている通り、パンク防止には月に一度、しっかり空気を入れることが一番なのですが、スライムパンク防止剤の代わりに、空気入れをお勧めすることは、スライムパンク防止剤を否定することになるので、難しいのでしょうね。

 
同じスライムパンク防止剤ネタで、話は変わりますが、時々訪問させて頂く

自転車メモなど(作成中)

さんのサイトで法律関係から考えてみる器物損壊罪?を取り上げて戴きました。

故意と過失に視点を置いて解説を頂きました。
自転車メモさんは、損壊が目的ではないと過失論のようですが、私としては損壊することを知りながら、それを伝えず、注入することは故意だと思っています。
勿論、法律の専門家では有りませんし、同様の判例も見つけられている訳でもないので、思っているというだけです。

未必の故意という概念が有ります。
故意の一種で、結果の発生が不確実であるが、発生するかもしれないと予見し、かつ、発生することを認容(容認)する場合をいう法律用語。
故意には、結果の発生を確定的なものとして認識する「確定故意」と、これを不確定なものとして認識するにすぎない「不確定故意」とがある。
未必の故意は後者に属する。
未必の故意を故意と評価するかどうか、「認識ある過失」との関係で両者の区別が問題となる。
認容説(通説・判例)によれば、結果の発生を認容する場合が故意(未必の故意)であり、この認容を欠く場合が過失(認識ある過失)であると解されるのに対し、蓋然(がいぜん)性説では、結果発生の蓋然性が相当高度であると認識しているか否かにより両者が区別される。[名和鐵郎]
出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)

2018年8月19日 (日)

器物損壊罪?

久しぶりのスライム記事です。

お客様が、金属腐食の危険を、知らされないまま、スライムパンク防止剤を注入され、バルブが腐食してエアー抜けを起こしたり、パンクした際、パンク修理ではなくチューブ交換になったりした時、器物損壊罪に問えるのではないかと、ちょっと調べ始めました。

刑法第258条(公用文書等毀棄)

刑法第259条(私用文書等毀棄)

刑法第260条(建造物等損壊及び同致死傷)

第261条(器物損壊罪) 前3条に規定するもののほか、他人の物を損壊し、又は傷害した者は、3年以下の懲役又は30万円以下の罰金若しくは科料に処する。

第264条 第259条、第261条及び前条の罪は、告訴がなければ公訴を提起することができない。

食器等を汚して、使えなくしたり、他人の携帯を意図的に水没させても器物損壊罪は成立するそうです。

未遂罪はないので、実際に壊れたリ、チューブ交換になった時に、要件を満たすようです。

チューブ交換については、?と感じられるかもしれませんが、チューブの性能の一部として、パンクした時、パンク修理で直せる機能をチューブが持っていて、スライムパンク防止剤を注入されたことで、その機能が失われたと考えると、器物損壊の定義に当てはまるのではないかと考えました。

実際に、器物損壊罪に問われた事例などは見つけられませんでしたので、推論でしかないのですが、詳しい方がいらっしゃいましたら、ご教示頂けると嬉しいです。

2018年6月 2日 (土)

久しぶりのスライム抜き

パンクとのことでお伺いしました。

パンクではなく、スライムパンク防止剤入りチューブにスペシャルGバルブが使われていました。

空気が入りにくいし、入れても暫くすると抜けているんですとの事。

バルブの状態を見て戴き、「スライムパンク防止剤がバルブに詰まるんです。スライムパンク防止剤の有効期限は2年間しかないんです。」とご説明させて頂き、スライムパンク防止剤をチューブから抜きました。

サイクルベースあさひ 〇〇店で購入された自転車で、やはり注入されていたスライムパンク防止剤は前輪、後輪とも規定量に満たないものでした。

サイクルベースあさひ○○店さんでは、今はどうか分かりませんが、明確な意図が有って、スライムパンク防止剤の注入量を減らしていたようです。

中途半端な量を入れるぐらいなら、迷惑この上ないので、いれても効果は有りませんと説明して入れるのをやめて欲しいです。

お客様には、規定量よりこういう理由で、減らしていますと説明もされていないようなのですが、詐欺行為には当たらないのでしょうか?

