« 2017.01.12の日記 | トップページ | パンク2件 »

2017年1月13日 (金)

擦れパンクとビード上げ不良

スタンドの取り付けでお伺いしたお客様の自転車は、前輪のブレーキ調整を追加しましたが、無事に終了です。

お急ぎだったのですが、スタンドの在庫がなく、ホームセンターで購入してのお届けです。
ホームセンターの自転車コーナーが充実して、パーツを購入しやすくなったのはいいのですが、パーツの価格が高いですね。
自転車屋さんで買うのと変わらないような気がします。

もう一軒、こちらはパンク修理だったのですが、まだ新しい自転車ですが、擦れパンクです。
タイヤからチューブを引っ張り出したところで、擦れパンクを予想します。
170113_101341

チューブに削られたゴムがくっついています。
170113_101651

チューブが引っ張られて伸びた部分が他より膨らみます。
170113_101812

こちらがパンクした擦れ痕
170113_102254
削り後の深いところは、予防のためにパッチで覆います。

反対側は、削れていません。
170113_102310

こんな大判パッチで、次のパンクを予防しますが、それでも、チューブ厚が薄くなっているところがあるので、パンクのリスクは高いです。
170113_103846

タイヤ内に残った削り滓を除いて、擦れを軽減するため、タルク粉をタイヤ内に振り入れます。
170113_103956170113_104112

今回の伸びたチューブは、戻りが良く、ちゃんとタイヤ内に収まりました。
170113_104704

空気圧低下の判りにくい、耐パンクタイヤです。
170113_104503

お客様には、リスクのご説明をして、お客様ができる予防法として、月一回の空気入れをお願いします。

パンク修理時に気付いた不具合です。
170113_101226
タイヤのビードが上がりきっておらず、色あせしていないところがあります。

ビードワックスで、ビードの滑りをよくしておきます。
170113_104134

空気を入れると、ちゃんとビードが上がりました。
170113_105301

サイクルベースあさひで、製造から、販売時まで、すべての工程で見逃された不具合です。
しっかり検査しての販売をお願いいたします。

« 2017.01.12の日記 | トップページ | パンク2件 »

自転車出張修理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1550682/69233544

この記事へのトラックバック一覧です: 擦れパンクとビード上げ不良:

« 2017.01.12の日記 | トップページ | パンク2件 »

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

カテゴリー

川越市自転車シェアリング

Active Safety Project

雨雲

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ブログランキング