« 検索結果を表示するサイトを作る(最終スクリプト) | トップページ | シュワルベ チューブ 英式バルブ »

2016年9月 6日 (火)

パッチ貼りのやりなおし手順

一昨日ですが、「チューブ延びとパッチ張り失敗」の記事を書きました。

記事では、パッチが張り付かずと簡単に記載しましたが、実際には5回ぐらいパッチのサイズや方向を変えながら貼りなおしました。

マルニ工業さんにパッチ張りを失敗した時の手順を問い合わせたところ、以下の回答を頂きましたので、ご紹介しておきます。

【一度貼付に失敗した場合は、チューブを削らないような処理を行ってください。

乾燥させたゴムのりを取り除くことは可能ですが、その際に削ってしまうと チューブがかなり薄くなり貼付ができません。
バフいらずで取り除き、簡単な水洗いをお勧めしています。
※傷穴から水がチューブ内に入るのはNGです。

チューブを削りすぎた場合はパッチでの補修ではなく、 チューブ交換がベターだと思います。】

« 検索結果を表示するサイトを作る(最終スクリプト) | トップページ | シュワルベ チューブ 英式バルブ »

自転車出張修理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1550682/67356729

この記事へのトラックバック一覧です: パッチ貼りのやりなおし手順:

« 検索結果を表示するサイトを作る(最終スクリプト) | トップページ | シュワルベ チューブ 英式バルブ »

スライム(パンク防止・修理剤)被害低減プロジェクト

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

カテゴリー

川越市自転車シェアリング

Active Safety Project

雨雲

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ブログランキング