« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年1月の33件の記事

2018年1月31日 (水)

初めてのご依頼

タイトルは、思わせぶりですが、修理内容の事ではありません。

正確には、2件目になるのかもしれませんが、LINE@に修理のご依頼を頂きました。

前回は、LINE@のトーク設定の不備で、お客様からのご依頼が見えなかったのですが、今回はしっかり、受け答えが出来て、明日のご訪問のご予約を頂くことが出来ました。

スマホをお持ちで、LINEをお使いなら、メールよりLINEの方が、確実に連絡が取れると思いますので、あのこらのホームページのLINEから友だち追加をして、ご連絡ください。

友達登録をされても、当店からの、イベント等のご案内は有りませんので、悪しからず。

2018年1月29日 (月)

古いホームページの整理

当店のホームページは、以前はFC2の無料で使えるサーバーに置いていました。

その当時は、ケーブルテレビのメールアドレスをメインで使っていましたが、ケーブルテレビの都合でメールアドレスが変わることになり、それを契機にSAKURAのレンタルサーバーにホームページも、メールも移行しました。

大半のサイトはSAKURAのサーバーに移行していましたが、古いFC2のホームページも残ったままのものが有りました。

今日は、週初めですが、仕事の依頼はなく、時間が出来たので、古いホームページをすべて新しいホームページへの誘導ページに変更しました。

2018年1月28日 (日)

パッチ下チューブ割れ 仮説

パンクの纏めサイトを作ろうとして、パッチを貼ったチューブの割れを思い出しました。
160917_123617_2

覚書として、チューブ不具合 遭遇情報 を作っていますが、去年一年間はパッチの下でチューブが割れているのに遭遇していません。

開業当初、パッチ貼りにはマルニのエコセメントを使っていて、自分が修理したパッチの下でチューブが割れているのを2年目、3年目で遭遇していました。

時期は明確ではないのですが、エコセメント単独からエコセメント+リキッドバッファーに更ににバルカーン+リキッドバッファーに切り替えています。

加硫接着剤で接着力の強いバルカーンの方がチューブとパッチが一体化してパッチ下でのチューブ割れが起きにくいとの仮説を立ててみたのですがどうでしょうか?

2018年1月27日 (土)

チェックして良かった

パンク修理のご依頼で、パンクは典型的な折れパンクでした。

パンクの修理は終り、各部点検中にハンドル(ヘッド)のガタツキを見つけました。

某社の一発二錠付きです。ネジが硬かったのですが、何とか玉押しを回せるスペースを作り、ガタつかないところまで締めこみました。

乗車点検すると、ハンドルがスムーズに回りません。ダブルロックになっていますので、押さえると、玉当たりが変わるのかと緩めてみてもハンドルの重さは変わらず、ガタツキも出てきます。

ヘッドワンをちゃんと絞めてもカゴブラケットが固定されません。

心を静めて、ヘッドパーツを分解したら
Kimg1552 Kimg1553

ヘッドのリテーナーが入っていません。

リテーナーベアリングを入れたら、ちゃんとがたもなくスムーズに回りました。

お客様に確認したら、何かにぶつかって、フロントフォークを交換したことがあるとのこと。
動きは悪いなとと思いながら、乗れているのでそのままだったそうです。

フレームと同色のフォークでしたので、純正部品を取り付けられたのだと思いますが、組み立てて点検すれば、三度ぐらい異常に気付く機会は有ったと思います。

プロとしては余りに恥ずかしい仕事だと思います。

まどろみ

川越の気温はまだ氷点下ですが、晴れて日差しは暖かいです。

今日で道路の雪もかなり解けてくれるでしょうか?

