« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

2018年4月の27件の記事

2018年4月30日 (月)

空き地

大判パッチで揉まれパンクを塞いだ修理ですが、パッチ脇からの空気漏れで再修理にお伺いしました。

その帰り道、落ち込んだ気持ちを和ませてくれた空き地の花です。
Kimg1845

来年は、家が建っていて、見られないかもしれません。

2018年4月26日 (木)

リムの候補です。

国内の自転車パーツの販売サイトでは見当たらず、中国のサイトですが、タオパオまで拡げました。

取り敢えず、候補は
https://chinamart.jp/taobao_item?iid=549328967158&key=de8a85a3f2faee5c2d76161bdb558a68

https://chinamart.jp/taobao_item?iid=552375644587&key=5347ab95d5a54373fc15e09656011036

メーカー名は不明ですが いずれもDP-20の記載が有ります。

リム幅の記載がないのが気掛かりですが、57-559(ETRTO)の記載があるので、適合は問題なさそうです。

注文はお客様に確認してからです。

中国サイトからでもよいと、お任せいただいたので、取り敢えず代行会社に見積もりを依頼しました。

今日からリム探しです。

ハードテイルのMTBですが、ぶつかってリムがポテチになったそうです。

リム交換のご依頼を頂いたのですが、26x2.0 36H ディスクブレーキ用の黒リムです。

AREXRIMのZ1000 36hが入手できれば一発で解決だったのですが、どこも売り切れのようです。

最悪は前後ともリム交換ですが、26X2.0 36Hのリム自体が絶滅危惧種のようです。

2018年4月23日 (月)

こんなパンクも有ります。

ちょっと前に遭遇したパンクです。

Kimg1832

Kimg1834

Kimg1837

上は、パンクを見つけた状態。
空気を抜いていくと、全く穴の位置が分からなくなりました。

側面ですが、チューブにタイヤと擦れた痛みが有りません。
確証があるわけでは有りませんが、チューブの欠陥が現れたパンクではないかと思います。

こんなパンクに当たると、同じ銘柄のチューブは修理では使いたくなくなります。

2018年4月22日 (日)

電動アシスト バッテリー不良?

紹介いただいたお客様です。

パナソニックの電動アシスト自転車を7年ほどお使いですが、スイッチを押してもランプが点灯しないとのことで、お伺いしました。

コントローラーの電源スイッチかと思ってお伺いしたのですが、電池の残量ボタンでした。

充電器で、充電は確認されたそうですが確かに、スイッチを押しても、反応しません。
長押ししても、反応無しです。

比較したり、正常品と入れ替えたリ出来れば、もう少し状態が確認できるのですが、出張修理店の悲しいところで、現品をチェックするしか有りません。

持ち帰って、電池をチェックさせて頂くことにしたのですが、

電池の端子部に電圧は出ておらず、お客様から頂いている情報では考えにくいのですが、
スリープモードに入っているかもしれないので、明日もう一度、充電して頂き、再確認をします。

お客様からは、駄目なら電池を手配してくださいと言われているのですが、今の状態で電池の発注はリスクが高いです。

【2018_04_23追記】
先ほど、お客様にお返しし、充電をして頂いたら、機能が復活しました。
やはりスリープモードに入っていましたが、スリープした理由が今一良く分かりません。

【2018_04_23追記】
途中で、アシストが切れてしまったそうです。
電動アシストに詳しい、自転車屋さんの先生に確認したら、バッテリー不良の可能性が高いと教えて戴いたので、バッテリーを発注しました。

2018年4月21日 (土)

サイト リニューアルに向けて作業中

スライムパンク防止剤被害低減プロジェクト サイトは、それなりに訪問して下さる方がいるのですが、訪問者数の伸びが止まっています。

いろんなことを詰め込みすぎたことと、説明が多くて堅苦しい構成になっていて読みづらいのかもしれないと反省し、リニューアル準備を進めています。

全体の見直しなのでまだお目に掛けるには時間かかります、少しは読みやすくなってくれると良いのですが。

2018年4月20日 (金)

2件のタイヤバースト

今日は、タイヤ交換が2件です。

いずれも、タイヤの摩耗によるバーストでしたが、気になったのはパンクしにくいタイヤのバーストです。

接地面の厚さを稼ぐ芯材が見えても内部はしっかりと構造が保持されていて、あまりバーストの懸念を感じたことは有りませんでした。

今回バーストしたパンクしにくいタイヤは、芯材の外側にカーカスが有り、外側のカーカスが切れていましたので、バーストしても不思議はない状態でした。

構造を知ることの重要性が良く分かったバーストでした。

2018年4月19日 (木)

