カテゴリー「スライムパンク防止剤」の58件の記事

2019年2月20日 (水)

何故,単体での販売をやめたのか?-2

・2016年12月頃は店頭でスライムパンク防止剤ボトルの販売もされていました。
そのころは、販売元が株式会社あさひさんでした。
今注入されているスライムパンク防止剤もあさひさんが販売元なのかはサイトには表示がありませんし、単体で販売されていないので、確認の術がありません。

スライムパンク防止剤の類似競合品の発売時期が
・ビーバーシーラントな販売開始時期は分かりませんが、説明動画が公開されたのが2015年2月
・マルニの自転車用パンク防止剤の販売開始が2016年9月
・EVERS スーパーシーラントの販売開始が2017年2月頃
となっています。

南海部品では、バイク用としてチューブ用スライムパンク防止剤を以前から継続して販売しています。

サイクルベースあさひさんのECサイトにスライムパンク防止剤が登場したのが、2017年の4月頃でその時から、

の表記だったと思うのですが、記憶違いだったらすみません。
このころから、店頭からもボトルが姿を消していたのかもしれませんが、あまり店頭には顔を出していなかったので、それも定かではありません。

ここからは推論です。

1.スライムパンク防止剤の単体販売では、大きな利益は得られていなかった。
→利益が大きかったとすると取り扱いを続けている中で、単体販売をやめる理由が見つからない。

2.スライムパンク防止剤の販売量が少なくなっている。
→川越市内では、サイクルベースあさひさん販売の新車自体が目にする機会が減っている気がします。
→修理でお伺いしても、入れたてのスライムパンク防止剤を目にすることも殆どありません。

3.新車購入時にしか購買衝動がおこらない。
【2019_02_23訂正】
→今は直接URLを入れないとみられなくなりましたが、8件のレビューの内6件の購入が新車購入時です。残りの2件は、購買時期が何かと連動しているのかは分かりません。
Rakuten_2
楽天のスライムパンク防止剤サイトには、この注意書きがあり新車購入時にしか、スライムパンク防止剤は購入できないようです。レビューが新車購入時になっているのは当然でした。
サイクルベースあさひさんのスライムパンク防止剤の販売サイトには、このような記載は有りませんでしたが、レビューもなく、購買動機を読み散ることはできませんでした。
【2019.02.28再訂正】
CBA
サイクルベースあさひさんのスライムパンク防止剤の販売サイトでも、カートに入れた後、受け取り方法を選択すると、上記の表示が出ました。
【ここまで】
【ここまで】

→2年間の性能保証期間が商品説明にありませんから、一度入れてしまえば自転車の使用中に改めて購入することは考えないのだと思います。

4.単体の拡販に消極的な姿勢と思える。
→ECサイト等での積極的な販売はしていない。

推論と競合品の存在から導いた結論(仮説)です。

1.新車販売時に抱き合わせ販売する際の利益確保のため、競合品との価格競争になることを嫌った。

2.単体販売用のボトルやラベルのコストを削減した。
1g



画像は1ガロンのボトルですが、


製造元では5ガロンの容量まで製品化されています。当然自転車一台当たりの単価は安くなります。

 

最初に書いた、今もサイクルベースあさひさんがスライムパンク防止剤の販売元なのだろうか?という疑問ですが、
オートバイと自転車のチェンネルごとに販売元を決めているとするなら、サイクルベースあさひさんが販売元の権利を放棄する理由(コストアップに繋がる?)がありませんので、まだ販売元なのだろうと思います。

2019年2月14日 (木)

最大で直径2.8mmの穴まで対応!

2_8mm
https://item.rakuten.co.jp/cyclemall/8000/から借用

「最大で直径2.8mmの穴まで対応!」この言葉であなたが想像する穴は
2_8mm_1
ですか?
2_8mm_2
それとも、こちらですか?

販売サイトではどちらとも明言されていませんが、実際に対応しているのは、2.8mmまでの太さの棒状の刺さりものです。
このような刺さりものでは、刺さったものを取り去ると、ゴムの収縮力でほとんど穴は塞がった状態になります。

チューブの厚みが多ければ、より収縮する力は強くなりますから、パンク防止の効果を発揮するには、肉厚チューブの方が有利です。

効果があるのは棒状の刺さりものと書きましたが、バラの棘のような、円錐形の刺さりものでも、穴は塞がりますから大丈夫です。

2.8mm以内の刺さりものでも、スライムパンク防止剤が効果を発揮しない刺さりものがあります。
ガラス片や、金属片、石片など、薄くて、鋭い角をもった刺さりものでは、チューブに切れ目ができますので、収縮力で穴が塞がることは有りません。

