« 走行距離40キロでダウンしました。 | トップページ | 久しぶりのバルブ根元パンク »

2018年7月 6日 (金)

ちょっと珍しいパンク

昨日出会ったパンクですが、ちょっと珍しかったので、記録しました。

Kimg1955

リムサイド側で、チューブの金型の線に沿っての亀裂です。
マーキング位置でエアー漏れしていましたが、ちょっと離れた場所にも亀裂があり、パンク予備軍になっています。
画像ではわかりませんが、もう一個亀裂があり、切り出した長手のパッチで、予備軍も抑え込みました。

SAKURAブランドのチューブです。

« 走行距離40キロでダウンしました。 | トップページ | 久しぶりのバルブ根元パンク »

自転車出張修理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1550682/73812500

この記事へのトラックバック一覧です: ちょっと珍しいパンク:

« 走行距離40キロでダウンしました。 | トップページ | 久しぶりのバルブ根元パンク »

スライムパンク防止剤被害実態

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

2019パンク原因 累計

  • トップナットの緩み
    1
  • 修理ミス
    1
  • チューブピンホール
    1
  • チューブ劣化
    1
  • タイヤ劣化
    3
  • 虫ゴム部品不良
    1
  • 異物刺さりパンク
    3
  • 原因不明
    3
  • リム打ち
    4
  • 接合部剥がれ
    1
  • 虫ゴム切れ
    8
  • バースト
    2
  • 揉まれor折り目パンク
    14

カテゴリー

無料ブログはココログ

ブログランキング