« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

2018年12月の31件の記事

2018年12月31日 (月)

ディレイラーテンションスプリング取り付け不良?

大晦日ですが、チェーン外れのご依頼がありました。
合わせてブレーキの音がするとの事でした。

チェーンは調整代がなく、2駒切って繋ぎなおしです。
ブレーキシューは、すり減って船金具が当たっていたので交換です。

チェーン外れの原因にもなったと思われるBBのガタがあり、開けてみたら、左のリテーナー破損とグリス切れです。グリスアップとリテーナー交換をして、ホイールの確認をしたら振れが有ります。2本のスポーク折れがありました。

各部注油しておいたので、年明けからは気持ちよく乗って頂けると思います。

続いて、2台のパンク修理のご依頼です。
一台は、バルブ根元のパンク、バルブ剥がれではなく、バルブベースに亀裂がありましたが、穴あきパッチとタイラップで対処できました。

もう一台は、暫く乗られていなかったとのことで、若干の空気は残りは有ったので、虫ゴム交換と各部の点検です。

変速のチェックをすると、ディレーラーのガイドプーリーがスプロケットに当たります。
チェーンの通し方に問題はなく、テンションスプリングが利いていませんでした。
307020097_1_2
本来、こんな形ですが、取り付け金具の首が立った状態でした。
307020097_2
お絵描きツールで遊んでみました。

ターニーの6速ディレーラーで、Eリングを外せれば、何とかなりそうだったのですが、外せる自信が持てる道具が有りませんでした。
お客様に、状態をお伝えして、修理断念です。

多分、これで今年の仕事納めです。

知恵袋で回答させていただいたものです さんへ

今年のブログを振り返ると、あなたとの製造物責任についての議論が一番大きな出来事でした。

かみ合わない議論でしたがそれなりにあなたの考え方は理解できた気がしています。

おかげで、結果が出るかどうかは分かりませんが、実証試験なども始めました。

読み返してみて、

「ただ、あなたの問題追及の方向性についてはかなり疑問を持ちましたので、知恵袋で意見させていただきました。
もう少し冷静に、どのような手法で問題を提起していくのが社会的な利益があるのか、考えてみたらいかがでしょうか?」

については、ほとんど議論ができず、勝手にあなたの真意はなどと推測した記事を書きましたがちょっと心残りです。

こうした方が良いのになどのお考えや、具体的な疑問点を改めてコメント頂ければ幸いです。

2018年12月30日 (日)

今年最後のスライムパンク防止剤?

パンクかも?というご依頼だったのですが、チューブ交換に合わせてのタイヤ同時交換になりました。

もしご覧になっていたら、サイクルベースあさひさんの社員の方にお尋ねします。
チューブの折れもなく、擦れ跡もありません、がこのチューブの外観は交換を勧めるレベルですか?
Kimg2499
私にとっては、まだまだ使いたいレベルの外観でした。

持ち帰ってからカットして内部を確認しました。
Kimg2500Kimg2501

なんだかわかりますか?
Kimg2502Kimg2503

サイクルベースあさひさんで、自転車購入時に勧められた、スライムパンク防止剤です。

さっと流しても、しっかり水洗いしても
Kimg2504Kimg2518

バルブの穴が詰まったままです。
バルブコアがセットできず、チューブを交換するしかありませんでした。

こんな商品を、お客様にしっかりと点検の必要性や、2年間の性能保証期間、バルブ腐食の可能性を説明せずいつまで売り続けられのですか?
販売されるのは構いませんが、安心と引き換えのデメリットもしっかり説明して売ってください。

蛇足ですが、ついでに、バルブ根元の状態も確認しました。
流水で洗っても、スライムパンク防止剤が変性したものが、こびりついて取れません。
Kimg2507
不溶性の生成物は、腐食の実証試験でも確認できています。

曲げてみたら、バルブの根元がはがれかかっているのが分かります。
Kimg2515

今回腐食していたバルブです。
Kimg2493_2Kimg2497

珍しくフォーカスが合ったので、ついでです。

2018年12月29日 (土)

ハブ軸玉押し緩み?

