« 小さなリスの像 | トップページ | BB緩みの一因子? »

2017年4月18日 (火)

自転車の走行不能トラブルから、サイクルポーターを考察する

当店の存続にも関わりそうで、ちょっと注目しているサービスにサイクルベースあさひさんのサイクルポーターというサービスが有ります。

自転車修理の引き取り、お届けサービスということで、こちらのブログでも紹介しました。

改めてサイクルポーターのサイトを見て「あれっ?」と思ったのが、

  • ・引取り/お届けは自転車が走行不能の場合(パンク、チェーン・鍵トラブル)に限ります。
  • こちらの記載です。

    確かに、パンク・チェーン・鍵トラブルなら自転車は走行不能ですがそれ以外にも、走行不能のトラブルは有ります。

    そんなに目くじら立てなくてもというところから入りますが、

    警音器、灯火、反射板のトラブルは、車両規定に反しますから、まじめにとらえると道路を走ってはいけません。

    安全に関わるところでは、
    ブレーキのワイヤー切れ、ハンドルの緩み(一昨日経験しました)。

    笑い話ではありませんが、
    サドルの盗難。

    ホイール絡みでは、
    ハブ軸折れ、ホイールの振れでのブレーキ当たり、スポーク折れ。

    等々、()内以外のトラブルを思いつきます。

    サイクルメイトに加入していないお客様の引き取り、お届けそれぞれの料金が1,000円との記載が有ったので、サイクルポーターサービスが、事業として成り立つのか考えてみました。

    そもそも、なぜ走行不能トラブルに限ってしまうのだろうという疑問が有ります。
    修理での利益確保を目論んでいるのか、あくまでも顧客サービスの一環なのか、()内の記載を見ると、顧客サービスの一環という考え方なのかもしれません。
    お客様の反応を見て、サービスの範囲を順次拡げていくのでしょうか?

    5K圏に限ったとしても、お客様の分布の中央値は√12.5で概ね3.5K。
    引き取り車の暖気、接客、積み込み、荷下ろし、車庫入れを考えると、引き取り作業にかかる時間は平均で30分を上回るでしょうか?

    時給2,000円以下の人員を当てないと利益の出ない構造になりますね。
    アルバイトに任せる仕事になりそうですから、サービスが順調かどうかは、サイクルポーター業務のアルバイト募集案件を見ていれば様子が掴めそうです。
    今日(2017.04.18)現在は、サイクルポータ職種でのアルバイト募集は有りませんでした。

    出張修理の泣き所は日ごとのご依頼件数のムラと季節での変動です。
    引き取り、お届けは予約制ですが、依頼枠は1時間に2件でしょうか?現場修理しない理由もこのあたりに有りそうです。

    出張修理の仕事を奪われるより、出張修理の認知度向上に寄与してもらえるサービスかもしれません。

    【2017.04.21追記】
    どうも、見方が薄すぎるようです、サービスの範囲や、依頼枠など新たな内容が見えてきましたので、再考します。
    再考察の記事はこちら

    « 小さなリスの像 | トップページ | BB緩みの一因子? »

    日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

    コメント

    あのこらさん、こんばんは。

    条件を考えると最低料金の確保の様にも思えちゃいますね。
    また、人員を増やさないのであれば依頼が多すぎても
    困るのかもしれませんね。
    顧客サービスの意味もあるのでしょうが、
    冷静に考えるとなかなかの値段な気もします。

    現在、僕が取り組んでいるのは穴径です。
    角はバリ取りしてましたがあまり効果を実感出来ませんでした。
    角に大き目のRを付ければと思い専用工具の設計見積を取った事もあるのですがあまりに高額な為に断念しました。

    HPはすべて手作りなんですね。
    僕からしたらとてもすごい事です。
    優しいお言葉、ありがとうございます。
    質問させて頂くことがあるかもしれませんが、
    その時は宜しくお願いします。

    げんちゃん コメントありがとうございます。

    げんちゃんも、かなり安価で修理をされているんですね。
    サービス利用の回数制限はないので、サイクルメイト会員にはメリットが有りそうです。
    サイクルメイト会員獲得の手段かもしれないですね。

    本来は、面で接触するので切れる要素はあまりないはずですよね。
    http://anocora.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/2017/04/18/ver.jpg
    特注でダイヤモンドヤスリを製作してくれるそうです。
    http://www13.plala.or.jp/kitaokayasuri/daiya.htm

    本格的なHPは無理ですが、いつでも聞いてください。

    コメントを書く

    (ウェブ上には掲載しません)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1550682/70292973

    この記事へのトラックバック一覧です: 自転車の走行不能トラブルから、サイクルポーターを考察する:

    « 小さなリスの像 | トップページ | BB緩みの一因子? »

    スライム(パンク防止・修理剤)被害低減プロジェクト

    川越市周辺の自転車屋MAP

    埼玉県内出張修理店情報

    カテゴリー

    川越市自転車シェアリング

    Active Safety Project

    雨雲

    無料ブログはココログ

    最近のトラックバック

    ブログランキング