« 自転車の走行不能トラブルから、サイクルポーターを考察する | トップページ | 気になる錠(NC172リングロック) »

2017年4月19日 (水)

BB緩みの一因子?

元々のご依頼はパンク修理でした。

パンク修理後の本体チェックで、BBの緩みを見つけました。
実は、リピータのお客様で、前回修理時にも、BBの緩みが有り、左右のワンの締めこみ、当たり調整を行っています。

左ワンのロックリングには緩みがなかったので、右ワンも外してチェックすると特に緩みは有りません。

又かと思いながら、右ワンを外すと、ネジピッチの広いところが見つかりました。
右ワンの破損です。

カートリッジBBに交換しようと、カートリッジBBを取り付けましたが、右ワンとベアリングの間に隙間がある状態で、これ以上動きません。
BB軸の回転も異常に重いです。

左右ともタップを切りなおし、右ワンが正常に締まって、BB軸の回転も、普通の重さになりました。

まだ件数も少なく、状況証拠の域を出ませんが、カートリッジBBに交換して、タップの切り直しが必要だったのは、これで2件目です。

BB緩みの一因に、左右のねじ切り時に、中心軸が一致していない可能性を疑い始めました。

左ワンが金属のカートリッジBBは、BB左右のネジの中心軸のずれの検出に使えそうです。

« 自転車の走行不能トラブルから、サイクルポーターを考察する | トップページ | 気になる錠(NC172リングロック) »

自転車出張修理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1550682/70313019

この記事へのトラックバック一覧です: BB緩みの一因子?:

« 自転車の走行不能トラブルから、サイクルポーターを考察する | トップページ | 気になる錠(NC172リングロック) »

スライム(パンク防止・修理剤)被害低減プロジェクト

スライム(パンク防止・修理剤)被害低減プロジェクトに至る経過

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

カテゴリー

川越市自転車シェアリング

Active Safety Project

雨雲

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ブログランキング