カテゴリー「籐装飾自転車」の20件の記事

2015年7月 6日 (月)

コッターピン交換終了 完成

暫く電動アシスト3輪車の記事が続きましたが、籐装飾自転車も、少しづつ進捗しています。

フレンチ仕様のコッターピン(9.0mm)が入手でき、打ち替えが完了しました。

テーパー角度が浅いのか、少し頭が残りましたが、
150704_182600
無事にクランクは固定できました。

タイヤに使用感を付ける為、サドルと、ペダルを他の自転車から持ってきて、近場で乗ろうと思ったのですが、サドルは交換できましたが、ペダルはネジがフランス規格の 14x1.25mmでシティ車のペダルは取り付けできませんでした。
150705_131139

ペダルを痛めない様、靴無しで、走ってきます。

ハンドルの固定不足なので、ちょっと慎重に走りました。

ブレーキの効きは今一ですが、ちゃんと止まります。

快適に走ることが出来、リムとミスマッチのタイヤもずれたり、外れたりは起きませんでした。
常用はお勧め出来ませんが、ちょっと近くにお使い程度なら乗って頂いても大丈夫です。

150524_132936150705_165359
       手入れ前                       手入れ後

改めて、前後からです。
150705_165635150705_165730
これで、完了とさせて頂きます。

2015年6月29日 (月)

コッターピンが届きました。

オークションで落札したコッターピンが届きました。

勇んで、取り付けようとしましたが、入りません。

ピンの太さが違います。

こちらが、元のコッターピン
150629_170322
9mmです。

こちらが入手したコッターピン
150629_170133
9.5mmです。

調べたら、9mmのコッターピンはフレンチ仕様だそうです。
ベトナム製の自転車は、フレンチ仕様でした。
フランス製の古い自転車をレストアされている方にとっては、常識だったようで、入手に苦労をされているみたいです。

たまたまでしょうが、フレンチ 9mmと明記されたコターピンが、オークションにでていましたので、速攻で落札しました。

また貴重な勉強をしました。

2015年6月28日 (日)

ほぼ目途が付きました。

随分時間が掛かってしまいましたが、ほぼ目途が付きました。

ペダルが未装着で、コッタピンも未だ付けていませんが、昨日、コッタピンの発送連絡が有りました。

細かなところで、もう少し、手直ししたいところは有りますが、時間のかかる作業は、ほぼ終了です。

150628_173922150628_174030150628_174003150628_183926_2

断念した作業が2箇所有ります。

ハンドルの固定がしっかり締まっておらず、力を加えるとハンドルポストが回ります。
こんな、複雑な籐の巻き方をされている為、ハンドルポストの固定ねじの増し締めは断念しました。
150628_160824

もう一か所は、シートポストの固着です。
150628_160632
サドルを外して、廻りにマスキングテープを貼り、潤滑スプレーを吹いて捩じってみましたが、びくともしません。

ハンドルポストの固定が確実ではない為、乗ることが出来ない自転車のままなのと、交換することで、浮いてしまうのが嫌なのでと色々交換しない理屈を付けて、断念しました。

コッタピンがすんなりとはまってくれれば、来週中にお引渡しが出来そうです。

2015年6月26日 (金)

クランク籐巻 再生

今日は、雨模様で、麻布十番からのパンク修理のご依頼しかなく、

籐装飾自転車のクランクの藤巻を再生しました。

麻布十番のパンク修理は、埼玉県の川越市霞ヶ関の自転車修理屋なんです、「港区自転車出張修理で検索してみて下さい。」とお伝えして、お断りさせて頂きました。

まだ、テープで押さえて有りますが、こんな感じに再生できました。
150626_181022
コッタ^ピンは、まだ届いていないので、古いコッタピンを差し込んでいるだけです。

大きく写しても、あまり粗は見えないと思います。
150626_181054
ぬるま湯で、籐を柔らかくしてから巻きましたが、古くなっていても、籐って丈夫ですね。
結構強く引っ張ったのですが、切れそうな不安は感じませんでした。

