« ボタン錠押し売り | トップページ | 代替え品で修理 »

2018年7月10日 (火)

タイヤ損傷

パンク修理でお伺いしたのですが、タイヤのチェックでこんな傷を見つけました。
Kimg1968
微妙なサイズの損傷です。
チューブがはみ出さなければ良いのですが。

傷の原因は、リム打ちだったようです。
Kimg1970

パンク修理後に空気を入れてみると少し傷口が広がります。

タイヤの内側に布付きのまま、Vパッチを貼りました。
Kimg1972

空気を入れても、傷の広がりは見られません。
Kimg1974

念のため、傷口にもゴムのりを塗り込んでおきました。

« ボタン錠押し売り | トップページ | 代替え品で修理 »

自転車出張修理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1550682/73835885

この記事へのトラックバック一覧です: タイヤ損傷:

« ボタン錠押し売り | トップページ | 代替え品で修理 »

スライムパンク防止剤被害実態

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

2019パンク原因 累計

  • トップナットの緩み
    1
  • 修理ミス
    1
  • チューブピンホール
    1
  • チューブ劣化
    1
  • タイヤ劣化
    3
  • 虫ゴム部品不良
    1
  • 異物刺さりパンク
    3
  • 原因不明
    3
  • リム打ち
    4
  • 接合部剥がれ
    1
  • 虫ゴム切れ
    8
  • バースト
    2
  • 揉まれor折り目パンク
    14

カテゴリー

無料ブログはココログ

ブログランキング