« 遠吠えではしょうがないので 結果 | トップページ | 消費生活センターに問い合わせ »

2016年12月15日 (木)

新しい工具が仲間入り

今日は、新しい工具が仲間入りです。

かの悪名高い、バック拡げです。
161215_114621161215_114647


使用説明書には、いろいろ注意書きがあります。
201612151144360002_1201612151144360004_1

ご使用上の注意に書かれている、フレームを一時的に広げる目的以外に使用しないでくださいとの注意書きを無視して、自己責任で、フレームを拡げる用途以外に使用します。

うまく使えたら、ご報告しますが、タイヤ・チューブ交換時には間違っても使用しませんので、ご安心ください。

« 遠吠えではしょうがないので 結果 | トップページ | 消費生活センターに問い合わせ »

自転車出張修理」カテゴリの記事

コメント

あのこらさん、面白そうな工具購入ですね!happy01
悪名高き?バック拡げ…
自分も過去にこれで交換された事ありますがフレームエンドは本当に戻らないですよね…sad
意外と注意書きで外装ギアだけと思いましたが内装変速機の後輪もNGだったのは知らなかったですw

何に使うかは興味ありますが
アタッチメントの部分が換えられる構造だったらスレッドステムの引き上げ工具が作れそうですね。smile

力太郎さん コメントありがとうございます。

案外、拡げたり、絞ったりに使える工具はないと思いませんか。
引き上げ工具に使うには、ちょっとベースの金具の強度が足りないようです。
幅は3cm位しかありません。
アタッチメント部分は交換可能です。

5mmのステンレスネジのカットに電工プライヤを使っていますが、金槌で叩かないとカット出来ないんですが、そんな時や、固く締まったペダルをペダルレンチで外すのに、使えないかなと思っての購入です。
将来に向けてですが、歪んだフレームの修正にも使えればと思っています。

これだけ、悪役で叩かれると、廃番になるんじゃないかと思って購入しました。

こんばんは。
悪名高いですが、初めて使った時の感動は今でも忘れられません。
「めちゃくちゃ早い! 専用工具、プロってすげぇ!」 なんて思ったのでした。

23.5インチフレームに使うと塗装はげましたが、今考えると当時のコテコテ大阪おばちゃんには作業時間短縮出来たメリットの方が大きかったのかなぁなんて思ってます。

おおいえさん コメントありがとうございます。

まだ使ったことはないので、フレームに係るストレスが判りません。
鉄フレームなら、バック拡げで加えられたストレス(歪み)を、狭めることで除けるのでは、なんて夢を見ています。

経験しておかないと分からないことが有りますよね。
片側がホイールとスタンドが固定された状態で拡げられたフレームをどんなやり方なら元に戻せるのか。
どこまで戻しの曲げを加えれば戻るのか、きっといつか試すと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1550682/68855489

この記事へのトラックバック一覧です: 新しい工具が仲間入り:

« 遠吠えではしょうがないので 結果 | トップページ | 消費生活センターに問い合わせ »

スライム(パンク防止・修理剤)被害低減プロジェクト

スライム(パンク防止・修理剤)関連記事

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

カテゴリー

川越市自転車シェアリング

Active Safety Project

雨雲

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ブログランキング