チェーンも掛けて、センター出しして、後輪も固定しました。
150626_184148

コッタピンの交換、リヤブレーキ廻りの組立調整、サドル下の櫓の清掃、ハンドルの車輪との直角修正が残る作業になります。

櫓の清掃時に、シートポストの固着が外せるか挑戦しますが、どうなるか楽しみです。

ハンドルの直角修正が、一番難しい作業になるかもしれません。

2015年6月24日 (水)

コッターピン 抜けました

試行錯誤しましたが、コッターピンが抜けました。

但し、この方法は、コッターピンのネジ山を潰してしまう可能性が有りますので、予備のコッターピンが有るか、ネジ山を修正する技術が有る方にしかお勧めしません。

昨日、鋳物のクランプでは、鋳物が負けてしまったので、チャネル用の鍛造クランプを買ってきました。

これでうまくいくかと思ったのですが、
150623_165659
締め上げるネジの頭の部分が首を振って、コッターピンから外れてしまい、力が掛かりませんでした。

ネジの頭削ってテーパーにもしたのですが、ネジが柔らかいのか、やはり滑りました。

平面にしてやって、滑らず、力が掛かりましたが、手でハンドルを回しても抜けません。
目一杯締めあげたところで、締め上げネジのハンドル側を、金づちでコンと叩いてやって抜けました。
150623_183645

コッターピンの頭を見ると、叩いた後が見えます。
150623_183920150623_183935

もう一本をどうするかは、新しいコッターピンが届いてから、検討しますが、外れるべきところは、外れるようにしておくべきかと思いますので、ナットを掛けておいて、クランプで抜く方法を試して見たいと思っています。

2015年6月22日 (月)

ネジ山を潰しました-続報

方針が決まって、コッターピンの交換作業を始めました。

まず手始めに、籐を痛めない為に、藤巻を取り除きます。

ペダルは、抵抗なく、取り外せました。
150622_143215

籐の巻始めと巻き終わりの確認です。
150622_135252150622_140023
こちらが巻き終わり。                 こちらが巻始めと思われます。

しっかり湿らせて、柔らかくしてから外します。
150622_140052
破損することなく、外れました。

ベンチバイスを使って、コッタピンを抜きます。
150622_140711
懐が深くて、コッタピンとネジの頭が、会いません。

ベンチバイスをディスクグラインダでカットします。
150622_140723

ボルトに変えて、締めあげたら、ベンチバイスが壊れました。
150622_142122
ベンチバイスが、粗悪品だったようです。

もう少し、丈夫そうなベンチバイスを探すか、別な工具で使えそうなものを探します。

籐を外したので、クランクの画像を載せて置きます。
150622_143648




2015年6月21日 (日)

コッターピン入手

ネジ山を潰してしまったコッターピンですが、エポキシでのネジ山修復は失敗しました。

修復を諦め、コッターピンの入手に切り替え、某オークションを漁ったところ、手ごろな価格でちょうど出品されているのが見つかりました。

実は、失敗しまして、競ってしまい、少々高い買い物をしてしまいました。

改めて調べ直すと、こちらでまだ販売されています。

宇賀神商會 価格も120円ととっても安かったです。(残念!)

後は、コッタピン抜きですが、こちらのサイトを参考に挑戦してみます。
小型のバイスを使われていますが、丁度我が家にも手ごろな小型バイスが有ります。
今日はもう遅いので、明日、クランクに巻かれた籐を外してから挑戦です。

2015年6月19日 (金)

ネジ山を潰してしまいました。

タイトルのとおり、ネジ山を潰してしまいました。

コッタピンを抜いて、チェーンリングを外して清掃しようとしたのですが、ピンが抜けずにネジ山が無くなりました。
150619_164326

ご覧の通りです。
150619_163100_2

ナットを掛けて叩いたのですが、ナットの掛かりが浅かったようです。申し訳ありません。

Devconという肉盛り用の2液エポキシを使って、ネジ山を修復します。150619_165054

クランク側にマスキングして、ナットにはシリコンスプレーを剥離剤にして吹き付け、ネジ部にDevconを盛り、ナットを掛けました。
150619_164347150619_165028
明日の朝、ナットを外して、ネジの修復を確認します。

チェーンリングは、取り外さずの清掃で済ませました。

2015年6月16日 (火)