我が家の猫(ノンタン)は、窓越しの日差しを受けながら、まどろんでいます。

Kimg1550

2018年1月24日 (水)

チェーン外れの再修理

チェーン外れの原因 でBBの玉当たりの調整をしたお客様ですが、再発のご依頼が有りました。

ご自分でかけ直しをされたそうですが、すぐ外れてしまうとのこと。

BBの緩みの再発を考えながらお伺いしたのですが、原因はボスフリーのラチェットがグリスの固化で固着してのチェーンのたわみでした。

最近の低温で、グリスが硬くなったのかもしれません。

ラチェットの洗浄で復帰しましたが、3ヶ月で2件の発生です。

古いクロスバイクでは、念のためラチェットの洗浄を修理後点検に加えた方が良いのかもしれません。

川越の道路状況は、幹線道路は路肩の雪を注意すれば走れますが、住宅街の生活道路はまだあちらこちらで雪が残り、アイスバーンになっています。
寒い日が続きますので、当分注意が必要な状況です。

2018年1月23日 (火)

明日(01.24)は午前休です。

先ほど電車で、錠壊しのご依頼の対応をしてきました。

風が少し出てきた来たので、路面が乾いているところも有りますが、ぬれた路面は凍結が始まっていました。

バイクでは、凍結路を走ることが出来ませんので、明日の午前中は休業とさせて戴きます。

よろしくお願いいたします。

*タイトルの日付けが間違っていましたので修正しました。

2018年1月22日 (月)

サイクルベースあさひ サイクルポーター一時休止

サイクルベースあさひさんの 自転車修理引き取りサービス サイクルポーターが一時休止されるそうです。

サイクルポーターのサイトに

「一層のサービス向上のため、以下の期間一時サービスを停止させていただきます。ご利用のお客様には大変ご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解のほどよろしくお願いします。 停止期間:2018/2/5~2/20 」

の案内が有りました。

雪の中でパンク修理

雪が積もったので、一度は休業ですとお断りしたのですが、事情をお伺いすると、当店の近くの自転車屋さんまで、自転車を持ってきたら、お休みだったとのこと。

明日までに何とかして直しておきたいとの事でしたので、お引き受けしました。

雪の中でのパンク修理が終わった後の画像です。

Kimg1546

屋根の下で修理ができる場所がないので、パッチ貼りの時だけ、家内に傘を差してもらいながら、修理をしました。

バルブコアや、ナットなどが、雪に埋もれて探すのが大変でした。

ゴム糊の上に、多少ですが雪が掛かりましたが、ホットブローで、しっかり乾かしてから貼ったので、パッチもしっかり付きました。

雪がちらつき始めました

天気予報通り、川越は雪がちらつき始めました。

雪が積もり始める様なら、本日は臨時休業とさせて戴きます。

ご容赦ください。

2018年1月21日 (日)

パンクについてのコンテンツ追加

スライム(パンク防止・修理剤)被害低減プロジェクトサイトにパンクについてのコンテンツを追加しました。

パンクを考える

 *シティ車について書いています、ロードなどは常用空気圧が異なるので適用外です。

 空気を貯める

 タイヤの中には、チューブと呼ぶ、空気を貯める部品が有ります。
 チューブにはバルブという空気の入り口が有り、バルブは入った空気を逃がさない構造になっています。
 タイヤはリムに嵌められていて、チューブは、リムテープか、リムバンドを介して、リムやニップルと接しています。
 空気を貯めるのはチューブですが、チューブが膨らみすぎないように形を保つ役目はタイヤがしています。

 パンクとは

 何らかの原因で、チューブに入った空気が漏れて、溜まらない状態をいいます。
 当店の定義では、チューブに異常があるものがパンクで、バルブの虫ゴム不良による空気漏れはパンクとは呼ばないので、お客様や世の中の定義とはちょっと異なります。

 パンクの原因と種類

  • 空気圧不足が原因で起きるパンク
    • 揉まれパンク
    • 折り目パンク
    • リム打ち(蛇噛みパンク、スネークバイト、ピンチフラット、リムピンチ、リムカット)
    • バルブ根元パンク(バルブパンク)
  • 外部要因で起きるパンク
    • 異物刺さり(蚊刺しパンク)
    • リム噛み(破裂パンク、バースト、ブローアウト、ブローオフ)
    • リムバンドずれによるニップルパンク
    • タイヤ内異物
    • ダブルウォールリムでは、バルブ固定ナットの締めすぎでバルブ根元パンクが起きることが有ります。
    • パッチの貼り付けミスやチューブの削りすぎなどの修理ミス
    • いたずら
  • 部品の不良で起きるパンク
    • 製造時のチューブピンホール
    • チューブ接合部の強度不足
  • 部品の劣化で起きるパンク
    • タイヤ劣化によるバースト(破裂パンク、バースト、ブローアウト、ブローオフ)
    • リムバンド切れによるニップルパンク
  • パンクではない空気漏れ
    • 虫ゴム切れ
    • トップナットの緩み
    • パンク防止剤によるバルブコア腐食