タイヤ交換でお伺いしタイヤ交換後組み上げたら、ホイールの回転が重くなりました。

外装変速の後輪のタイヤ交換で、いつもと違っていたのは、エンドの幅が広がっていたので、ハブ軸のナットをある程度締めてから、ブレーキの位置を時計方向に回して固定したことです。

理由がわからず、再度組みなおそうと外して回転を確認したら、ハブ軸が回らないほど玉当たりが強くなっていました。

ブレーキ側のダブルナットがきっちりと締まっておらず、共回りする状態でした。

ブレーキを回したことで、ハブコーンが一緒に回ってしまったようです。

玉当たりの調整もしっかりとって、ついでにグリスも補充して組み上げましたが、今度は軽く回りました。

いつもは、ブレーキを位置決めしてからハブナットを締めるのですが、先にハブナットを締めたのが間違いでした。

スループット低下

Photo

2018年12月28日 (金)

ちょっとラフですが、後輪のバランス取り完了

年末が近づいて、あまり広げっぱなしにもできないので、チャチャっと後輪のバランス取りを終えました。


ちょっと錘が重くて、貼り付け位置も微妙にずれています。

グリスを入れて、
Kimg2486

シールも付けて
Kimg2487Kimg2488

玉押しには、1/16回転ぐらいですが与圧を掛けています。

当然ですが、どの位置でも振り子にはならずに停止します。

これで、少しですが部屋が片付きます。

2018年12月27日 (木)

ベアリング球の虫食い

電動アシスト自転車のパンク修理のご依頼でした。

バルブのトップナットの緩みのようでパンクはしていなかったのですが、回転のチェック中にスポーク折れと、ハブからの異音とガタつきに気づきました。

ハブは、内装三段です。

玉当たりの調整をしてみましたが、ゴリゴリと嫌な手ごたえです。

リテーナーを取り出してみると、形は保っていましたが、ベアリング球がこぼれます。
Kimg2480

ベアリング球にも全部ではありませんが、虫食いが有りました。
Kimg2481

内装三段のハブについては、メンテフリーの感覚だったのですが、電動アシストに使われるとメンテフリーとはいかないようです。

2018年12月25日 (火)

グリセロールの不溶化?

上部に滞留している繊維層から色が抜けて来ました。
液体が抜けてきているの合わせた変化のようです。

なので緑の色素は水溶性かグリセロール溶性のものと考えられます。

液体の部分は、緑の色調が鮮やかな緑から濃い緑に変化しているように感じます。
Phが変化しているのか、金属イオンの影響が出ているのか詳細は分かりません。

色調よりも変化が明確なのは、液の透明度です。
繊維は殆ど上部に残っているので、アタパルジャイト(粘土の一種)のせいで液が不透明になっていたと考えられるのですが、沈殿したのか、何かと反応したのか、液中からは徐々に除かれているようです。

更に液の粘度が下がり流動性が増しているようです。
粘度は、グリセロールによって付与されていたもので、そのような事例は見つけられていないのですが、グリセロールが不溶化して液中から除かれているようです。
予備実験時のバルブ周りの固着物が不溶化したグリセロールとアタパルジャイトの反応物か混合物と考えると透明化と粘性の低下の説明がつきます。

右の何も加えていないスライムパンク防止剤の色、透明度、繊維やラテックスの分散には変化が有りませんので、バルブコアの存在が影響しているのは間違いのない事実です。

思ってもいなかった変化をしていますので、観察していて飽きません。
この実験で、バルブコアに腐食が起きるかどうかは分かりませんが、スライムパンク防止剤とバルブコアの間で何らかの反応が起きるのは明らかになりました。

変化の状況はこちらのサイトでご覧いただけます。

後輪タイヤのバランス調整

後輪にタイヤを付けてのバランス取りをしています。

休業日で、日差しもあり、ゆったりした気分です。

今日はバランス取りの詳細を記述しておこうと思います。

1.最大重量点を探す。
Kimg2460_2Kimg2462

ハブ軸から、重りをつるして、最大重量となっているポイントを調べます。

タイヤにマーキングします。
Kimg2463
ハブ軸のベアリングの玉当たりは与圧が掛かっていない状態で、グリスも抜いていますが軽快車用のハブでは何度かホイールを回して、確認が必要です。

ハブ軸を通る反対側が最軽量点でここが重りを貼る中心点になります。
何度か確認したので、マーキングが複数あります。
Kimg2464

2.補正重量の確認

一円玉2枚では、追加した部分が下がります。
Kimg2471_3

一枚では軽いです。
Kimg2468_2

3.補正重量と貼り付け位置の確定
Vパッチを切り出して最適点を探しながら、重さを調整します。
1.5gの重りで、この位置で良さそうです。
Kimg2473

こんな風に、最重量点がずれているのは、重りを貼る位置がずれています。
Kimg2472_2

4.重りの貼り付け
タイヤの内側に、ゴムのりでパッチを貼りつけます。
Kimg2478Kimg2479

失敗でした。空気を入れると、バランスが狂います。

チューブが膨らんだ状態でないと、最重量点がずれています。
明日以降、空気を入れた状態でやり直しです。




2018年12月22日 (土)

前輪バランス調整終了?