ブレーキワイヤータイコ規格違い

ブレーキを外して錆を落とし、前籠も取り外して清掃しました。

ブレーキは、雨に当たっていなかったのか錆は浅く、それなりに輝きが戻りました。

前籠も、籐特有の艶が少し戻りました。

併せて、錆と端末処理が気になっていたブレーキワイヤを交換しようとして躓きました。

タイコの径が違います。
150616_174321
下がオリジナルのブレーキワイヤ、上は国内で入手できる普通のブレーキワイヤです。

150616_174413150616_174555
使われていたのは6.1mm            国内品は6,9mm です。

一生懸命、ヤスリ掛けして、6.8mmまで削ったら、入りました。
150616_174505
150616_174039

ベトナム(旧フランス領)製との事でフランス規格なのでしょうか?

2015年6月15日 (月)

フレーム清掃作業中です。

水と、エタノールと、オキシドールを使ってのフレーム清掃作業中です。

以前に、スタンドの籐折れの補修記事を書きましたが、接着法を明示していなかったので、画像をアップしておきます。

150615_173151

折れた部分を十分に湿らせた後、木工ボンドを塗り、マスキングテープで籐を固定します。150615_173514

今の時期でも、2~30分放置すれば、接着が完了します。
接着後の画像を撮ろうとしたら、くっ付いていませんでした。
なるべく、糊を表面に出したくなくて、ケチった所為です。

再度接着のやり直しです。

2015.06.16追記
接着できました。
150616_125059

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

1980年代カンパアセンブルロード車 24インチロングホイールベース車 Access 業務管理 ANTALES BS LittleFriend BS SUBNADE SPORT CB-700C クロスバイク CULTURE L710 DIGNO F DIY e-コアフィットインシステム GIANT ロード オーバーホール GRAPHIS GR-001J J:COM障害 KAMUI NUPRI KHS F-20R LN-3922C MERIDA SCULTURA 400 My Road Racer OCS(セレクター)BB Panasonic Hurryer RakuMatic SPECIALIZED GLOBE VB.net 業務管理 お墓の引っ越し ちょっと変わった自転車 なに? まちなか探検 やぐら返し アット@ランプ エンド精度測定レーザー照準 カセットフリー ギヤ交換可能な軽快車リアハブ グルメ・クッキング ココログ画面カスタマイズ コルナゴAIR2012model サドル張替え サンヨー エナクル シティクロス作成 シティ車でロードポジション シティ車のメンテナンス シティ車部品でチューブレス化 シンコー SR154(JETDAAIii NEUE) スクーター チューブレスバルブ交換 スタンド スポークカット スライムパンク防止剤 スライムパンク防止剤による腐食実証試験 スライムパンク防止剤関連 タイヤの空気圧 ドイツ製?軽快車 PEGASUS ハブダイナモ バルブ根元パンク バンドブレーキの鳴き対策 パソコントラブル パッチ・チューブ割れ パッチ割れ パナソニック ガチャリンコ ピナレロ DOGMA F8 & DA Di2 フライス盤 DRO化 フライス盤据付 フライス盤架台 フライス盤購入 ブレーキ ブロックダイナモ ペット ホームページの修正 ローラーブレーキ 住まい・インテリア 住所基盤データベース 働く自転車の製作 太陽光発電の検討 川越の古い雨樋 日記・コラム・つぶやき 旧車(シティ車)整備 淘宝網でホイール 異物パンクコレクション 籐装飾自転車 自転車 探検! サイト複製 自転車出張修理 自転車技士・安全整備士受験(全般) 自転車技士・安全整備士受験(学科) 自転車技士・安全整備士受験(実技) 自転車組立治具 英式米式兼用バルブアダプター 製造物責任コメント 詐欺メール 調理 軽快車にShimano105アセンブル 郵便番号データの住所入力データ化 金属加工 長寿命虫ゴムの検討 電動アシスト三輪自転車 電動バイク 26インチ中古自転車 KAINZ パンクしにくいクロスバイク

スライムパンク防止剤被害

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

自転車出張修理のブログ

カテゴリー

無料ブログはココログ

ブログランキング