« 明日7/09(月)は臨時休業いたします。 | トップページ | バイク修理完了しました。 »

2018年7月 9日 (月)

バルブ根元パンクが続きました。

今回は、バルブ外套のゴムとの接着部分の剥がれです。

この場合は、タイラップ法で対処します。

Kimg1961 Kimg1962

バルブ固定ナットを噛まして、効果は期待できないのですが、剥がれ部分にゴム糊を縫って、乾かした後、タイラップで締め上げます。

バルブ固定ナットは、タイラップの逃げを防ぐための台座になります。

石鹸水での水調べでは、気泡は出ませんでした。

ごむ糊での接着効果は期待できないので、念のため規定量の空気を入れた後、バルブ根元と、付近のニップル周りに石鹸水を塗り、気泡を確認しました。
Kimg1964
気泡は確認できませんでした。

お客様には、まだリスクのある修理法であることはご説明し、様子を見ていただいて、漏れがあるようならチューブ交換をしますとお伝えしています。

併せて、空気圧管理をしっかりしていただかないと、チューブが引っ張られ、再発の可能性が高くなることもお伝えしました。

« 明日7/09(月)は臨時休業いたします。 | トップページ | バイク修理完了しました。 »

自転車出張修理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1550682/73824433

この記事へのトラックバック一覧です: バルブ根元パンクが続きました。:

« 明日7/09(月)は臨時休業いたします。 | トップページ | バイク修理完了しました。 »

スライムパンク防止剤 被害低減プロジェクト

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

カテゴリー

川越市自転車シェアリング

Active Safety Project

最近のトラックバック

ブログランキング

無料ブログはココログ