完全なバランスではありませんが、このぐらいでバランス調整は終了です。

タイヤのバランス調整で10gのVパッチをタイヤの接地面の内側に貼りました。

ホイールのバランス調整で4gの重りを貼ったので、14g重くなりました。

上手く、タイヤの重さの偏りを使ってやれば6gの重量増で済んだはずですが、今回は、タイヤのローテーションも考えていたので、それぞれでバランスを取りました。

中古タイヤでの試行でしたが、タイヤのバランスが取れていないのがよく分かりました。

カーカスの重なり部分なのかもしれませんがリムの方がしっかりバランスを考慮して作られているようです。

2018年12月20日 (木)

タイヤとブレーキ

昨日の古タイヤの切断作業中に、まだ使えそうな中古タイヤを見つけました。

BSのタフロードと完全にスリックになったイノーバのタイヤです。
Kimg2452_2Kimg2451

タフロードが510gぐらいで

Kimg2455Kimg2454

イノーバが470gぐらいです。

今まで、タイヤのバランスをとっていたのがBSの無印でこれも400g台です。
ただ、空気を入れてみるとタイヤの外周がデコボコなので、乗ってみて違和感がなければ、使ってみます。

上手く組みあがれば、自転車メモなど作成中サイトで見つけたグランボアのエキストラレジェタイヤ(300g)を着けてみたいです。

次の悩みは、バンドブレーキの70mmや80mmのドラム径のものが入手ルートがないことです。

問屋さんでも、まったく需要はないとのことで、扱いができないそうです。

2018年12月19日 (水)

少し色に変化が見えてきました。

12月5日から再開したスライムパンク防止剤による腐食実証試験ですが、2週間経過してスライムパンク防止剤の色に変化が出てきました。

透明度が増して、緑は濃くなってきているような気がします。

多分、前回と同様にバルブコアの周りに固形物が出来始めているのだと思います。

こちらのサイトで変化がご覧いただけます。

今日は、チェーン外れのご依頼が一件のみで、庭のタイヤは全部裁断し、小さく纏まりました。

毎月19日は、自転車の空気入れる日です。

今日19日は、自転車の空気チェックと空気入れの日です。

「毎月19日は、自転車の空気入れをしましょう。」 

今日も自転車に、5分だけ、愛情を注いで下さい。

自転車の、パンクの8割は「リム打ちパンク」と「チューブ揉まれパンク」など、空気不足が原因のパンクで占められています。

どちらも、空気をしっかり入れる事で、ほとんど防げます。

異物を踏んで起きるパンクも、空気がしっかり入っていると、路面との接地面積が少なくなるのと、タイヤが異物を弾いてくれる事で、いくらか防げます。

親指でタイヤの側面を押しても、ほんの少ししかへこまない程度まで、空気を入れてください。
自転車に乗った状態で、タイヤと路面の接する長さが10cm程度が体重で補正した最適の空気圧です。
(軽快車の場合です。スポーツタイプでは、タイヤの適正空気圧が異なります)

不調な空気入れも、パッキンの交換や、油切れを補充してやることで治る場合が有ります。
ポンプのホース切れも時折目にしますが、ホース交換もできます。
 

一ヵ月で減る空気の量が、約0.5気圧でした。
この位の減り方なら、普通の空気入れなら4~5回のポンピングで、3気圧に戻ります。

空気入れを屋外の自転車のそばに置く事は、ごみなどが入る危険を考えるとお勧めできないのですが、月に一回使う前提で、置き場所を考えてやってください。

今のところ当店一押しのバルブはシュワルベ英式バルブです。
Englishvalvecore_1_2
長寿命で、ゴミも溜まりにくく、軽い力で空気が入ります。
あまり、一般には販売されていませんが、当店では在庫しています。

2018年12月18日 (火)