実は、この記事の内容はずっと温めていたものです。
実験している訳ではなく、裏付ける資料がなかったのですが、スライムパンク防止剤の類似品であるウルトラシールを調べていて、
---------------------------
《下記の場合、本製品の効果が得られません》
 ・予防範囲以上の異物の場合
 ・ガラスや鉄片等によるカット、ネジクギ、L型の異物、バーストの場合
 ・トレッド部分以外に異物が刺さった場合
 ・チューブタイヤが劣化し、ゴムの伸縮が低下した状態
 ・本製品注入後3~5kmまでの距離は、
  製品がチューブタイヤに馴染んでいないため、パンク予防がしにくい状態
http://www.netprice.co.jp/netprice/library/goods/179352/
----------------------------
の記載を見つけたことで、記事にすることができました。

2019年2月13日 (水)

何故単体での販売をやめたのか?

今は、注入サービスのみの販売で、スライムパンク防止剤単体のボトルでの販売はされていません。

これは、販売サイトの記載ですが、サイクルベースあさひさんの店頭でも、スライムパンク防止剤のボトルは目につきません。

2016年12月13日の記事ですが、当時は店頭でボトルの販売もされていました。

単純な考えですが、ボトルでも販売すれば、新車購入のお客様以外にも売れることで利益が得られそうな気がします。

スライムパンク防止剤ではない、類似のパンク防止剤は店頭でも販売されていた記憶です。

外からでは、想像しか出来ませんが、面白そうなので、この先ちょっと考えてみようと思います。

今日は、2件のパンク修理でした。
後輪の揉まれパンクが一件、後輪のトップナットの緩みが一件でした。

2019年2月 5日 (火)

スライムパンク防止剤との上手な付き合い方

スライムパンク防止剤被害低減プロジェクトのイントロサイトをリニューアルして、被害ばかりを訴えるのではなく、下記のように正しい使い方を知っていただく記事をアップしました。

サイドバーのスライムパンク防止剤被害実態のバナー画像をクリックしていただくと、サイトが開きます。

スライムパンク防止剤との上手な付き合い方下記の項目をクリックすると詳細を展開して表示します。

サイクルベースあさひさんが渡されている説明書です。

2019年1月24日 (木)

あさひさんを取り上げた記事を一部削除します。

スライムパンク防止剤のデメリットについてのブログ記事を数多く書いていますが、
サイクルベースあさひさんの存在やスライムパンク防止剤の有用性を否定しているつもりはなく、
今はスライムパンク防止剤には、デメリットもあると知ってい欲しいだけです。

当初はスライムパンク防止剤の販売時にデメリットを説明してほしいとの期待を持っていたのですが、今では無理だとあきらめています。

先日のことですが、家族にスライムパンク防止剤について書いたブログの感想を聞いたところ

「言葉の使い方のまずさや、記載の文章が誰に向けて書いているのか分からないところがあって、読む人によってはしつこいし、あさひさんに対して攻撃的だと感じるだろう。」

と指摘されました。

そのように書いているつもりはなかったのですが、誤解されるのは本意ではないので、一旦、スライム関連であさひさんを取り上げたブログで、誤解を招きそうな、要望や、批評、皮肉を交えた記事の本文を、気づいたものから順次削除します。
どうしても残しておきたい記事もあり、記載内容のみ取り消し線を入れたものもあります。

記事には頂いたコメントもあり、コメントの意味が不明になってしまいます。

削除した本文とコメントはスライムパンク防止剤被害低減プロジェクトサイトに、保存しますのでどうしても読みたい方はリンクを辿ってください。

2019年1月18日 (金)

バナーをGIFアニメ化しました。

ブログのサイドバーに、スライムパンク防止剤被害提言プロジェクトのバナーを置いていますが、少しでも目を引いて訪問してくださる読者の方を増やしたくてGIFアニメ化しました。

昨日から作業を開始したのですが、画像を探すのに手間取ったりで一日掛りの作業になりました。

でも、作ってみると、ホームページに記事を書くより、見てもらった方が伝わりやすいのかなと感じました。

製造物責任記事で知恵袋で回答したものですさんから頂いたコメントにもほぼお返しできたのではと思いますし、

因果関係の証明もできたようですし、これで憂いはなくなりましたので、大威張りで、サイトをご覧いただくことができます。

今日は休業日で、一日アニメ化の作業をしていましたので、パンク修理は有りません。

腐蝕の観察は、1月14日頃から、右下で何か変化が起きているように見えます。

2018年12月30日 (日)

今年最後のスライムパンク防止剤?

