« 小数点と分数 | トップページ | 電子メール公開の可否? -1 »

2017年6月22日 (木)

700x28c英式チューブ

持ち込み修理のお客様で、パンク修理のご依頼でしたが、リム打ち3カ所計6個のパンク穴でした。

チューブ交換の方が安上がりになるパンク修理だったのですが、使われていたチューブが700x28cの英式バルブチューブでした。

流石に手持ちはなく、パンク修理で対処させて戴きました。

底十字のスペシャルバルブが使われていましたので、高圧を入れるのはちょっと心配でしたが、7気圧まで、いれさせて頂きました。
(以前に、孫のクロスバイクで8気圧まで入れて内部のゴム栓が変形したことが有ります。)

シュワルベの英式バルブコアなら、高圧でもあまり不安は感じないで済むのですが、ちょっと手抜きだったかと反省しています。

« 小数点と分数 | トップページ | 電子メール公開の可否? -1 »

自転車出張修理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1550682/70936058

この記事へのトラックバック一覧です: 700x28c英式チューブ:

« 小数点と分数 | トップページ | 電子メール公開の可否? -1 »

スライム(パンク防止・修理剤)被害低減プロジェクト

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

カテゴリー

川越市自転車シェアリング

Active Safety Project

雨雲

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ブログランキング