« 毎月19日は、自転車の空気入れる日です。 | トップページ | ブログランキングのバナーを消しました。 »

2018年7月19日 (木)

チューブでのパッチは難しい

別な自転車屋さんで、パンク修理をされたそうですが、すぐにパンクしたとのことで、ご依頼を頂きました。

MTBのダブルウォール600Bのホイールです。

ニップル穴パンクで、パンク予備軍が多数あったので、チューブから帯状にパッチを切り出し予備軍も含めて、パッチ処理しました。

これで、うまくいけばよかったのですが、水調べまではOKでしたが、ホイールにセットして空気を入れたら、明らかな漏れ音が聞こえました。

チューブは諦めて、Ⅴパッチシートから長パッチを切り出したのですが、こちらもホイールにセットして暫くしたら、漏れ音が聞こえてしまいました。

最初から、Ⅴパッチを使っていたらと後悔しましたが、後の祭りです。

市内でチューブを持っていそうなところと目星をつけ、サイクリーとオバードゥさんを目指して走りました。サイクリーにはなかったのですが、オーバードゥさんで何とかフレンチの650Bを入手し、修理は完了しました。

ちょっと冷や汗の修理でした。

チューブを使ったパッチはまだまだ難しいです。

« 毎月19日は、自転車の空気入れる日です。 | トップページ | ブログランキングのバナーを消しました。 »

自転車出張修理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チューブでのパッチは難しい:

« 毎月19日は、自転車の空気入れる日です。 | トップページ | ブログランキングのバナーを消しました。 »

スライムパンク防止剤被害

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

カテゴリー

無料ブログはココログ

ブログランキング