パンク8箇所

釘が刺さったそうで、刺さったまま少し走られたそうです。

刺さった釘は、すでに抜かれていたのですが、パンク箇所が複数あるつもりで修理には掛かりました。

太い釘だったようで、パンク穴が大きく、最初の水調べで分かったパンク箇所はタイヤ側とリム側の釘が貫通したと思える2箇所でした。

2箇所の穴を塞いでもタイヤは膨らまず、それでも更に3箇所のパンク穴を見つけました。

3箇所塞いで、やっとチューブが膨らむようになりましたが。更に3箇所のパンク穴です。

計8箇所のパンクを無事塞ぎましたが、

パッチを貼る前に、仮止めで空気漏れを防げるシールが欲しくなりました。

安くて、接着力の強いテープを探してみようと思います。

毎月19日は、自転車の空気入れる日です。

今日19日は、自転車の空気チェックと空気入れの日です。

「毎月19日は、自転車の空気入れをしましょう。」 

今日も自転車に、5分だけ、愛情を注いで下さい。

自転車の、パンクの8割は「リム打ちパンク」と「チューブ揉まれパンク」で占められています。

どちらも、空気をしっかり入れる事で、ほとんど防げます。

異物を踏んで起きるパンクも、空気がしっかり入っていると、路面との接地面積が少なくなるのと、タイヤが異物を弾いてくれる事で、いくらか防げます。

親指でタイヤの側面を押しても、ほんの少ししかへこまない程度まで、空気を入れてください。
自転車に乗った状態で、タイヤと路面の接する長さが10cm程度が体重で補正した最適の空気圧です。
(軽快車の場合です。スポーツタイプでは、タイヤの適正空気圧が異なります)

不調な空気入れも、パッキンの交換や、油切れを補充してやることで治る場合が有ります。
ポンプのホース切れも時折目にしますが、ホース交換もできます。
 

一ヵ月で減る空気の量が、約0.5気圧でした。
この位の減り方なら、普通の空気入れなら4~5回のポンピングで、3気圧に戻ります。

空気入れを屋外の自転車のそばに置く事は、ごみなどが入る危険を考えるとお勧めできないのですが、月に一回使う前提で、置き場所を考えてやってください。

今のところ当店一押しのバルブはシュワルベ英式バルブです。
Englishvalvecore_1_2
長寿命で、ゴミも溜まりにくく、軽い力で空気が入ります。
あまり、一般には販売されていませんが、当店では在庫しています。

2018年4月18日 (水)

スピード系クロスにVブレーキは?

今日は、パンク修理とのことでお伺いしたスピード系クロスで感じるところが有りましたので、ちょっと書かせてください。

パンク修理そのものは、バルブコアが脱落、紛失しただけで、新しいバルブコアを取り付けて終了だったのですが、付いていたVブレーキの左右のバランスが気になって、調整を始めました。

ワイヤーの引き代にあまり余裕がなく、Vブレーキのアームが内側に倒れ込みます。

スピード系のクロスバイクで、リム幅が狭いことが原因です。
ブレーキアームとシューの間にリム幅補正用のスペーサーでも入れておいてくれるなら、許容できるのですが、そんな対処もせず700Cの細身のリムにVブレーキを使うのは間違っていると思います。

左右バランスは、リターンスプリングの台座の穴位置を変えてやらないと調整ネジの締めかげんだけでは合わせられませんでした。

作るメーカーもおかしいし、左右のバランスを調整もせず販売する、自転車屋も変です。

前後ホイールの面合わせもいい加減なものでした。
販売店のラベルを張るのは、恥ずかしくないですか?

修理をする楽しさを味合わせて戴けるのは嬉しいですが、ちゃんとした自転車を作って、ちゃんと調整して売ってください、お願いします。

イオンバイクが販売した、momentumのクロスバイクです。

内装3段変速を2速で固定

今日は冬に逆戻りでしたが、「内装3段変速なんですが、ワイヤーがボロボロで、自分で調整しようとしたんですがうまくいかなくて・・」

とのお客様です。

詳しくお聞きすると、1速から変わらず、軽すぎて乗りにくいとの事。

変速も必要はないとのことで、変速レバーも、ワイヤーも取り除いて、2速の固定仕様に変更です。

2速の固定は、ベルクランクはそのまま残し、古いニップルをスリーブ代わりにワイヤーに固定し、調整ネジで2速位置に合わせました。

ホイールを外すときには、調整ネジを絞めこむ必要は有りますが、ワイヤーを外せることは確認済みです。

他にもあちらこちらと、整備が必要でしたがすべて調整し、乗り易い自転車になりました。

2018年4月16日 (月)