 パンク対策

  • 空気圧不足が原因で起きるパンク
    • 最低でも一回/月の空気入れの励行
      • 自転車のそばに空気入れを置く
      • 空気を入れる日を決める
      • 空気の入れやすい空気入れを選ぶ
    • エアーハブ
    • ノーパンクタイヤ
    • チューブレス化(まだ現実的では有りません)
    • タルク粉(タイヤパウダー)による、タイヤとチューブの張り付き防止については、効果ははっきりとは確認できていません。
  • 異物パンク
    • 耐パンクタイヤ
      • 高密度ケーシングや、耐パンクベルトを内蔵した異物の侵入を防ぐタイヤ
      • トレッド(路面と接するタイヤの部位)を厚くし、異物がチューブに届かないようにしたタイヤ、パンクしにくいタイヤと称されることが多い。
    • 耐パンクベルト
    • パンク防止剤
    • ノーパンクタイヤ
  • 部品性能劣化パンク
    • タイヤ、リムバンド、虫ゴムなどの定期的な交換
  • いたずら
    • ノーパンクタイヤ
    • トップナットのいじり防止
  • 修理ミス
    • 信頼できる自転車屋さんを見つける

 パンク発生頻度

 当店で依頼を受けたパンクの発生頻度はこうなっています。
 揉まれパンク>リム打ち=折り目パンク>虫ゴム切れ>異物>バルブ根元パンク・・・

修理屋の目で見たパンクについての纏めです。
今のところは、画像が有りませんが画像と追加して、説明も増やしたパンクについてのページにを作るためのアウトライン的なものです。

スライム(パンク防止・修理剤)の悪口だけでは、読んでもらえなくなってきましたので、少しでも興味を持ってもらえれば良いのですが。

2018年1月20日 (土)

グリップとペダルの交換

今日は、パンクのついでにとのことで、グリップとペダルの交換のご依頼を頂きました。

別な自転車で、ご主人がサドルとグリップを交換されたそうです。

サドルの交換は、上手くいったのですが、グリップが途中までしか入らなかったとのことで、そちらの最後までの差し込みをお受けしました。

冬場は、グリップが硬くなりますので、どうしてもハンドルに押し込みにくくなります。

水でもいいのですが、薄めの洗剤でグリップの中を濡らし、後から押し込むようにすると、冬でも割とスムーズに入れられます。

洗剤を使うと、一日二日は、グリップが動くことが有りますが、乾くと動かなくなりますので心配いりません。

お客様にも、この手順はお教えしました。

気が付くとリング錠も新しくなっていました。

最近自転車の部品を新しくするのが楽しくてとのことで、次は前かごを交換されるそうです。

こんなお手伝いは楽しいです。

毎月19日は、自転車の空気入れる日でした。

昨日19日は、自転車の空気チェックと空気入れの日でした。

「毎月19日は、自転車の空気入れをしましょう。」 

今日も自転車に、5分だけ、愛情を注いで下さい。

自転車の、パンクの8割は「リム打ちパンク」と「チューブ揉まれパンク」で占められています。

どちらも、空気をしっかり入れる事で、ほとんど防げます。

異物を踏んで起きるパンクも、空気がしっかり入っていると、路面との接地面積が少なくなるのと、タイヤが異物を弾いてくれる事で、いくらか防げます。

親指でタイヤの側面を押しても、ほんの少ししかへこまない程度まで、空気を入れてください。
自転車に乗った状態で、タイヤと路面の接する長さが10cm程度が体重で補正した最適の空気圧です。
(軽快車の場合です。スポーツタイプでは、タイヤの適正空気圧が異なります)

不調な空気入れも、パッキンの交換や、油切れを補充してやることで治る場合が有ります。
ポンプのホース切れも時折目にしますが、ホース交換もできます。
 

一ヵ月で減る空気の量が、約0.5気圧でした。
この位の減り方なら、普通の空気入れなら4~5回のポンピングで、3気圧に戻ります。

空気入れを屋外の自転車のそばに置く事は、ごみなどが入る危険を考えるとお勧めできないのですが、月に一回使う前提で、置き場所を考えてやってください。

今のところ当店一押しのバルブはシュワルベ英式バルブです。
Englishvalvecore_1_2
長寿命で、ゴミも溜まりにくく、軽い力で空気が入ります。
あまり、一般には販売されていませんが、当店では在庫しています。

