« 墓地を決めました。 | トップページ | 台風の中でお仕事 »

2016年8月21日 (日)

ディレーラハンガー曲がりの応急処置

「駐輪場の駐輪ラックから、自転車を落としてしまって、変速機が当たっているんです」とのご依頼です。

ディレラー修正機は持っていませんので、目視での応急処置になりますとお伝えしてお伺いしました。

リヤスプロケットのロー側から3段目にチェーンが掛った状態で、ガイドプーリーがスポークと当たっています。

ディレーラハンガー曲がりの修理は初めてですが、手順は分かっているつもりでした。

修正機はないので、ディレーラー取り付けネジにアーレンキーを差し込み曲がりを修正しようとしましたが、うまく戻りません。

フレームのエンドの内側で曲がっていますので、フレームが邪魔をしてディレーラーハンガーを曲げ戻すだけの変形をしません。

結局、ディレーラーハンガーを取り外し、鉄板(パンク修理用のローラー台です。)の上で、金槌で叩いて修正しました。

応急処置は完了し、組み付けて変速はスムーズに動きましたが、ディレーラー修正機の使い方に疑問がわきました。

クロモリ時代のハンガーのように、フレームと一体になっていれば、修正機で曲げ戻しはできますが、分割型のディレーラーハンガーでは、上述のようにハンガー単体の曲がりをハンガーだけで修正することは出来ません。
無理に修正しようとすると、フレームエンドが曲がります。

今の時代では、エンド修正機としてではなく、エンド曲がりの検査機としてしか使えないと思いました。

お客様には、早急にディレーラーハンガーを手配して交換してくださいとお伝えしました。

交換用のディレーラーハンガーはCENTURION(センチュリオン) CEN BACKFIRE/CROSS LINE用 パーツ(フレーム) FRP02800
31qzptl8z6l

です。

« 墓地を決めました。 | トップページ | 台風の中でお仕事 »

自転車出張修理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1550682/67114989

この記事へのトラックバック一覧です: ディレーラハンガー曲がりの応急処置:

« 墓地を決めました。 | トップページ | 台風の中でお仕事 »

スライム(パンク防止・修理剤)被害低減プロジェクト

スライム(パンク防止・修理剤)被害低減プロジェクトに至る経過

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

カテゴリー

川越市自転車シェアリング

Active Safety Project

雨雲

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ブログランキング