乗り始めには、空気の補充を

新規のお客様の子供乗せ電動アシスト自転車のパンク修理のご依頼でした。

寒い間は、車で送り迎えをされているそうで、暖かくなって、自転車での送迎を再開されたそうです。

「信号待ちで空気の抜けに気付きました。」とのことで、異物パンクを想定したのですが、リム打ちのパンクでした。

前輪の空気圧を確認すると、2気圧しか有りませんでした。

空気圧不足が原因で段差とリムの間でチューブが潰されて穴が開くパンクですと説明させて頂き、月一度の空気入れをお願いしました。

自転車の空気は、自然に抜けていきます。
暫くお休みされていた自転車に乗り始める時は、空気をしっかり補充してください。

2018年4月14日 (土)

8台の修理

お見積もりに変わりました。 記事のディレーラー交換が手始めです。
Shimano RD-M360-Lに交換してばっちり全段シフトしました。

パンク修理のご依頼でしたが、タイヤの劣化による穴が有り、タイヤ・チューブ交換になりました。

まだ空気が漏れるんですとのご依頼で、パンクの再修理です。
やっと揉まれの小さな穴が見つかりました。

新車でしたが、ディレーラーのH側の可動域が広くチェーンが外れました。
片側のハブナットを緩めチェーンを引っ張り出し、ディレーラの可動域を調整しました。

内装3段の変速不良とのことでしたが、調整のみ。

子供車のサドル高さ調整。

異物パンク修理でしたが、余裕がなく画像無し。
チューブの寿命が近そうだったので、多分最後のパンク修理になりますとお伝えしました。

20x1.75チューブのバルブ根元パンクのご依頼。
ホームセンターで調達して対処です。

我ながら、結構頑張りました。

スライムパンク防止剤をお勧め出来る自転車の条件

サイクルベースあさひさんが販売するスライムパンク防止剤について、販売方法への疑問からデメリットを前面に出す記事を数多く書いてきました。

スライムパンク防止剤の価値を全否定しているわけではなく、スライムパンク防止剤は、ちゃんと空気圧の管理をしていれば、緊急時のパンクトラブルを回避できる、通勤通学に自転車を使用するお客様にとっては素晴らしい商品だと思います。

そんな反省から、スライムパンク防止剤をお勧め出来る自転車の条件を纏めてみます。

【空気圧管理をしっかりされている】
最低でも一回/月規定の3気圧までしっかり空気を入れられていることが必要です。

【定期的に点検を受けられている】
点検はご自分でされていても構いません、少なくとも虫ゴムは一回/年交換してください。

【2年に一度タイヤ・チューブを交換されている】
タイヤの摩耗やひび割れが無ければ、チューブだけでも交換してください。

【通勤や通学などで自転車に乗られている】
目的地までの到着時間が決められている条件で自転車を乗られている方。

【近くにスライムパンク防止剤が入っていてもパンク修理してくれるお店が有る】
サイクルベースあさひさんまで、パンク修理時に持っていける方。

有用性があって、効果を発揮できて、デメリットを回避できるには、この条件をすべて満足することが必要です。

2018年4月13日 (金)

何の花?

いろんな花が楽しめる季節になりました。

修理の帰りの道の脇の駐車場に咲いていました。
Kimg1822

ピンクのベルが可憐です。

釣鐘水仙(つりがねすいせん)でしょうか

2018年4月12日 (木)

大手販売店の修理料金改定

自転車店サイクルベースあさひの工賃はいくら?プロショップと比較 サイトは2015年の価格が掲載されていて、

自転車のパンク修理の値段って?アサヒ、イオン、カインズの料金を比較 サイトは 2018年の改定後の修理料金が掲載されています。

出張修理店として気になるパンク修理の料金が840円→1000円に値上げになっていました。

サイトによれば、イオンバイクのパンク修理料金も1080円だそうです。

量販店も、修理での利益確保にシフトするのでしょうか?

それとも、自転車の買い替え促進策?