2018年1月19日 (金)

来週23日(火)は遠出をします

ちょっと気が早いですが、休業日のお知らせです。

火曜金曜の定休日でも、ご依頼が有れば対応しています。

今日も2件お伺いしました。

700Cのパンクによるチューブ交換と、BBのガタツキです。

来週の火曜日(23日)は所用で遠出しますので、ご依頼を頂いても対応が出来ません。

よろしくお願いいたします。

700Cのパンクについては、パッチを貼ってすぐに高圧の空気を入れると、パッチ剥がれが多発しましたので、チューブ交換で対応させて戴いています。

パンクしたチューブは、予備で使える様に、パッチ修理してお渡ししました。

パッチ修理して、時間が経過すると高圧でも剥がれないことは確認済みです。

2018年1月18日 (木)

650B(27.5)チューブレスは定着するのか

もっと早く気付くべきだったのですが、MTB用タイヤで650B(27.5)というタイヤサイズが有ります。

私たちの年代では、650Bというとランドナー用のちょっと太めのタイヤというイメージなのですが、実はシティ車の26インチのタイヤと互換性が有ります。
確認ミスです、takeos様のコメントでのご指摘の通り、一般車の26x1 3/8タイヤは32-590で6mmの差が有り、互換性は有りませんでした。
チューブレス用で、リムとの密着性を考慮したタイヤでは、嵌まらないと考えた方が良いようです。
誤解を与える記事で、申し訳ありません。

削除も考えたのですが、自戒の為、取り消し線で消して、記事自体は残します。


自転車探検 タイヤ呼び寸法を参照
Size
まだ、シティ車に使おうと思うタイヤは有りませんが、チューブレスやチューブレスレディタイヤもラインナップされていますので、タイヤの種類が拡がって、スリックタイプのチューブレスが出てくれば、シティ車の26インチにチューブブレス化の可能性が拡がります。

現状で7割近いシティ車の空気圧不足で起きるパンク(リム打ち、揉まれ、折り目、バルブ根元など)から解放される日が来るかもしれません。

2018年1月16日 (火)

LINE@のアプリが必要でした。

LINE@取得しました。」で既報の通り、@サイクルメンテあのこらのline@アカウントを取得していました。

ホームページにもLINE@のバナーを貼っていましたが、今日ご予約のお客様から、LINEでは受け付けてもらえなかったとのメールを頂きました。

調べてみると、LINEとは別にLINE@のアプリをインストールする必要が有りましたが、インストールしていませんでした。

本日、アプリをインストールし、トークできる設定にしましたので、今日からLINEでの修理依頼をお受けすることが出来ます。

2018年1月15日 (月)

チェーン外れの原因

今日は、チェーン外れの修理です。

今日のチェーン外れの原因は、

後半でようやくがたついているのが分かるかもしれませんが、手持ちだと分かるように撮るのが難しいです。

こちらの方が、自転車屋さんには分かりやすいでしょうか?

BBの右ワン緩みによるクランク軸、チェーンリングの揺れです。

今回は、軽微だったので、左右ワンの玉当たり調整で済みました。

外装変速の自転車では、この他に、ディレーラーの調整不良や転倒による曲がりでチェーンがスプロケットから外れることが有ります。

めったにないケースですが、ボスフリーのラチェットが固着してのチェーンたわみで外れることが有ります。

内装変速や変速無しの自転車では、チェーンの伸びでチェーンが弛むことがチェーン外れの原因になります。
この場合は、チェーンの張りの調整で治ることが大半ですが、時には伸びすぎて、チェーン交換や、チェーンの駒詰めが必要になります。

結果は、すべてチェーン外れなのですが、掛けなおしの作業や、原因の除去にはそれぞれで作業時間や手順が変わってきますので、チューン外れの修理料金は変動します。

ご了解を頂けますよう、お願いいたします。

2018年1月14日 (日)

再パンク?