ほんの少し大掃除

今日は、お休みで庭のタイヤの片づけをしようと外には出たのですが、少し風が冷たく感じ、早々に部屋に戻りました。

家内が気にしていた換気扇のダクト周りの掃除を一時間ほどしたら、疲れてしまい外のタイヤの片づけはそのまま手付かずです。

汚れが酷かったのか、体力が落ちてきたのか最近はちょっと何かをするのに気持ちが向きません。

2018年12月17日 (月)

年賀状作成終了

年賀状の印刷が終わりました。

少しづつ、部屋の掃除も進んで、年末モードですが、やり残しが一杯で、仕事の整理は進みません。

今年の振り返りはまだまだ先のことになりそうです。

2018年12月16日 (日)

ブレーキシューがリムに届きません。

ネットで購入された子供車の組み立て依頼でした。

ブレーキのワイヤリングが出鱈目、ブレーキワイヤの調整なし、ブレーキレバー固定なし、ベルの取り付けが左側と不具合満載でしたが、極めつけがこれです。

Kimg2445_2
ブレーキシューがリムに当たりません。

原因はこれです。
Kimg2446_2Kimg2447

ブレーキの取付穴が、シートステーと直角ではありません。
シートステーと直角のアングルで撮影すると、反対側のパイプの内面が見えます。

これ以上にアーチの長いブレーキは手持ちが有りません。
シートステー裏にブレーキを付けようと思いましたが、今度はアーチが長すぎて調整範囲に入りません。

普通に使われている前ブレーキをシートステー裏に取り付けて、何とかブレーキが利くようになりました。

クリスマス前の繁忙期かも知れませんが、これでは子供が怪我をする可能性が有ります。

まともな自転車を供給して欲しいです。

2018年12月15日 (土)

穴が開きました。

鉄釜の代わり に買ってきた炭壺ですが、穴が開きました。

重曹を入れたお湯を沸かし、ナイロンたわしで擦り、を繰り返して
Kimg2437
だいぶきれいになってきました。

細かな汚れを落とそうと空焚きして水を差したら、パンと音がして水が漏れました。

汚れが落ちる前に、底に穴が開きました。
Kimg2442Kimg2439
穴は一個だけですが、穴の周りの厚みは薄くて、いずれは水漏れしたかもしれません。

ちょっとショックです。

鉄釜にするのはあきらめて、何とか穴を塞いで、炭壺に戻してやろうと思います。

火鉢と炭壺。
穴あきが並びます。

2018年12月14日 (金)

タイヤを付けてのバランス取り

ホイールにチューブだけを嵌めた状態では、チューブの嵌め方だけでバランスが狂います。

ある程度見切りをつけて、タイヤを嵌めてのバランスとりに移行しました。

タイヤ外に100円玉を張り付けて、最下点となるよう、張り付け点を探します。
Kimg2426
50円玉で鉛直線を作り、100円玉が最下点になる位置を出しました。

100円玉を5円玉に張り替えると、5円玉は最上点に来ます。

5円玉と100円玉の重量差は
Kimg2431Kimg2432
1グラムです。

10円玉では、ほぼ振れなしで停止します。

タイヤ内に、重りを張り付けましたが、まだ完全にはバランスが取れていません。

2018年12月13日 (木)

ホームページのセキュア化完了

無料のものですが、さくらのサーバーでSSL証明を取得して、https ://anocora・・が使える準備はしていました。

一部のページで意図通りの表示ができず、保留中でしたが、最後まで難航していたブログ記事のタイトルの表示ができるようになり、今日から、当店のウェブサイトをご覧いただく際は、httpsで始まるセキュリティの確認されたサイトが表示されます。

特に、サイトに情報を送って頂いていたことは有りませんので、今までも特に必要はなかったのですが、検索サイトで上位に表示されるために対応した意味が大きいです。

2018年12月11日 (火)

今日も、ホイールバランス

まず分かったのは、重りを張り付ける位置を決めるのが最初です。

位置が正しくないと、いくら重りを調整しても、バランスはとれません。

重りが最下点に来るか、最上点に来る位置を見つけないと先に進めません。

今は、ようやく位置が見つかったところです。

ほんの少ししか、回転力は与えていませんが、振り子になって止まらないので、途中で撮影を止めました。

2018年12月10日 (月)

鉄釜の代わり

修理にお伺いした際、近くの古道具屋さんで炭壺を買ってきました。

鉄釜代わりに。火鉢でお湯を沸かせないかと思ってのことです。

あまり似合ってはいないかも知れませんが、それでも調理用の鍋とは大違いです。

炭のヤニがこびりついていますが、お湯を張って、温めるとヤニが柔らかくなって少しづつ落とすことができます。

いつか飲めるお湯が沸かせるでしょうか?
Kimg2422_2Kimg2424

2018年12月 9日 (日)