休止後の内容の変化など気になることも有り、サイクルポーターの予約サイトに入ってみると近くの川越店や坂戸店ではなく「お客様のお引取担当店舗はふじみ野店です.」と表示されます。
ふじみ野店は、10kぐらい離れています。
店舗から5k以内のお客様が対象には変化が無いようですが、引き取りサービスの実施店舗は集約したのかもしれません。
あまり、利用する人はいないのでしょうか?

2018年4月11日 (水)

平穏な一日

今日は、後かごの取り付け、

リム打ちパンクのまだ新しい自転車の修理、

外装変速のチェーン外れのみです。

風が強い日でしたが、平穏な一日でした。

2018年4月10日 (火)

お花見

今日は、いい天気だったので、お休みを頂いて、昨日紹介した、水上公園の八重桜のお花見です。

Kimg1812

花弁が舞う桜の下でお弁当を拡げ、コーヒーを一服です。

池にはこんな鳥もいました。
Kimg1810
ボケボケですみません。

2018年4月 9日 (月)

お花見を逃した方に

私も、花見は逃した人ですが、走り回って桜のチラ見はしていました。

今日は、錠交換の帰り、ちょっと寄り道です。
Kimg1809

川越の水上公園ですが、八重桜が見頃です。

若葉の緑と、濃いピンクの八重桜、ところどころからし菜の黄色も見られます。

お弁当を芝生の上で拡げて、昼寝にはちょっと空気が冷たそうでした。

2018年4月 8日 (日)

当日パンク修理で再訪

朝一番でパンク修理にお伺いしたお客様です。

揉まれパンクを大判パッチで修理した個所のパッチ裏チューブ割れと再度の揉まれパンクの複合でした。

お客様には、チューブの状態を確認して頂き、再発の恐れがあることをお伝えしました。

チューブを交換すべきか、かなり悩んだのですが、使い続けて戴くことにしました。

2時間後に、またパンクしましたとのご連絡です。

大判パッチ(マルニVパッチの上から、ハイパッチを当てたのですが、修理失敗だと思い、チューブを交換すべきだったと後悔しながら、再訪です。

ホイールを外して、チューブ単体にして、しっかり空気を入れて水調べしましたが、漏れ箇所は有りませんでした。

バルブの緩みしか考えられませんでしたが、このままチューブを収める気にはならず、チューブを交換させて頂きました。

唯一の救いは、Vパッチにもパッチの重ね張りが出来ると確認できたことだけです。

チューブ交換の見極めが、難しいです。

2018年4月 7日 (土)

お見積もりに変わりました。

ちょっと古いGIANTのR3ですが、シフターを交換したら、変速の調子が悪くなったとのご依頼です。

お伺いしてチェックすると、シフターを一杯に廻してもディレーラーがスプロケットの全段に渡っては動きません。

ディレーラーはSRAM X3が付いていて、交換されたシフターはシマノのレボシフトでした。
ディレーラーとシフターにはメーカー間での互換性が有りません。

古いシフターには戻したくないとのことで、今日は修理ではなく、ディレーラー交換の費用見積もりとなりました。
ご依頼も頂きましたので、ディレーラーの到着を待って交換です。

2018年4月 6日 (金)

スライムパンク防止剤被害を「製品の性能は2年間保証されています」の記載から考察する。

サイクルベースあさひが販売するスライムパンク防止剤のボトルにはこのような商品シールが貼られています。
Slime_1 0001_5

「警告:製品の性能は2年間保証されています。ご購入の際の受領書などは大切に保管してください。」の記述について、言葉通り、保証は2年間なんだと思うだけで、スライムパンク防止剤被害低減プロジェクト サイトを立ち上げた時は、あまり重要視していませんでした。

この2年間の性能保証は、本家Slimeのサイトでは、他のパンク防止剤との差別化を図るためか、かなり大きく扱われています。

ですがサイクルベースあさひさんのスライムパンク防止剤商品ページには、2年間の性能保証は記載されていません。
お店で、スライムパンク防止剤を注入してもらったお客様は、2年間の性能保証の言葉を目にすることは有りません。

O2592186713840810570力太郎さんのブログから借用
使用の注意書きにも、2年間の性能保証の言葉は有りませんので、口頭での説明もされていないと思っています。

何故記載されていないのでしょうか?
本家Slimeのサイトでは、パンク防止剤を購入しようとするお客様が対象で、お客様はSlime以外のパンク防止剤も購入検討対象です。
他の商品より性能の保証期間が長いということが訴求ポイントになります。