サイクルベースあさひさんにはちょっと頭にきてしまったので、思いの丈を書いてしまいました。

もし、身に覚えのない中傷でしたら、5年間のスライムパンク防止剤の仕入れと、パンク防止剤の売り上げデータを明らかにした上での反証をお願いします。

ここまで書いて、家内にこんな記事を書いたと言ったら、「お客さんにも問題があるんじゃない」と言われました。
家内に、「じゃあ自分だったら入れて貰う?」と言って、パンク防止剤を「パンクが防げますよ」と勧めてみたら、「どんなパンクがどの位の期間防げるの」と返ってきて、「刺さり物もパンクが2年間防げます。」「刺さり物パンクの割合は?パンク防止剤の費用は?」となり、結局買ってもらえませんでした。

家内には、「プロがお客様の無知に付け込む売り方をしているので、お客様は責められない」といって、お客様の問題じゃないねと納得してもらいました。

2018年4月14日 (土)

スライムパンク防止剤をお勧め出来る自転車の条件

サイクルベースあさひさんが販売するスライムパンク防止剤について、販売方法への疑問からデメリットを前面に出す記事を数多く書いてきました。

スライムパンク防止剤の価値を全否定しているわけではなく、スライムパンク防止剤は、ちゃんと空気圧の管理をしていれば、緊急時のパンクトラブルを回避できる、通勤通学に自転車を使用するお客様にとっては素晴らしい商品だと思います。

そんな反省から、スライムパンク防止剤をお勧め出来る自転車の条件を纏めてみます。

【空気圧管理をしっかりされている】
最低でも一回/月規定の3気圧までしっかり空気を入れられていることが必要です。

【定期的に点検を受けられている】
点検はご自分でされていても構いません、少なくとも虫ゴムは一回/年交換してください。

【2年に一度タイヤ・チューブを交換されている】
タイヤの摩耗やひび割れが無ければ、チューブだけでも交換してください。

【通勤や通学などで自転車に乗られている】
目的地までの到着時間が決められている条件で自転車を乗られている方。

【近くにスライムパンク防止剤が入っていてもパンク修理してくれるお店が有る】
サイクルベースあさひさんまで、パンク修理時に持っていける方。

有用性があって、効果を発揮できて、デメリットを回避できるには、この条件をすべて満足することが必要です。

2018年4月 6日 (金)

スライムパンク防止剤被害を「製品の性能は2年間保証されています」の記載から考察する。

サイクルベースあさひが販売するスライムパンク防止剤のボトルにはこのような商品シールが貼られています。
Slime_1 0001_5

「警告:製品の性能は2年間保証されています。ご購入の際の受領書などは大切に保管してください。」の記述について、言葉通り、保証は2年間なんだと思うだけで、スライムパンク防止剤被害低減プロジェクト サイトを立ち上げた時は、あまり重要視していませんでした。

この2年間の性能保証は、本家Slimeのサイトでは、他のパンク防止剤との差別化を図るためか、かなり大きく扱われています。

ですがサイクルベースあさひさんのスライムパンク防止剤商品ページには、2年間の性能保証は記載されていません。
お店で、スライムパンク防止剤を注入してもらったお客様は、2年間の性能保証の言葉を目にすることは有りません。

O2592186713840810570力太郎さんのブログから借用
使用の注意書きにも、2年間の性能保証の言葉は有りませんので、口頭での説明もされていないと思っています。

何故記載されていないのでしょうか?
本家Slimeのサイトでは、パンク防止剤を購入しようとするお客様が対象で、お客様はSlime以外のパンク防止剤も購入検討対象です。
他の商品より性能の保証期間が長いということが訴求ポイントになります。

