« タイヤ外れでバースト? | トップページ | 劣化パンク2台 »

2019年3月 6日 (水)

雨滴防止カバー取り付け

シール材と、両面テープで固定して、雨滴防止対策をしたバンドブレーキを取り付けました。

Kimg2611
Kimg2613
Kimg2614

今夜からまた雨のようなので、水抜き穴は開けていませんが、結果が楽しみです。

カバーがわずかですがスポークに当たって擦れ音がしますが、走行に支障がありませんので、無視することにします。



« タイヤ外れでバースト? | トップページ | 劣化パンク2台 »

シティ車でロードポジション」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
雨滴対策のカバーはよくできていますね。作り方も
よく考えられていると思います。

・・で、素人の考えですが、進行方向に穴が開いているので、
雨滴は入りやすいと思います。
仮にホイールを左右逆に入れると、ワイヤー側はフロント
フォークの裏側に来ますので、多少は雨滴が入りにくく
なるかと思います。
 ダメでしょうか?? (^^ゞ 

アンコウさん コメントありがとうございます。
多少は改善されましたが、昨日の雨はブレーキ内部に入りました。
スポークやハブに当たった雨は、跳ねてドラム部分から入ってしまうようです。
ドラム部分にカバーをすると放熱が悪くなりそうで、雨滴防止は諦めます。

雨が入る前提で、水抜きを追加工しようと思います。

そうですね、逆にすれば、自己サーボ効果もなくなりますから、90mmドラムでも前輪ロックから逃げられるかもしれません。
制動力が鰓得るか、試してみます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雨滴防止カバー取り付け:

« タイヤ外れでバースト? | トップページ | 劣化パンク2台 »

スライムパンク防止剤被害

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

自転車出張修理のブログ

2019パンク原因 累計

  • ニップル頭引きずりパンク
    1
  • 空気なし放置パンク
    1
  • ニップル穴パンク
    1
  • 器物損壊パンク
    4
  • タイヤ擦れ
    1
  • バルブ腐食
    1
  • サイドカット
    1
  • バルブ脱落
    1
  • バルブ根元パンク
    1
  • スライム虫ゴム劣化
    2

カテゴリー

無料ブログはココログ

ブログランキング