« 7月12日(火)は休業いたします。 | トップページ | 電子メール公開の覚悟 »

2017年7月11日 (火)

ハブダイナモ ショート

「ハブダイナモの+端子がすぐ抜ける。」とのご依頼でしたが、リード線側の端子を交換してもライトが点灯しません。

Kimg0937

ダイナモの端子電圧が出ておらず、端子台の+、-間には導通(抵抗値=0)が有りました。
端子台部分の変形もあったことから内部での断線も疑い端子台側を分解し、改めて+、-間の導通を調べると、わずかですが抵抗値を示しました。

当たり前に考えれば、導通(抵抗値=0)の時点で。端子間のショートを疑うべきだったのですが、今まで、不点灯の原因として断線しか経験していなかったため、この時点ではショートに思い至りませんでした。

端子間(リード線含む)のショートと思えたので、引き回しや、固定位置に気を配りながら組み上げたら、しっかり点灯してくれました。

初のショートによる不点灯体験です。

次回からは、端子間の導通チェックで、ショート、断線の見極めが出来るようになりました。

« 7月12日(火)は休業いたします。 | トップページ | 電子メール公開の覚悟 »

自転車出張修理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1550682/71103711

この記事へのトラックバック一覧です: ハブダイナモ ショート:

« 7月12日(火)は休業いたします。 | トップページ | 電子メール公開の覚悟 »

スライム(パンク防止・修理剤)被害低減プロジェクト

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

カテゴリー

川越市自転車シェアリング

Active Safety Project

雨雲

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ブログランキング