« 電子メール公開の可否? -2 | トップページ | 完成? »

2017年7月 6日 (木)

3ヵ月で虫ゴム切れ

「パンクしたんです。」とのご依頼でした。

パンクの状況をお伺いすると、「空気を入れたらシューと抜けたんです。」とのこと。
「空気を入れる前は空気は残っていたんですか?」とお聞きしたら、「ハイ、空気は入っていました。」とのこと。

家内にこの状況を伝えて、原因は何だと思うとと聞いたら、「虫ゴム?」と答えが返ってきました。

抜ける状況と空気が残っていたとの条件から出した答えだそうですが、正解です。
流石に自転車屋の奥さんです。

まだ購入されて3カ月位だそうですが、虫ゴムが切れて空気穴が出ていました。

シリコーンチューブが虫ゴムの代わりに使えないか試していた時も、すぐに切れてしまうチューブと1年持つチューブが有り、プランジャーとバルブの外筒の擦り合わせの角度はJISの規定では45度ですが、角度が規定に収まらず、面ではなく線で当たっている可能性を懸念しています。

安全を考えて、ゴム切れの心配のないシュワルベの英式バルブコアに交換させていただきました。

« 電子メール公開の可否? -2 | トップページ | 完成? »

自転車出張修理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1550682/71067513

この記事へのトラックバック一覧です: 3ヵ月で虫ゴム切れ:

« 電子メール公開の可否? -2 | トップページ | 完成? »

スライム(パンク防止・修理剤)被害低減プロジェクト

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

カテゴリー

川越市自転車シェアリング

Active Safety Project

雨雲

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ブログランキング