カテゴリー「日記・コラム・つぶやき」の353件の記事

2017年7月19日 (水)

仏式バルブアダプター

仏式(フレンチ)バルブの自転車をプレゼントされ、ポンプが一般用のポンプしかないと、英式のアダプターを購入されて空気を入れようとしたが、空気が入らないとのご依頼でした。

市販の仏→英アダプターでは、パッキンを装備したものはほとんどなく、ネジの部分から空気が漏れて必要な圧まで空気が入りません。

空気漏れを防ぐためにネジ部にシールテープを巻いてみたのですが、バルブ側のネジとしっかり密着せず、アダプターを取り外して使うと数回の寿命しかなさそうでした。

今回は、仏→英ではなく、パナソニックの仏→米アダプターを使っていただくことにしました。
パナソニックの仏→米アダプターは入手性の良い仏式アダプターで、シールゴムが装着されているのでそれなりの圧力まで一般用の空気入れでも空気が入ります。

ただ、口金を外せる空気入れでないと使えないので、すべてのお客様が使えるわけではないのが難点です。

私の知る限りですが、扶桑精器株式会社さんが、仏→英アダプターでパッキン入りを作られています。
http://www.fuso-seiki.com/seihin/
のフレンチ(仏式)アダプタ/アルミ製です。

ただ、扶桑精器株式会社さんのオンラインショップでも掲載はないので、購入方法を問い合わせています。

2017年7月15日 (土)

今日は休養日

今日は三連休の初日の所為なのか、ご依頼は一件もなしで、完全休養日です。

メール公開の下書きは、概ね出来上がり、修理済み案件の経理入力や夏用ヘルメットの購入手配などを済ませ、のんびり一日を過ごさせていただきました。

夏用のヘルメットは、価格とベンチレーション性を考慮に入れて

リード工業 SJ-8 ジェットヘルメット を選択しました。

涼しく乗れるかどうか楽しみです。

2017年7月14日 (金)

ブログの下書き作成中

今日は、20日のサイクルベースあさひさんとのやり取りのメールを公開するためのブログの下書き作成にほぼ一日費やしました。

基本的には、メールの全文公開なのですが、過去に書いたブログ記事との関連を書き加えています。
ブログには記載しなかったやり取りも有ったり、一度公開して削除した経過なども踏まえながら、なるべく見通しが良い記事にすべく、補足のためのリンクサイトを作ったり、結構悩んでいます。

非難、中傷の記事ではなく、サイクルベースあさひさんへの提言と受け止めてもらえる内容になってくれれば、私を含めた修理・販売店、お客様、サイクルベースあさひさんみんなが幸せになれるのですが

こんな大げさなことを書いてしまったので明日も記事の推敲に時間を費やしそうです。

今日は、空気圧不足でのチューブ折り目パンクの修理のみです。

2017年7月13日 (木)

雑感

昨日の回答メール公開宣言以来、もやもやしていた気持ちが少し晴れ晴れしてきています。

昨日は、錠交換2件、パンク修理が出来なかったためのチューブ交換、700cチューブ交換のレクチャー、パンク修理2件

今日は、パンク修理、パンク修理とブレーキワイヤー交換、パンク修理と、もう一台の泥除け変形の修正、パンクチェック、パンク修理

でした。

なるべく日陰を探して水分もこまめに補給して熱中症対策はしているつもりですが、かなり記憶があいまいで、やったことを思い出すのに一苦労です。

バイクで走っている時は、体は涼しさを感じるんのですが、ヘルメットの中が熱いです。

夏用に涼しいヘルメットを探さないといけません。

2017年7月12日 (水)

電子メール公開の覚悟

昨年12月にサイクルベースあさひさんにスライム(パンク防止・修理剤)入りチューブでバルブ腐食によるパンクが有り、お客様がバルブ腐食の危険性について販売時に説明を受けられていなかった場合、サイクルベースあさひさんに修理費用を請求したいと問い合わせしたのが発端で、それも含めて三度のメールでのやり取りをしました。

『弊社の許可なく回答の内容の一部または全部を転用・二次使用し、開示することは、かたくお断りします。 』の断り書きが有り、メールでの回答は一瞬公開してすぐに削除し、その後は公開しないまま今日に至りました。

著作物の公開権侵害や、プライバシー侵害、名誉棄損の罪に問われる危険性を考え躊躇していたのですが、電子メール公開の可否?サイトに記載のように免責を主張することが出来たこと、裁判になっても受けて立つ覚悟が出来たことから、サイクルベースあさひさんに公開に当たっての下記の問い合わせをしました。

