« ブログとの付き合い方について | トップページ | 整備開始 »

2016年8月12日 (金)

謎のパンク

「今日は9台の自転車を触りました。」の記事で、2日目に再訪しサイドのパンク修理をしたと書いたお客様から、昨日「また空気が抜けています」とご連絡を頂き、結果としてはチューブ交換になりました。

昨日はバタバタしていて、検証できなかったのですが、今日、今後の勉強のために、パンク個所をチェックしました。

ところが、パンク個所はありません。
チューブ単体で、これだけ膨らませましたので、過去の経験からは1週間で空気が抜ける穴まで見つけられる膨らみです。
160812_160417
これが最初の修理跡。

分かりにくいですが、これが反対側の2回目の修理跡。
160812_160431

パッチとパッチの間です。
160812_160503

実は、疑っていたのは、新しいパンク穴ではなく、2回目の修理のパッチ剥がれですが今の時点ではしっかりくっついています。
でもそれなら、なぜ空気が抜けたのとなりますが、新しい穴がなく、1日放置して状況が変わるのは、接着部しかありません。
2回目の修理後、チューブの伸びでパッチが剥がれ、空気が抜けたことでサイドパッチが張り付いたと結論しました。

結果としては修理ミスです。

バルブの付近は元々バルブベースが有って、チューブは他の部分より伸びが大きくなります。パッチを貼ると、画像のようにパッチ部分の伸びも無くなりますので、さらにチューブの伸び率は大きくなります。

もう少し柔らかくて伸びやすいパッチがあればバルブ付近のパンク修理の不安が減るのですが、今のところ手持ちでこれ以外に使えるパッチは、超薄型パッチだけです。

次のバルブ付近のパンク穴の時は、超薄型パッチを試してみます。
チューブと一緒にパッチも伸びてくれて、しっかり貼り付いてくれればいいのですが。楽しみです。

« ブログとの付き合い方について | トップページ | 整備開始 »

自転車出張修理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1550682/66966523

この記事へのトラックバック一覧です: 謎のパンク:

« ブログとの付き合い方について | トップページ | 整備開始 »

スライム(パンク防止・修理剤)被害低減プロジェクト

スライム(パンク防止・修理剤)関連記事

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

カテゴリー

川越市自転車シェアリング

Active Safety Project

雨雲

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ブログランキング