« チェーン外れ 再発 | トップページ | シール材の検討 »

2017年12月 7日 (木)

走るとゴトンゴトン

この冬、二件目の修理です。

キーワードは「走るとゴトンゴトン」です。

肉厚チューブが装着された自転車が増えてきたからでしょうか?

バルブの所で、チューブが集められて畳まれています。
Kimg1354

このぐらい余っています。
Kimg1355

念の為、水調べしようと空気をいてると、
Kimg1358
卵を飲んだ蛇のように、引っ張られて弱ったチューブが膨らみます。

削れカスも一杯出ていますので、チューブ交換すべきなのかもしれませんが、タイヤには収まりましたので、タイヤ内にタルク粉をまぶし入れ、お客様には、画像を見て戴き、しっかり空気を入れて戴くことをお願いしてチューブは交換せず修理完了としました。

オーナーは小柄な女性でしたので、少しでも軽くしっかり空気が入れられるようバルブコアをシュワルベ英式バルブに交換しました。

« チェーン外れ 再発 | トップページ | シール材の検討 »

自転車出張修理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1550682/72401752

この記事へのトラックバック一覧です: 走るとゴトンゴトン:

« チェーン外れ 再発 | トップページ | シール材の検討 »

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

カテゴリー

川越市自転車シェアリング

Active Safety Project

雨雲

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ブログランキング