シュパーブプロ ハブのすごさ

前輪は、縦ブレ、横ブレともおおむね満足できる範囲に収まり、センター出しはまだですがバランス調整に入りました。

思い知ったのは、シュパーブプロ ハブの回転性能のすごさです。

リヤハブのバランスがすぐ取れたつもりになっていたのは、大きな勘違いだったのかもしれません。

0.5g以下の重量の隔たり、1mm以下の重りの取り付け位置の誤差を確実に検出し、振り子になります。

多分妥協点を見付けることになると思いますが、シールドベアリング仕様とは言え、与圧を掛けた使用状態のハブで、こんなに滑らかに動く部品の精度とここまで作り上げた技術に感動です。

今日から冬装備です。

やっと冬らしい気温になり、今日から、オーバーズボンにダウンの冬装備でお出かけです。

でもまだ完全装備ではありません。

靴下は山用のウールソックスではありませんし、ダウンも山用ではなく、薄手の街用です。

手袋の中には、まだホッカイロは入っていません。

今年は、水調べ用の水が凍る日は有るのでしょうか?

2018年12月 8日 (土)

パンクじゃないかもしれないんですが

昨日ご予約を頂いたお客様です。

「パンクじゃないかもしれないんですが?」
「点検だけでもして貰えますか?」
「様子を見て、キャンセル可能ですか?」

との事でしたが、キャンセルの連絡はなく、お伺いしました。

タイヤを拝見すると、少なめですがしっかり空気は入っていました。

「先日、空気を入れて一日で抜けてしまったんです」
「昨晩、空気を入れました。」
「心配なので、点検だけして貰えますか。」

パンクではなく、トップナットの緩みかもしれませんねとお伝えしながら、パンクはないだろうとチューブを取り出すと、チューブが畳まれていました。

水調べをしようと、空気を入れると、「シュー」と空気の漏れる音がします。

パンク穴が折りたたまれたチューブで塞がれて、空気が漏れない状態を作っていたようです。

しっかりパンク修理をして、全周水調べをしましたが、他にはパンク穴は有りませんでした。

お客様には、月一回このぐらいの堅さまでしっかり空気を入れてくださいとお伝えして修理を終えましたが、こんなケースは初めての体験です。

修理に予断は禁物ですね。

2018年12月 7日 (金)

前輪振れ取り中

結局ハブはシュパーブプロを使いました。

OLDは104mmぐらいになりましたので、無理やり拡げれば、収まってくれそうです。

フロントフォークとバンドブレーキの干渉や、フォークのパイプ径に合わせたブレーキ固定バンドの検討などまだまだ課題は有ります。

Kimg2421

タンジェントラジアル組ですが、意識してスポークの頭は交互に内外にしています。
スポークの首折れが出た時に、どちらが折れるかの検証用です。

タンジェントラジアル組は初めてなので振れ取りも少し勝手が違います。
スポーク一本ごとに直接触れに影響が出ている気がします。

まだまだ勉強することがいっぱいあります。

2018年12月 6日 (木)

前ハブ作成中

後輪のホイールバランスの調整が、タイヤを付けると何故かピタッと止まらず、停滞中です。

後輪のホイールバランス調整は後回しにして、前輪のハブ作成に入りました。

作成といっても、ドラムブレーキを付けるだけなのですが、OLDをなるべく100mmに近づけたいので、コーンやナットの適当なものを探して組み合わせています。

サンシンのトラックハブ?では、こんな感じになりました。
Kimg2415Kimg2418

バンドブレーキは、子供車から外した、廃品の中から拾い出した80mmドラムのものです。
OLDが116mmとちょっと大きくなったので、

虎の子のシュパーブプロリヤハブを使おうか、フォークのエンド幅を広げようかと悩んでいます。
Kimg2419
シュパーブプロの方が、ボスフリー用なので、フランジ幅が狭いです。
こちらなら、100mmにできる気がします。

2018年12月 5日 (水)

左クランク、交換終了

先日注文した、花菱ギヤ製作所の152mmX32Tアルミクランクが届きました。

オフセットが、約2mm違います。
Kimg2403Kimg2406

形状の違いです。
Kimg2405_2

BB軸への嵌まりが浅いと嬉しいなと思いながら、取り付けにお伺いしました。

形状の違いはご説明して、確認していただきましたが、「違和感はない」とのことで、修理完了となりました。

Qファクターの2mm程度の違いは、街乗りの自転車では許容範囲かもしれません。

【関連記事】
クランク、ネジ補修にトライ
無知?ゆえの勘違い?