『埼玉県川越市にて「サイクルメンテあのこら」という屋号で自転車の出張修理を営んでおります。
以前に、品質保証対象外のスライム入りチューブにつきまして、バルブ腐食によって起こったパンク修理費用を御社に請求したいと大変失礼な問い合わせを致しまして申し訳ありませんでした。
その後は、お客様から修理費用は頂いております。

問い合わせて、御社から頂いた回答につきましては、公開の許可を再三お願いいたしましたが、許可いただけず、「弊社の許可なく回答の内容の一部または全部を転用・二次使用し、開示することは、かたくお断りします。 」に従って、一瞬ですが公開したブログは削除し、今日まで公開を控えておりました。

http://www.anocora.com/cyclemainte/product/index.htmlに記載の通り、免責の要件に合致すると判断できたこと、たとえ裁判になっても受けて立つ覚悟が出来たことから、7月20日を目途で公開させていただくことといたしました。
公開に当たって、追加を望まれる回答がございましたら、7月19日までにご連絡を頂きたく、お願いいたします。

以前にもお伝えしましたが、
公開先のアドレスは、
http://anocora.cocolog-nifty.com/
です。
削除を要請されるなら、 https://support.nifty.com/support/madoguchi/html/form_inform.htm
が権利侵害の申し立て窓口となります。』

結局、メール公開の可否判断は明確には出来ませんでした。
必要だったのは、自分の覚悟だけでした。

このブログでの宣言通り、7月20日のブログで、サイクルベースあさひさんとのやり取りを公開します。

2017年7月 6日 (木)

電子メール公開の可否? -2

お客様相談室からの回答メールについて、著作物性を考えてみました。

 例えばですが、

社内に、想定問答集のような回答マニュアルが有って、それに基づいて回答を作成しているとしたら、想定問答集は著作物でしょうが、回答メールには創造性はなく著作物に当たらない?

同様の質問が数多くあって、同じ回答を返していたら、公開済みの著作物になり公開権は喪失している?

著作物だとして、著作権の帰属は、企業?担当者?

何かヒントが有るかと見直した、サイクルベースあさひさんの問い合わせのトップページにこんな注意書きを見つけてしまいました。
Toiawasehome
しっかり公開は許諾をとってからと記載されています。

実は、こちらの問い合わせフォームの記載しか見ていませんでした。
Toiawaseform

一方的な契約通知とみれば、契約を承認したわけではないと言い訳できそうですが、もう少しまともな突破口を探したいです。

問い合わせ内容を社内で共有していることを考えると、企業としての対応であり、企業としての著作物としないと整合性が取れないですね。
企業が著作権を持っているとすると、公益性との兼ね合いで突破口が有るような気がします。

前回の判例についても、何故、メールについての著作権を基に争ったものが少ないのか、問い合わせメールが公開された例がないのか、公開されていていても企業側が提訴しないのかこのあたりも調べる価値は有りそうです。

著作権法に目を通し始めましたら、

   第二章 著作者の権利

    第一節 著作物

第十条  この法律にいう著作物を例示すると、おおむね次のとおりである。
  小説、脚本、論文、講演その他の言語の著作物
 
  音楽の著作物
 
  舞踊又は無言劇の著作物
 
  絵画、版画、彫刻その他の美術の著作物
 
  建築の著作物
 
  地図又は学術的な性質を有する図面、図表、模型その他の図形の著作物
 
  映画の著作物
 
  写真の著作物
 
  プログラムの著作物
  事実の伝達にすぎない雑報及び時事の報道は、前項第一号に掲げる著作物に該当しない。  

第十条の2の条文を見つけました。
  この条文に照らせば、企業のお客様相談室からの回答は著作物に該当しないといえそうですが、この条文に言及した判例が有りませんので、早とちりはしない方が良さそうです。

2017年6月26日 (月)

生涯初の生きた玉虫

朝一のご依頼にお伺いする時に見つけました。

66年の生涯で初めての生きている玉虫です。

ほんの短い動画です。

捕まえて、飼ってみようかと一瞬考えましたが、やめて撮影だけにしました。

*をクリックして、画質 360Pでご覧ください。

2017年6月24日 (土)

電子メール公開の可否? -1

遠吠えではしょうがないので 」の記事で行った、サイクルベースあさひさんとのスライムに関する問い合わせ、回答メールは、未公開(一瞬公開して削除しました)のままです。

頂いたメールには『弊社の許可なく回答の内容の一部または全部を転用・二次使用し、開示することは、かたくお断りします。 』との記載があり、この記載が、法的に有効で公開することで何か罪に問われる可能性が有るのか、どうもはっきりしないからです。

スライム(パンク防止・修理剤)によるバルブ腐食の責任の所在を明確にして戴けないまま一方的に打ち切られたため(ひょっとするとこれも、要約として著作権保護に引っかかるのかもしれません。)、私の中で未消化のまま引きずっています。

