« 高圧スポーツ車のパンク修理再試行 | トップページ | パンク4件 »

2018年9月14日 (金)

製造者責任のパンク

今日は、珍しいパンクの修理をしました。

分類としては、折り目パンクで、そんなに珍しくありません。

購入されて一年未満で、初めてのパンクです。
Kimg2096 Kimg2098

空気圧不足での折り目なら、バルブの付近に出来ます。

この折り目はバルブから50cm以上離れたところです。
付近に、これ以外の折り目は有りません。
今日が初めてのパンクですから、チューブを入れたのはホイールを作った人です。
空気圧不足で乗られたようで、チューブにカーカスでの削り跡はついていますが、畳まれていたところには、削り跡も有りません。

お客様にも、同じ内容をご説明しましたが、名古屋の業者さんの通販とのことで、諦められていました。


« 高圧スポーツ車のパンク修理再試行 | トップページ | パンク4件 »

自転車出張修理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 製造者責任のパンク:

« 高圧スポーツ車のパンク修理再試行 | トップページ | パンク4件 »

スライムパンク防止剤被害

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

自転車出張修理のブログ

2019パンク原因 累計

  • ニップル頭引きずりパンク
    1
  • 空気なし放置パンク
    1
  • ニップル穴パンク
    1
  • 器物損壊パンク
    4
  • タイヤ擦れ
    1
  • バルブ腐食
    1
  • サイドカット
    1
  • バルブ脱落
    1
  • バルブ根元パンク
    1
  • スライム虫ゴム劣化
    2

カテゴリー

無料ブログはココログ

ブログランキング