サイクルベースあさひさんのように、自転車を購入されたお客様にパンク防止剤を勧める場合、お客様は、受け入れるか断るかの選択しか有りません。
その際には、2年間の性能保証は訴求点にならず、面倒な説明をしなければならない販売の阻害要因になります。
・2年経ったら、どうすれば良いの?
・2年以内にパンクしたら、どんな補償が有るの?
・なぜ2年なの?
このような、問いを避けるためにも、2年間の性能保証の言葉がない方が都合が良いのではと思っています。

何の説明も有りませんから、スライムパンク防止剤を入れたお客様は、パンク防止性能が永遠に続くと思ってしまうことが多いと思います。
チューブの中に入れ続けることが、バルブ腐食や、バルブが詰まって空気が入らないという、スライムパンク防止剤被害の一番の原因となっています。
スライムパンク防止剤の性能は永遠に続くわけでは有りません、長く入れ続けることで、弊害が現れてきます。

サイクルベースあさひさんには、スライムパンク防止剤被害軽減の為、2年間の性能保証をお客様に説明して欲しいですが、今の販売方法を続けられる限りは、期待できません。
地道に、スライムパンク防止剤を入れられたお客様に説明をしていくしか有りません。

2018年3月21日 (水)

景品表示法違反被疑情報の提供

今日は、みぞれの中3件の修理に行きました。

チューブ交換とタイヤ・チューブ交換、異物パンクの3件です。
異物パンクは、画鋲だったそうですが、お客様が気付いて取り除かれたそうです。

昨日から、スライム(パンク防止・修理剤)被害低減プロジェクトに新しい項目を追加しようとスライム(パンク防止・修理剤)被害が起きる背景を纏め始めました。

 スライムパンク防止剤のオリジナルサイトでは、two years of continuous flat tire protection. と2年間の性能保証が謳われています。

 車やバイク用のパンク防止・修理剤販売サイトでは、それなりにデメリットが記載されて販売されています。

 自転車の場合、修理でお伺いした際、スライム入りの自転車に遭遇しても、デメリットを御存じないお客様が多いです。
 実際に、どのような商品説明がされているかは分かりませんが、サイクルベースあさひさんのネットショップのスライム(パンク防止・修理剤)を見ると性能保証期間(2年間) は表示されていません。

O2592186713840810570 こちらの排水口が詰まった力太郎さんの記事にアップされているスライム(パンク防止・修理剤)を入れた際に、もらった注意書きも、性能保証期間(2年間)は表示されていません。

 デメリットの発生の大半は、経時で発生する内容です。
 ・バルブ腐食。
 ・空気が入れられなくなる。

 バルブの腐食については、サイクルベースあさひさんも認めておられる通り、長期間スライムに含まれる水分に触れることで発生するものです。
 空気が入れられなくなるのは、こちらのように、繊維がダマになってしまうことが原因で、ダマになった繊維がバルブと虫ゴムの間に入って空気の通り道を塞ぐからだと、想像しています。

 注入から2年を経過し性能保証期間が切れたら、注入したスライムをどうすればいいのかも当然記載はされていませんが、チューブ交換をするか、スライム(パンク防止・修理剤)を入れ替えることが必要と認識して使って貰えれば、バルブの腐食も、空気が入らないトラブルも回避できるはずです。

ここまで書いて、パンク防止剤の効果の有効期限が明示されていないのは、告知義務違反や優良誤認に当たるのではと思い立ち、消費者庁に景品表示法違反被疑情報の提供をしました。

受付のみで答えは返ってこないようなのですが、サイクルベースあさひさんのスライムページに2年間の製品の効果保証期間が表示されることを願っています。

2017年12月21日 (木)

スライムの販売方法は優良誤認?