公開するための根拠を探していて、メールの著作権を争った判例は平成25年3月21日東京地裁判決の一件だけだそうですが、手紙では5件の著作権に関する判例が有ることが分かりました。

詳細は、不明なものも有りますが、判例について以下のサイトで論じられていました。

岡山商大社会総合研究所報 第21写 ’2000年lO月
演習2 電子メール公開の違法性?一般法律学講座
手紙やメールの著作物性知財渉外

岡山商大 一般法律学講座 知財渉外
平成8年4月26日高松高裁判決
(判例タイムズ926号p207)
著作物性を否定 著作物性を否定 著作物性を否定
平成12年5月23日東京高裁判決
 三島由紀夫の手紙
著作物性を肯定 著作物性を肯定 著作物性を肯定
平成16年12月16日大阪地裁判決 --- 著作物性判断無し ---
平成18年2月28日知財高裁判決 --- 著作物性判断無し ---
平成22年3月19日名古屋高裁判決
平21(ネ)688号
--- --- 著作物性を肯定
平成25年3月21日東京地裁判決
平成24年(ワ)第16391号
--- --- 著作物性を肯定

岡山商大のレポートは、高松地裁の著作物性を否定した判決も疑問視しており、

{わが国の従来の著作物性の判断基準を前提とするかぎり,それだけでも著作物性を認めてよいケースではなかったかと思われる。
ところが, 高松高裁の判決は著作物性の判断基準を厳格に解釈し, 「本件手紙の表現形態からみて,このような意味の独自性があるものとして法的保護に値する『創作的に表現したもの』と解することはできない。したがって,本件手紙は著作権法による保護を受けるべき著作物(同法2 条1 項1 号,10条1 項1 号) ということはできないと解するのが相当である」と述べて,手紙の著作物性を否定した。}

その後の判例を見ても、著作物性を肯定されているので、手紙やメールは著作物とみるのが妥当なのかもしれません。

更に

{一般的に,手紙は著作者である差出人と,その受取人である名宛人との間のコミュニケーションの一手段であり, そこに表現される内容は両当事者のみが共有する私的な情報であって,通常は公表されることを予定しているものではない。憲法上も,基本的人権のひとつである表現の自由を実効あるものにするために通信の秘密(21条2 項後段)が保障されている。手紙は差出人と名宛人の両当事者間で取り交わされるものであり, 法理論的に名宛人は手紙を受け取ることによってその所有権を取得するが,著作物としての手紙に関する著作者人格権と著作権は,著作者である差出人に留保されることになる。}

と書かれています。

サイクルベースあさひさんからの回答以外の断り書きとして

「重ねてのご案内となりますが、弊社からの回答は南様個人に向けた内容です。
弊社の許可なく回答の内容の一部または全部を転用・二次使用し、開示することは、かたくお断りします。 」

「個人に向けた回答」との断り書きは、前述の「私的な情報」を意識して書かれたもののような気がしてきました。

今調べていて、分かったといえるのは、この程度の範囲です。
判例も、公的な性格を持つ企業からの回答についての物はなく、今回のようなお客様相談室からの回答についての著作権の明確な判断は見つけられていません。

個人間の私信については、プライバシー保護という観点は理解できるのですが、法人にも同様のプライバシーの保護が適用されるのか等、もう少し知見を拡げようと思っています。

2017年6月 3日 (土)

タイヤの性能保証

自転車の保証規約を見ると、タイヤ・チューブを保証外としたものが多いです。

ハヤサカサイクルのページに、ブリヂストン、パナソニック、ヤマハの電動アシストの保証規約がアップされていました。

以前に受験用に購入した自転車の保証はタイヤ・チューブも通常の摩耗は対象外としていますが、保証対象外の部品にはタイヤ・チューブは含まれていませんでした。
http://anocora.cocolog-nifty.com/blog/2016/12/post-34c7.html

