« どこから漏れる | トップページ | 2017.12.10の異物2題 »

2017年12月10日 (日)

パッチ貼り忘れ

今日は朝から5件パンク修理のご依頼

異物パンクが2件、チューブ揉まれパンクが1件、タイヤ摩耗1件、リム打ち1件です。

その間に、チェーン伸びの張り調整が有りました。

タイトルのパッチ貼り忘れはその中での出来事です。

パンク修理に掛かる前に、ハブ軸のガタツキと、リムの振れを見つけたので、後輪をフレームから外しました。

パンク箇所はマーキングしたのに、電話で作業が中断されたことも有りますが、パッチ貼りをせずに、ハブ軸のガタツキの調整に掛かってしまいました。

リムの振れを取って、空気を入れて実走して、お客様に終わりましたと、内容をご説明してタイヤを触った時に空気が抜けていて、パッチの貼り忘れに気付きました。

こんなミスは初めてですが、お客様への修理内容のご説明で気付くことが出来ました。
最後の説明での振り返りは大事です。

« どこから漏れる | トップページ | 2017.12.10の異物2題 »

自転車出張修理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1550682/72425786

この記事へのトラックバック一覧です: パッチ貼り忘れ:

« どこから漏れる | トップページ | 2017.12.10の異物2題 »

スライムパンク防止剤は、こんな悪さをする

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

カテゴリー

川越市自転車シェアリング

Active Safety Project

最近のトラックバック

ブログランキング

無料ブログはココログ