« 古物商許可申請準備 | トップページ | スライム+耐パンクタイヤ »

2019年4月16日 (火)

法務局に行ってきました。

昨日のお約束通り、法務局に行ってきました。

手続きはあっけなく終わり、被後見人又は被保佐人不該当登記事項証明書は10分ほどの待ち時間で終わりましたが、戸籍課の場所が見つからず案内してくれる人もいなかったので、探すのにちょっと手間取りました。

法務局に行く前に、身分証明書の送付依頼も郵送しましたので、後は身分証明書の到着待ちです。

これまでにかかった費用が
住民票 200円
身分証明書 300円(広島市)定額小為替料金 100円 切手代82円x2
被後見人又は被保佐人不該当登記事項証明書 300円 交通費490円X2
2044円で
古物商の許可申請が19,000円掛かります。

古物営業許可を貰って、中古自転車の買い取り販売ができると思えば、バイクでの出張修理が出来なくなっても、中古自転車販売で商売はできそうです。

今日のパンク修理は
後輪のチューブピンホールが一件です。

« 古物商許可申請準備 | トップページ | スライム+耐パンクタイヤ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

あのこらさん
古物営業の申請手続きは難しくて…申請準備で大変なんだと思ったら
現段階では順調ですね。
管轄の警察署に行って申込書に記入して手続きと思ったら前段階の準備が大事なんですね。

これで【自転車】買取販売や委託も可能なら出張修理以外の商売の広がりが可能ですね。
(*^-^*)
取得までまだ掛かりそうですが…
電動中古自転車の委託、代理販売?のコメントで名無しさんが古物商の有無で危惧され頂けたコメントは有難いですね!
(^-^;

力太郎さん コメントありがとうございます。

まだ書類の提出はしていないので、記載の不備があるかもしれませんが、埼玉県県のサイトには記入マニュアルもあって、マニュアルに従えば完成できる?感じでした。

添付書類の準備の方が、本籍が現住所ではなかったり、法務局に行く必要が有ったりで手間が掛かっています。

始めた時に古物の営業許可を取ろうかと考えたこともあるのですが、店売りと出張の両立は難しいと取得しませんでした。

スライムパンク防止剤の廃棄の時と同様、知らずに法律に抵触するところでした。
感謝しています。

お、新しい挑戦ですね。
もうこれでいいと思わないで、チャレンジし続けるあのこらさんらしいですね。
ブログを読んでいると、いろいろ勉強になります。 (*^ω^*)

トンサンさん コメントありがとうございます。

何も知らずに、進もうとしているだけです。
ご指摘くださる方がいるのが、うれしいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 古物商許可申請準備 | トップページ | スライム+耐パンクタイヤ »

スライムパンク防止剤被害

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

2019パンク原因 累計

  • ニップル穴パンク
    1
  • 器物損壊パンク
    3
  • タイヤ擦れ
    1
  • バルブ腐食
    1
  • サイドカット
    1
  • バルブ脱落
    1
  • バルブ根元パンク
    1
  • スライム虫ゴム劣化
    1
  • パッチ下チューブ割れ
    2
  • ニップルパンク
    1

カテゴリー

無料ブログはココログ

ブログランキング