パンクかも?というご依頼だったのですが、チューブ交換に合わせてのタイヤ同時交換になりました。

もしご覧になっていたら、サイクルベースあさひさんの社員の方にお尋ねします。
チューブの折れもなく、擦れ跡もありません、がこのチューブの外観は交換を勧めるレベルですか?
Kimg2499
私にとっては、まだまだ使いたいレベルの外観でした。

持ち帰ってからカットして内部を確認しました。
Kimg2500Kimg2501

なんだかわかりますか?
Kimg2502Kimg2503

サイクルベースあさひさんで、自転車購入時に勧められた、スライムパンク防止剤です。

さっと流しても、しっかり水洗いしても
Kimg2504Kimg2518

バルブの穴が詰まったままです。
バルブコアがセットできず、チューブを交換するしかありませんでした。

こんな商品を、お客様にしっかりと点検の必要性や、2年間の性能保証期間、バルブ腐食の可能性を説明せずいつまで売り続けられのですか?
販売されるのは構いませんが、安心と引き換えのデメリットもしっかり説明して売ってください。

蛇足ですが、ついでに、バルブ根元の状態も確認しました。
流水で洗っても、スライムパンク防止剤が変性したものが、こびりついて取れません。
Kimg2507
不溶性の生成物は、腐食の実証試験でも確認できています。

曲げてみたら、バルブの根元がはがれかかっているのが分かります。
Kimg2515

今回腐食していたバルブです。
Kimg2493_2Kimg2497

珍しくフォーカスが合ったので、ついでです。

2018年11月 8日 (木)

楽天サイトでは売り切れ中です。

あさひさんのオフィシャルサイトでは、表示は在りませんが、楽天のあさひさんのサイトでは、

スライムパンク防止剤は3日ほど前から売り切れの表示が続いています。
【2018.11.10追記】
今日から、購入可能に戻りました。
【2018.11.12追記】
昨日から又、売り切れ表示です。
【2018.11.15追記】
今日から、購入可能に戻りました。

オフィシャルサイトのスライムパンク防止剤には商品レビューはまだありませんが、楽天のあさひさんのさんのサイトにはレビューが7件あり、参考に読ませていただいています。

ここ暫く、レビューの更新はないのですが、新しいレビューがないかとチェックしているときに気づきました。

コメントを読むと、安心を買われている方が多いです。

当店でも、もっと空気入れの重要性をPRしないと駄目ですね。

2018年9月22日 (土)

スライムパンク防止剤が効果を発揮するパンク

先日に続いて、今日もスライム抜きです。

パンク跡は有りませんでしたが、スライムパンク防止剤の量は少なかったです。

 

7年目だそうですが、こんなに蒸発するのでしょうか?

先日のチューブに続き、今日もバルブ根元に剥がれが有りました。
スライムパンク防止剤が入っていなければ、すぐ空気が漏れる状態でしたので、スライムパンク防止剤が空気漏れをある程度防止していたようです。

お客様に、空気が抜ける感じは有りましたかとお聞きすると抜けが早いとは感じていましたとのことで、完全には防げていなかったのかもしれません。

確かに、バルブ根元であれば、一番チューブの厚いところですし、バルブは固形物ですので、スライムパンク防止剤が効果を発揮する条件は揃っています。
だから、スライムパンク防止剤が入っていると、バルブが抜けるまで気づかないことも有るのかもしれません。

異物パンクより目にする機会が多いですから、スライムサイトのパンク防止効果に入れてもいいような気がしますが、あさひさんいかがですか。

今日はすぐお近くのお客様だったので、バルブ根元パンクに挑戦させて頂きました。

スライムパンク防止剤でバルブ表面の腐食が有ったので、いつもの手順に、ホットブローでバルブに熱を加えてみました。

「追記」
スライムのサイトの外周コーティング説に従えば、内周にあるバルブ根元のパンクは防げないはずですし、バルブコアがスライムで濡れるはずもないことになります。
チューブの中でのスライムの挙動ってどうなんでしょうね

動いていない時には、当然、下に溜まって、一部ですが、チューブの内周側もスライムに触れています。
その時に、バルブ根元のパンクを塞いだり、バルブコアを濡らすのでしょうが、それなら、チューブ側面のパンクも防いでくれてよさそうです。
側面の穴だって、2.8mmもある大きな穴は見たことがありません。
チューブの側面は走行時に形状変化の大きなところです。
形状の変化が大きいところは、防げないと思ったほうがいいのでしょうか。
これなら、バイクと自転車でスライムの評価が大きく異なることとも整合性が取れそうです。