2018年12月 4日 (火)

観察中断

観察を続けていて、乾燥していない疑惑を感じましたので、今日で一旦観察を中止しました。

取り出してみると、やはり乾燥不足で、スライムパンク防止剤を入れていていない瓶の中のバルブコアは濡れていました。

スライムパンク防止剤を入れていた方は、バルブコアが出てきません。
バルブコアの周りで固形化していました。
Kimg2400
水で洗っても溶けないので、バルブとスライムパンク防止剤の成分が反応したもののようですが、正体は分かりません。修理で抜いたスライムパンク防止剤では、目にしたことのない状態です。

取り出したバルブコアには目立った腐食は見られません。

次は、しっかり乾燥工程を取って、再スタートです。

2018年12月 3日 (月)

川越 福田のイルミネーション

仕事帰りに見つけました。

川越市福田の田んぼの中のイルミネーションです。

トナカイのソリが空を飛んだり、雪だるまが出会ったり、いろんな動きがあって見飽きません。

家に帰って、家内と二人でもう一度見に行きました。

無知?ゆえの勘違い?

一昨日の「クランク、ネジ補修にトライ」記事で皆様にコメントでご心配頂きました。

今日いろんな自転車が止まっている駐輪場で、お預かりしているクランクのペダル取り付け面のオフセットを比べてみました。

*オフセットと言っているのは、こちらのブログで比較されている、クランクの取り付け位置とペダル取りつけ位置の差のことです。

クランク長が短く、曲がりも大きく感じたので、一般のクランクよりオフセットが大きいと感じてしまったのですが、比較してみると一般のクランクと同程度のオフセットしかありませんでした。

花菱ギヤ製作所の152mmX32Tアルミクランクを注文しました。

届かないと使えるかどうかは分かりませんが、期待は持てそうです。

【関連記事】
クランク、ネジ補修にトライ
左クランク、交換終了

2018年12月 1日 (土)

クランク、ネジ補修にトライ

先日、修理にお伺いした際、声をかけて頂いたお客様です。

「左のクランクの交換はできますか?」とのことで、見せて頂くと左のペダルが有りません。

間違えて、右ペダルを左につけようとして、ネジをバカ穴にされたそうです。

裏からペダルをねじ込めば、ネジ山が復活するかと思ったのですが、かなり無理をされたようでネジ山は復活しませんでした。

152mmのクランク長で、クランクの曲がりが大きく、同型のクランクが見つかりません。

prowheelの40Tアルミチェーンリングです。
Kimg2370_2Kimg2372

珍しい自転車で、折り畳み自転車なのに、すごく軽いです。
Kimg2371
DAHONもお持ちなのですが、こちらの自転車の扱いやすさにはかなわないそうです。

部品が入手出来ないこと、お客様が修理したい理由が自転車の軽さにあることから、クランクのネジ山補修にトライしました。

補修に使ったのは、近所のコメリで購入したLOCTITEの多用途補修パテです。

 

ネジ部に、アンカー用のドリル穴を3か所開け、ネジ部をクリーナーで洗って、パテ盛りした後、新しい左ペダルのネジ部にシリコンオイルを塗布してねじ込みました。

 

ネジが届かなかったところはやすりで穴を拡げ、ペダルタップを掛けましたが、パテは剥離せず、ネジ山ができました。

 

ペダルをしっかりトルクを掛けて固定することができました。

 

ペダルをねじ込んだ際、一部剥離していたので、もう一度パテ盛りして、剥離部分を補修中です。

 

手工具で締める程度なら、補修用パテは使えると実感しました。

 

記事を書いているうちに、硬化完了しました。
Kimg2374
実物はもう少しきれいに見えます。

【2011.12.02追記】
駄目でした。
ペダルを踏み込んだ瞬間に、パキッと音がして、ペダルがグラグラになりました。
アルミの母材と全く接着されていませんでした。

【関連記事】
無知?ゆえの勘違い?
左クランク、交換終了

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

スライムパンク防止剤被害

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

自転車出張修理のブログ

カテゴリー

無料ブログはココログ

ブログランキング