サイクルベースあさひさんのように、自転車を購入されたお客様にパンク防止剤を勧める場合、お客様は、受け入れるか断るかの選択しか有りません。
その際には、2年間の性能保証は訴求点にならず、面倒な説明をしなければならない販売の阻害要因になります。
・2年経ったら、どうすれば良いの?
・2年以内にパンクしたら、どんな補償が有るの?
・なぜ2年なの?
このような、問いを避けるためにも、2年間の性能保証の言葉がない方が都合が良いのではと思っています。

何の説明も有りませんから、スライムパンク防止剤を入れたお客様は、パンク防止性能が永遠に続くと思ってしまうことが多いと思います。
チューブの中に入れ続けることが、バルブ腐食や、バルブが詰まって空気が入らないという、スライムパンク防止剤被害の一番の原因となっています。
スライムパンク防止剤の性能は永遠に続くわけでは有りません、長く入れ続けることで、弊害が現れてきます。

サイクルベースあさひさんには、スライムパンク防止剤被害軽減の為、2年間の性能保証をお客様に説明して欲しいですが、今の販売方法を続けられる限りは、期待できません。
地道に、スライムパンク防止剤を入れられたお客様に説明をしていくしか有りません。

2018年4月 5日 (木)

電子工作?

電動アシスト自転車の電源ボタンを押してもランプが点灯しないとのご依頼です。

サンヨー製の電動アシスト自転車なので、コントローラーは入手不可ですが、中古のコントローラー(これも電源が入りません)から、スイッチ部品を移植です。

出先での修理ですが、ゴム糊乾燥に使っているホットブローはこて先を変えるとはんだごてにもなります。

無事に、基板からSW部品を外して移植し、復活しました。

2018年4月 4日 (水)

荷物紐 巻き込み

年に数回ご依頼を頂きますが、荷物紐を巻き込んだそうです。

Kimg1802
バンドブレーキのシューに痛みが起きたのかと思ったのですが、

Kimg1803
サーボブレーキでした。
ドラムと本体の間に紐が入り込んでいるので、ホイールを外してブレーキを分解するしか有りません。

Kimg1804
きれいに一周巻き込んでいます。

Kimg1805
無事取り除けました。
後は組み上げるだけです。

画像は無しですが、組み上げようとして、ドラムとハブの間に別な紐の巻き込みも見つけました。
ドラムを外して、それも取り除きました。

組み上げて、ホイールの回転を確認すると一か所、重いところが有ります。
ドラムが変形したか?ともう一度ホイールを外してみましたが、ホイールだけなら、正常に回ります。

ホイールにわずかですが振れが有り、紐を巻き込んだ時に起きたと思われる泥除けの変形と擦れていました。

泥除けの変形を修復し、振れを取って終了です。


2018年4月 3日 (火)

ブレーキロック?

まだ新しい自転車でしたが、タイヤの摩耗でのパンクでした。
Kimg1798

スポット摩耗ではなく、全体的に摩耗しています
Kimg1799

小径タイヤなので摩耗は早いですが、
Kimg1800

タイヤを交換後に乗車確認をすると、リヤブレーキが簡単にロックします。

バンドブレーキでしたので、音消しの手法で、効きをマイルドにしておきました。
少しはタイヤの寿命を延ばせるでしょうか。

2018年4月 2日 (月)

川越周辺の無料空気入れMAP


まだ全然データは足りませんが、みんなの力で使える地図にできればと思って公開しました。

Googleのアカウントをお持ちの方なら、どなたでも編集に参加して頂けます。

情報をお持ちなら、マップに登録してください。

2018年4月 1日 (日)

パンク2題

気候は良くなったのですが、花粉症で辛い日々です。

今日は朝一で異物と思われるパンクです。
異物にしては珍しい大きさで、チューブを膨らませただけで空気漏れが見つかったのですが、タイヤの内外を確認しましたが異物は見つけられませんでした。

お客様の「ものを踏んでパンクした気がする」とのお言葉も有り、異物は抜けたものと判断しました。

2件目は揉まれパンクの再発です。
2年間で3度目のパンクですが、なかなか空気を入れる習慣は身につかないようです。
揉まれパンクだったので、大判パッチで周囲も保護しましたが、次回はチューブ交換になりそうです。

揉まれパンクの大判パッチは、幅を2cm弱で切り出すようにし始めました。
パンク穴がしっかり塞げて、チューブの膨らみを均等にしたいためです。

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

スライムパンク防止剤 被害低減プロジェクト

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

カテゴリー

川越市自転車シェアリング

Active Safety Project

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ブログランキング