2018年9月 2日 (日)

面白い故障3台のうち3台目

日が沈み始めていましたので、画像がよくありません。

Kimg2046
Kimg2048

パンと音がしたそうです。

パンク後少し乗られたそうで、僅かにチューブが寄っていましたが、普段の空気圧管理はしっかりされているようで、この自転車では初めての後輪のエアー抜けです。

前回のスライムがらみのバルブ根元剥がれの時は、かなりチューブの擦れ跡もあり、チューブがかなり寄っていたので、スライム起因かどうか確信が持てませんでした。

チェンシン製のブリヂストンブランドチューブで、製造起因のバルブ根元剥がれの可能性も少ないと思いますので、スライムパンク防止剤が、バルブの根元を腐食し剥がれを起こしたものと考えています。

空気圧管理をしっかりされていて、スライムパンク防止剤の恩恵を受けることなく、スライムパンク防止剤の被害を受けられた典型例だと思います。

スライムパンク防止剤が入っていなければ、入れたとしても性能保証期間の2年が過ぎたところでスライムパンク防止剤を抜いていれば、空気漏れも、チューブ交換もなかったのに、残念です。

今年最後のスライムパンク防止剤?」記事や、

でも明らかなように、水に不溶のスライムパンク防止剤の変性物ができ、水洗いしてもチューブ内に残ります。

シュワルベ バルブコア腐食」記事のように、スライムパンク防止剤を抜いたつもりでも、バルブの腐食がおこります。」

スライムパンク防止剤を抜くのは、ホイールの重量を軽くする意味しか感じられなくなりました。

修理時に遭遇したスライムパンク防止剤を抜く作業は、新たな意味が見つかるまで、中断します。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

1980年代カンパアセンブルロード車 24インチロングホイールベース車 Access 業務管理 ANTALES BS LittleFriend BS SUBNADE SPORT CB-700C クロスバイク CULTURE L710 DIGNO F DIY e-コアフィットインシステム GIANT ロード オーバーホール GRAPHIS GR-001J J:COM障害 KHS F-20R LN-3922C MERIDA SCULTURA 400 My Road Racer OCS(セレクター)BB Panasonic Hurryer RakuMatic SPECIALIZED GLOBE VB.net 業務管理 お墓の引っ越し ちょっと変わった自転車 なに? まちなか探検 やぐら返し アット@ランプ エンド精度測定レーザー照準 カセットフリー ギヤ交換可能な軽快車リアハブ グルメ・クッキング ココログ画面カスタマイズ サドル張替え サンヨー エナクル シティクロス作成 シティ車でロードポジション シティ車のメンテナンス シティ車部品でチューブレス化 シンコー SR154(JETDAAIii NEUE) スクーター チューブレスバルブ交換 スタンド スポークカット スライムパンク防止剤 スライムパンク防止剤による腐食実証試験 タイヤの空気圧 ドイツ製?軽快車 PEGASUS ハブダイナモ バルブ根元パンク バンドブレーキの鳴き対策 パソコントラブル パッチ・チューブ割れ パッチ割れ パナソニック ガチャリンコ ピナレロ DOGMA F8 & DA Di2 フライス盤 DRO化 フライス盤据付 フライス盤架台 フライス盤購入 ブレーキ ブロックダイナモ ペット ホームページの修正 ローラーブレーキ 住まい・インテリア 住所基盤データベース 働く自転車の製作 太陽光発電の検討 川越の古い雨樋 日記・コラム・つぶやき 旧車(シティ車)整備 淘宝網でホイール 異物パンクコレクション 籐装飾自転車 自転車 探検! サイト複製 自転車出張修理 自転車技士・安全整備士受験(全般) 自転車技士・安全整備士受験(学科) 自転車技士・安全整備士受験(実技) 自転車組立治具 英式米式兼用バルブアダプター 製造物責任コメント 詐欺メール 調理 軽快車にShimano105アセンブル 郵便番号データの住所入力データ化 金属加工 長寿命虫ゴムの検討 電動アシスト三輪自転車 電動バイク 26インチ中古自転車 KAINZ パンクしにくいクロスバイク

スライムパンク防止剤被害

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

2019パンク原因 累計

  • リム傷
    1
  • バルブ加工不良
    1
  • トップナットの緩み
    2
  • 修理ミス
    4
  • チューブピンホール
    2
  • チューブ劣化
    2
  • タイヤ劣化
    8
  • 虫ゴム部品不良
    1
  • 異物刺さりパンク
    6
  • 原因不明
    3

カテゴリー

無料ブログはココログ

ブログランキング