パンクかもしれないとのご依頼だったのですが、線後輪とも空気は減っていますが、残っていました。

お使いの空気入れがポータブルタイプの空気入れでした。41w07jc6f7l_2
アマゾンから拾った画像ですが、こんなタイプです。

ホースが切れていて、パッキングも効いておらず、バルブ口からも空気が漏れます。

ホースの切れた部分を捨てて、ネジ部にシールを施して何とか使える様にしましたが、空気を入れるのが大変で、この空気入れでは、使い物にならないと判断しました。

空気は残っていたのですが、前回修理の後、乗ろうとしたら空気が抜けていたこのことで、前後輪とも、ホイールを外して、チューブを取り出し、5cm位に膨らませて水調べしましたが、やはりパンクはしていませんでした。

あまり頻繁には乗られていないとのことでしたの、自然の空気減のようです。

フロアタイプの空気入れの購入と、月に一度の空気入れをお願いして、修理完了です。

自転車は、空気をしっかり入れてやることで、故障も減りますし、快適に乗れます。
空気入れも安くてもいいですが、使いやすくてしっかり空気を入れられるものを選んでください。

2018年1月13日 (土)

今日は開店休業です。

土曜日は、忙し時と、暇な時の差が極端な気がします。

寒さの所為か、ご依頼がなく開店休業の一日でした。

本来は、こんな日にこそ、確定申告の作業をすべきなのですが、気乗りがせず、アクセスの伸びないスライム被害低減プロジェクトサイトの手直しです。

文脈を変えて、文章も手直ししましたので、少しは読みやすくなったでしょうか?

3カ月間のアクセスは、
Slime
検索画面に表示された回数こそ9049と多いものの、実際にクリックされたのは558回と一日平均では6回ぐらいしか見られていません。

関心がないのか、引き付ける魅力がないのか?
このままでは、期限を決めていないとはいえ、到底プロジェクトの目標を達成できません。

2018年1月12日 (金)

バイクが動きませんでした。

今日は、休みなのですが、昨夜ご依頼を頂いたパンクの修理です。

ちょっと当店の事情で、夕方6時以降のご依頼で、翌日で可能なものは翌日に廻させて頂いています。

朝一で出かけようとしたら、出張修理用の電動バイクが動きません。

後輪が完全に固定された感じで、びくともしません。

ちょっと焦りました。

ブログでも内緒にしていたんですが、実は昨年の大雨の後、冠水した道路をバイクで走って、バイクを水没させています。

暫く、ホイールインモーター内に水が入ったのか、モーターの不調が有ったのですが、時間とともに解消していました。

今朝の低温で、モーター内部で水が凍って、不動になったようです。

大慌てで、トーチでホイールを温めましたが、動いてくれず、お客様に、遅延の連絡を入れて、確認をしたら、動くようになっていました。

やはり、内部の氷だったようです。

その後は、異状なく動いています。

2018年1月11日 (木)

Wwindows10 Update失敗(KB4056892)続報

Wwindows10 Update失敗(KB4056892)記事の続報です。

一部の AMD ベースのデバイスに対する Windows オペレーティング システムのセキュリティ更新プログラムの提供停止

という事態のようです。

MSとAMDの対応待ちです。

BOUNCEさんが移転されたようです。

修理の帰りに見慣れたお店のマークを見つけました。

BOUNCEさんのロゴでした。

気になって元のお店の場所に行ったら、お店が有りませんでした。

ホームページでは、まだ元の住所のままです。

ホームページのお知らせにも、記載は有りませんので、正確な情報はお店に確認された方が良いと思います。

見つけた場所は鶴ヶ島市藤金805−39の辺りです。

2018年1月10日 (水)

