« カラータイヤはお勧めしません。 | トップページ | 2016.10.30の異物 »

2016年10月29日 (土)

フリー内部の確認

「ハブを交換しました。」の記事で持ち帰ったホイールですが、フリー部を分解して内部を確認してみました。

今日は、風は強かったですが、さほど寒くもなかった土曜日なのに一件もご依頼がありませんでした。

ちょっと寂しかったですが、幼児車のレストアを進めながら、時間を作って確認です。

NAKANOハブと同型ですが、今まで分解したことはありません。
161029_162222
フリーの蓋は、逆ネジで、窪みに4mmのHEXビットを当てて金槌で時計方向に叩いてやると緩みました。締め付けトルクは一般のフリー蓋と大差はなかったです。

蓋が外れました。
161029_162258

下にベアリングの受けを準備して、スプロケットを持ち上げると分解終了です。
161029_162441

ラチェットの爪を受ける部分が潰れ始めています。
161029_162949

意外だったのが、爪の先端が丸いことです。
161029_163251161029_163304
ラチェットの遊びを減らすためかもしれませんが、ラチェットの爪を受ける部分の強度を要求する設計だと思います。

今回は、ハブごとの交換で正解でした。

【関連記事】リアハブ不具合検証

« カラータイヤはお勧めしません。 | トップページ | 2016.10.30の異物 »

自転車出張修理」カテゴリの記事

コメント

あのこらさん、こんばんは!
海外委託のNakanoハブのフリー不良の分解
画像が詳しくて興味深かったです!
ラチェットの爪を受ける山が全体的に削れて舐めていたんですね…
これではチェーンが空回り?飛ぶなどの症状が出てもおかしくないですね。
自分もシマノのシングルギアのフリーを開けてみたが事ありますが…
※関係ない内容ですが
http://ameblo.jp/rikitarou1979/entry-12108391219.html

不良のハブは構造がラチェットの爪があるのがスプロケットカバー内部だったり受ける溝の山がハブ側だったり
特許の関係でしょうかね?シマノと逆の構造なので面白いですね!どっちが長けているかは分かりませんが
爪を受け入れる側が全般的に潰れているのは強度不足や焼き入れの不良だったのかなと素材の色の違いを見て感じました。

力太郎さん コメントありがとうございます。

思いのほか早く内部確認ができました。
力太郎さんの記事を見て、思いついたことがあるので、修理に挑戦してみます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1550682/68167141

この記事へのトラックバック一覧です: フリー内部の確認:

« カラータイヤはお勧めしません。 | トップページ | 2016.10.30の異物 »

スライム(パンク防止・修理剤)被害低減プロジェクト

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

川越市自転車シェアリング

Active Safety Project

雨雲

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ブログランキング