自転車のタイヤ・チューブに保証を求めようとすると、JISマークの付いたタイヤを求めるしかなさそうです。

JIS K6302
Tire

今のところ、JISマーク付きのタイヤはシンコー製しか見つけられていません。

このページに、見つかったタイヤを追記していきます。

JISC 日本工業標準調査会認証取得者一覧です。

認証取得者一覧
認証番号名称認証年月日住所電話番号
CEID08001 P.T.Industri Karet Deli 2008/09/22 Jalan K.L.Yos Sudarso Km.8.3 Medan 20241 Indonesia 62-61-6612611 
CRCN08005 錦州新興橡翏製品有限公司(Jinzhou Xinxing Rubber Production Co.、Ltd) 2008/09/30 中國 遼寧省 錦州市 經濟技術開發區 杏山鎭(Jinzhou Economic Development Experiment Zone, Xingshan Town Liaoning Prov.P.R, China) 86-416-7900661 
CRID08001 インドネシア株式會社興亞(P.T HUNG-A INDONESIA) 2008/09/19 インドネシア ジャワベカン現代國際産業地域 C-5(HYUNDAI INTL, INDUSTRIAL ESTATE BL C-5 BEKASI WEST JAWA, INDONESIA) +62-21-897-2071 
KSTH08004 VEE RUBBER CORPORATION LTD. PLANT1 2008/08/13 924 RAMA IX ROAD, BANGKAPI, HUAY KWANG, BANGKOK 10310, THAILAND 66-3446-8901 
KSTH08007 VEE RUBBER CORPORATION LTD. PLANT2 2008/08/13 924 RAMA IX ROAD, BANGKAPI, HUAY KWANG, BANGKOK 10310, THAILAND 66-3483-9152 
KSVN14007 H.A TIRE VINA Co., Ltd. 2015/03/06 Lot No.. 47-1, 47-2, 47-3 D11 Road, PHUOC DONG INDUSTRIAL PARK, PHUOC DONG, GO DAU, TAY NINH PROVINCE, VIETNAM 84093-385-0172 


シンコーのタイヤの認証番号はCRCN08005なので、シンコー関連の中国工場製となります。

国内でJIS認証を受けているタイヤ生産工場は有りませんでした。

2017年6月 1日 (木)

表札を貼りなおしました。

開業してから4年目で剥がれ落ちたままになっていた「サイクルメンテあのこら」の表札をようやく貼りなおしました。

ポストも10年目で塗装面の艶が無くなり、ほこりだらけだったのですが、メラミンスポンジで弱った塗膜と汚れを取ってクリアーを掛けました。

Kimg0715

時々、自転車を持参してこられるお客様にも、少しは目印になるかと思います。

これからもよろしくお願いいたします。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

1980年代カンパアセンブルロード車 | 24インチロングホイールベース車 | Access 業務管理 | ANTALES | BS LittleFriend | BS SUBNADE SPORT | CB-700C クロスバイク | CULTURE L710 | DIGNO F | DIY | e-コアフィットインシステム | GIANT ロード オーバーホール | GRAPHIS GR-001J | J:COM障害 | KHS F-20R | LN-3922C | My Road Racer | OCS(セレクター)BB | Panasonic Hurryer | RakuMatic | SPECIALIZED GLOBE | VB.net 業務管理 | お墓の引っ越し | ちょっと変わった自転車 | まちなか探検 | やぐら返し | アット@ランプ | エンド精度測定レーザー照準 | カセットフリー | ガチャリンコ互換錠 | ギヤ交換可能な軽快車リアハブ | グルメ・クッキング | ココログ画面カスタマイズ | サドル張替え | サンヨー エナクル | シティクロス作成 | シティ車のメンテナンス | シンコー SR154(JETDAAIii NEUE) | スクーター チューブレスバルブ交換 | スタンド | スポークカット | スライム(パンク防止・修理剤) | タイヤの空気圧 | ドイツ製?軽快車 PEGASUS | ハブダイナモ | バルブ根元パンク | バンドブレーキの鳴き対策 | パッチ・チューブ割れ | パッチ割れ | パナソニック ガチャリンコ 付きジャンク | ピナレロ DOGMA F8 & DA Di2 | フライス盤 DRO化 | フライス盤据付 | フライス盤架台 | フライス盤購入 | ブレーキ | ブロックダイナモ | ペット | ホームページの修正 | ローラーブレーキ | 住まい・インテリア | 住所基盤データベース | 働く自転車の製作 | 太陽光発電の検討 | 日記・コラム・つぶやき | 旧車(シティ車)整備 | 異物パンクコレクション | 籐装飾自転車 | 自転車出張修理 | 自転車技士・安全整備士受験(全般) | 自転車技士・安全整備士受験(学科) | 自転車技士・安全整備士受験(実技) | 自転車組立治具 | 詐欺メール | 調理 | 軽快車にShimano105アセンブル | 郵便番号データの住所入力データ化 | 金属加工 | 長寿命虫ゴムの検討 | 電動アシスト三輪自転車 | 電動バイク | 26インチ中古自転車 | KAINZ パンクしにくいクロスバイク

スライム(パンク防止・修理剤)被害低減プロジェクト

スライム(パンク防止・修理剤)被害低減プロジェクトに至る経過

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

カテゴリー

川越市自転車シェアリング

Active Safety Project

雨雲

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ブログランキング