一昨日のTV朝日のニュースで車のキズ補修材の優良誤認に当たるとした是正勧告のニュースを見ました。

スライム(パンク防止・修理剤)についても、優良誤認の可能性があるのではないかと思っているので、気になってほかのニュースサイトも見てみました。

キーワードとして気づいたのが、
苦情の申立先が他のニュースですが消費生活センターだという事。
100件を超える苦情件数。
メーカーが消費者庁に合理的な根拠を示せなかった

の3点です。

同サイトにスマートペンというキズ補修材の説明動画が有りましたが、ニュースで見たキズ補修材「レニュマックス」と同様の効能を謳い、消せるのはクリアー層の傷だけですとの注意書きが有ります。

こちらには、優良誤認の是正勧告は出ていないようで、サイトからレニュマックスは削除されていますが、スマートペンは残っています。

違いとして思いつくのは、苦情申し立ての件数です。

スライム(パンク防止・修理剤)は苦情の申し立てがないのでしょうか?
それとも、消費者庁に合理的な根拠を示せたのでしょうか?
国民生活センターのサイトでサイト内を検索しても、パンク防止剤に関する記事は見つかりませんでした。

パンク防止剤を入れたけれど、パンクしたという方は、消費生活センターに相談して見て下さい。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

1980年代カンパアセンブルロード車 | 24インチロングホイールベース車 | Access 業務管理 | ANTALES | BS LittleFriend | BS SUBNADE SPORT | CB-700C クロスバイク | CULTURE L710 | DIGNO F | DIY | e-コアフィットインシステム | GIANT ロード オーバーホール | GRAPHIS GR-001J | J:COM障害 | KHS F-20R | LN-3922C | My Road Racer | OCS(セレクター)BB | Panasonic Hurryer | RakuMatic | SPECIALIZED GLOBE | VB.net 業務管理 | お墓の引っ越し | ちょっと変わった自転車 | なに? | まちなか探検 | やぐら返し | アット@ランプ | エンド精度測定レーザー照準 | カセットフリー | ギヤ交換可能な軽快車リアハブ | グルメ・クッキング | ココログ画面カスタマイズ | サドル張替え | サンヨー エナクル | シティクロス作成 | シティ車のメンテナンス | シティ車部品でチューブレス化 | シンコー SR154(JETDAAIii NEUE) | スクーター チューブレスバルブ交換 | スタンド | スポークカット | スライムパンク防止剤 | タイヤの空気圧 | ドイツ製?軽快車 PEGASUS | ハブダイナモ | バルブ根元パンク | バンドブレーキの鳴き対策 | パッチ・チューブ割れ | パッチ割れ | パナソニック ガチャリンコ | ピナレロ DOGMA F8 & DA Di2 | フライス盤 DRO化 | フライス盤据付 | フライス盤架台 | フライス盤購入 | ブレーキ | ブロックダイナモ | ペット | ホームページの修正 | ローラーブレーキ | 住まい・インテリア | 住所基盤データベース | 働く自転車の製作 | 太陽光発電の検討 | 川越の古い雨樋 | 日記・コラム・つぶやき | 旧車(シティ車)整備 | 淘宝網でホイール | 異物パンクコレクション | 籐装飾自転車 | 自転車 探検! サイト複製 | 自転車出張修理 | 自転車技士・安全整備士受験(全般) | 自転車技士・安全整備士受験(学科) | 自転車技士・安全整備士受験(実技) | 自転車組立治具 | 英式米式兼用バルブアダプター | 詐欺メール | 調理 | 軽快車にShimano105アセンブル | 郵便番号データの住所入力データ化 | 金属加工 | 長寿命虫ゴムの検討 | 電動アシスト三輪自転車 | 電動バイク | 26インチ中古自転車 | KAINZ パンクしにくいクロスバイク

スライムパンク防止剤は、こんな悪さをする

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

カテゴリー

川越市自転車シェアリング

Active Safety Project

最近のトラックバック

ブログランキング

無料ブログはココログ