久しぶりの雨樋記事です。

今日は、小江戸蔵里の駐輪場でお仕事でした。

パンク修理のご依頼でしたが、バーストパンクで、タイヤチューブ交換です。

最後の変速確認で、チェーンガード無しのロー側にチェーンを落としてしまい、再度ホイール外しとフリーを外しました。

修理完了して、お引き渡しし、気持ちを落ち着けようと、建物をよく見たら、建物ごとに別々な銅製雨どいが使われていました。

最初に目についたのがこの円錐型の鮟鱇です。
Kimg1511 Kimg1514

Kimg1516 Kimg1518

こちらは、既製品の銅製雨樋かもしれません
Kimg1513

他の建物もすべて形の違う雨樋でした。
Kimg1512 Kimg1520

この雨樋は、上手く写せませんでした。
Kimg1522 Kimg1526

今日初めて、スマホのカメラ機能にデジタルズームだと思いますが、ズーム機能が有ることが分かりました。

ちょっと高い位置の雨樋も撮影できるかもしれません。

廃業された自転車屋さんが分かりました。

昨年の11月の記事ですが、「また自転車屋さんの廃業が有りそうです」で分からなかった自転車屋さんが分かりました。

市内の三光町近くの高橋輪業さんでした。

裏道を抜けるのに、よくお店の前を通らせて頂いていました。

丁寧なお仕事をされそうなお姿を拝見するのが楽しみだったのですが、残念です。

Kimg1527

5年後に、旧市内の自転車屋さんは何軒残っているのでしょうか?

自転車は、修理点検が必要な乗り物です、購入時の価格だけで安い自転車を選ばず、お近くの自転車屋さんを大事にしてあげてください。

2018年1月 9日 (火)

休業日ですが、依頼が有りました。

昨日の記事の、パンクしていなかったはずなのに、空気が抜けたチューブですが、改めてホイールにタイヤとチューブをセットして空気を入れてみました。

念の為に、規定より多めに4気圧位入れてみましたが、空気の抜ける様子は有りません。

どうもトップナットが緩んでいたか、バルブコアのセットが悪かっただけのようです。

今日は、休業日なのですが、ご依頼が3件ありました。

いずれも、年中無休ですとお伝えしていたリピータのお客様でしたので、修理にお伺いしました。

パンクと内装三段の変速が出来ないとのことで、パンク修理とシフトワイヤーの交換です。

BBからリテーナー破損の前兆のコツンコツンの音がしていたので、BBを分解してリテーナー交換とグリスアップです。

続いては、パンクのお客様、折り目の擦れパンクでした。

続いて、パンクのごご依頼だったのですが、タイヤのケーシング切れでした。
タイヤチューブ交換をして、ロー側に落ちるチェーンのディレーラー調整です。

やはり、何かしら予定外の作業が加わってきます。

2018年1月 8日 (月)

今日は、予定外続きです。

朝一のお客様です。ご予約を頂いていた錠の交換だったのですが、前後輪のパンク、後輪のハブグリスの固化での回転不良の不具合が見つかり、予定時間を大幅に超過です。

パンクは、刺さり物パンクだったのですが、タイヤサイドにかなり大きめの穴が前後とも似た形状で空いていました。

ハブのグリスは、万能グリスだったのか、粘ってしまってハブが廻りません。
チェーンオイルで、溶かして、玉当たりを調整しました。

2件目のお客様は、タイヤ・チューブ交換だったのですが、チェーンが伸びて、調整の限界で、チェーンの切り詰めが追加になりました。

嬉しかったのは、当店で錠を交換させて頂いた際、鍵の番号をお伝えしていたのですが、予備の鍵もなくしたので、鍵だけニッコーさんに注文しますといわれたことです。

鍵番号をお渡ししておいて良かったです。

3件目のお客様は、パンクと錠の取り付け、前かごの交換です。

パンクチェックをしたのですが、穴が見つからず、バルブ周りにも異常がなかったので、念のため、ホイールを外してチューブを取り出し大きく膨らませましたが、やはり漏れは有りませんでした。

しっかり空気を入れたつもりで、乗車点検しようとしたら、抜けています。
再度空気を入れましたが、やはり抜けます。
不安を残すよりはと、チューブ交換で対処しましたが、古いチューブに空気を入れるとしっかりと膨らみます。

実は、この作業をしている間、ご近所の方でしょうか、話しかけられて、ずっとおしゃべりをされていました。
適当に相槌を打って作業に集中していたつもりなのですが、思い返すと、作業内容を忘れています。

古いチューブは持って帰ってきましたので、もう一度ホイールにセットして確認するつもりですが、今日はちょっと疲れたので、明日以降暇を見て再チェックします。

こちらのお客様も、ホイールの回転が重かったのですが、メタルリンクブレーキのグリス切れでした。

2018年1月 7日 (日)

