« スライム(パンク防止・修理剤)被害低減プロジェクト 経過 | トップページ | 小さなリスの像 »

2017年4月16日 (日)

繁忙期トラブル

今日は、めったにないトラブルでのご依頼です。

買ったばかりの自転車が倒れたら、ハンドルが曲がってしまったそうです。
(ハンドルステムの固定が甘く、廻ってしまった。)

繁忙期で、製造後のチェックや、販売時のチェックが甘かったのだと思います。

ホイールを足で挟んでハンドルを捻ると、軽く(ちょっと大げさ?)廻ります。

しっかり、ボルトを締めこんで、固定し、ホイール、ブレーキ、クランクの固定を確認してお引き渡ししました。

今年初めての繁忙期トラブルの対応でした。

お客様は、このまま乗り続けても大丈夫ですか?とご不安な様子でしたので、「部品不良ではなく、組立不良で、自転車業界が一番忙しい時期でチェック漏れしたのだと思います。」とご説明させて頂きました。

本来は、保証期間内修理で販売店で対応すべき内容だと思います。

そのほかの修理は、シートクランプの取り扱い説明。

フロントフォークの交換。

タイヤ・チューブ交換

パンク修理が2件です。

« スライム(パンク防止・修理剤)被害低減プロジェクト 経過 | トップページ | 小さなリスの像 »

自転車出張修理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1550682/70281968

この記事へのトラックバック一覧です: 繁忙期トラブル:

« スライム(パンク防止・修理剤)被害低減プロジェクト 経過 | トップページ | 小さなリスの像 »

スライム(パンク防止・修理剤)被害低減プロジェクト

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

川越市自転車シェアリング

Active Safety Project

雨雲

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ブログランキング