« 2017.12.10の異物2題 | トップページ | ブレーキ調整 »

2017年12月12日 (火)

4気圧チャンバー敗退

リムバンドの空気遮断性がそれなりに有ったので、次の手順に進もうと、チューブ無しのタイヤに空気を入れる挑戦です。

もともとチューブ無しでの使用は想定されていないので、リムとタイヤの隙間は大きくて不揃いです。

当然、空気入れではビードが上がらないので、バイクの前輪を使って、4気圧のエアーチャンバーを作ってみました。

Kimg1376
空気圧チェック用に使った、二股バルブを延長し、入り口と出口を作りました。

Kimg1378 Kimg1379
空気の流路のバルブはすべて外していますので、米式の口金です。

結果は、ビードは上がりませんでした。
失敗です。

バイクのタイヤを使ったので、気圧は4気圧を限界にしました。
後は流路をどこまで拡げられるか、専用の機材を使って、空気圧を上げるか、コンプレッサーの導入の選択肢となります。

今回のホースは内径4mmです。

バルブの外径が8mmなので、ホースを内径8mmに変えて、バルブもボールバルブに変えてみるのが次の案です。

ビードが上がらないと、何も調べられませんので、暫く停滞です。

« 2017.12.10の異物2題 | トップページ | ブレーキ調整 »

シティ車部品でチューブレス化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1550682/72439573

この記事へのトラックバック一覧です: 4気圧チャンバー敗退:

« 2017.12.10の異物2題 | トップページ | ブレーキ調整 »

スライムパンク防止剤 被害低減プロジェクト

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

カテゴリー

川越市自転車シェアリング

Active Safety Project

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ブログランキング