修理せずに帰ってきました。

上り坂は平気なんだけど、下りになると、漕いでいてチェーンが カタッ カタッと気になる音を出すとのご依頼でした。

これは、無理かもしれないと思いながら、自転車をお借りして乗車して確認してみました。

思った通り、フリーのラチェットが掛かるまでの遊びによるクランクのトルク変動によるチェーンの鳴りです。

一応、チェーンの張りも調整してみましたが、チェーンの弛みは僅かで、ご依頼の症状は改善しませんでした。

お客様には、フリーの機構をご説明し、お客様が気にされていたチェーンの外れに繋がる不具合がないこともご説明して、作業終了ですが今一納得されるまではいかなかったようで、残念な結果でした

Wwindows10 Update失敗(KB4056892)

Update
CPUの脆弱性対応のUpdateのようですが、30%更新の表示後、再起動が掛かりますが再起動に失敗しました。

パソコンの再起動を繰り返し、Update実行前に修復はされたのですが、再度Updateしても、再起動に失敗します。
Update_2

DELLのPCでCPUはAthlon64です
Update_3_2

こちらのブログでも再起動しないと書かれています。

暫く状況を見守ろうと思います。

2018年1月 6日 (土)

順調な滑り出し

昨日は、お休みでしたが。今日から実質仕事始めです。

今日は、朝一でしばらく乗られていなかった自転車の点検依頼。
その後、ロードのチューブ交換、錠交換、パンクチェックと、続いてご依頼を頂きました。

明日のチェーン調整のご予約、明後日の錠交換のご予約も有り、今年も順調な滑り出しです。

修理に関しては、錠交換でお伺いしたお客様の後輪が、ちゃんとフレームセンターにセットされていないのに気づいた事。
点検のお客様のサドルポジションを後退させ、高さを下げて、足つきを良くしたことがちょっといつもと違った修理でした。

2018年1月 4日 (木)

スタンドバネ折れ

今日から、実質仕事始めです。

初のご依頼は、スタンドのバネ折れです。

「注油箇所とケミカル」記事でも書いた通り、修理受注時のメンテナンスで、スタンドにも注油していますが、回転部、摺動部(金属同士がこすれ合うところ)には、適宜注油をしてやると部品の寿命が延びます。

特に、スタンドについては、バネで常で負荷が掛かった状態で擦れあったり、回転するので摩耗が進みやすいです。

荷物の配達したりして、自転車を止める機会が多いと、消耗も早いです。

今日の修理では、スタンドのロック部品のバネが掛かる部分が摩耗が進んでいたので、標準より長いバネを用いて、負荷を少なくしました。

もちろん、スタンドの上りや、ロックして動き出さないことは確認しました。

スタンドを多用する方仕様で、バネの掛かり部分に含油軸受などを使ったスタンドがあると嬉しいのですが・・

2018年1月 3日 (水)

お正月が終わりました。

今年のお正月が終わりました。

開店休業で、ご依頼は有りませんでした。

ちょっと動かずに食べ過ぎたので、明日以降のご依頼に期待です。

昨年はパソコンの前に座っている時間が多かったのですが、少々運動不足を感じ始めました。

今年は、少し仕事以外で室外での活動時間を増やそうと思います。

ブログの訪問数も頭打ちになっていますし、ネタ切れにもなってきましたので、毎日更新は卒業しようと思います。

懸案ネタは、残っていますので、気まぐれ更新のブログになります。

2018年1月 2日 (火)

今年の元旦

昨日は、初日の出は見逃し、実業団駅伝のTV観戦で始まりです。

おせちを食べて、お屠蘇替わりは、埼玉の酒 神亀の濁り酒です、発泡酒なので、少し酸味が有りますが、咽喉ごしが面白いです。

駅伝観戦が終わって、風がちょっと強かったですが近所の日枝神社に初詣。

仕事の依頼はなく、のんびりとした元旦でした。

2018年1月 1日 (月)

2018年 明けまして

2018年 明けましておめでとうございます。

2018

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

スライムパンク防止剤は、こんな悪さをする

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

カテゴリー

川越市自転車シェアリング

Active Safety Project

最近のトラックバック

ブログランキング

無料ブログはココログ