« 空気入れが持ち去られました。 | トップページ | 敢え無く敗退 »

2016年6月13日 (月)

アット@ランプ改良型

パンク修理でお伺いした自転車ですが、点検でライトが付かずアット@ランプの営業をしてしまいました。

初めての改良アット@ランプの取り付けです。
160612_113419

いろいろ改良はされているのですが、一カ所だけ首を捻るところがあります。
取付の厚みが増えています。
160612_113718
従来型は、1mm有るかないかだったので、車輪のセンターずれは無視していました。
回転部の剛性アップが目的のようです。

ナットの厚みを変えてセンターずれを防ごうとしましたが、ジョイテックのハブだとナットを薄くするとアット@ランプとナットの間に隙間が出来てハブナットを締めるとアット@ランプが回転しません。
160612_114216160612_115045

今回は、センターずれを無視して取り付けましたが、反対側にもナットかスペーサーを入れてOLDを拡げるか、スポークをお猪口にするか考える必要があります。
手間を考えると、OLDを拡げる方向です。

160612_115752
アース端子が増えて2線接続になっていますし、取り付けたら発電時の音や振動は有りませんので、取り付け後の動作は改良型は安定しています。

今回の取り付けではセンターずれを無視しましたが、お客様の乗車確認での違和感の訴えは有りませんでした。






« 空気入れが持ち去られました。 | トップページ | 敢え無く敗退 »

アット@ランプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1550682/65983817

この記事へのトラックバック一覧です: アット@ランプ改良型:

« 空気入れが持ち去られました。 | トップページ | 敢え無く敗退 »

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

カテゴリー

川越市自転車シェアリング

Active Safety Project

雨雲

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ブログランキング