« 空気入れの整備と仏式英式アダプター | トップページ | サイクルベースあさひのサイクルポーター »

2016年5月27日 (金)

ヘッドチューブリーマー

クロモリフレーム用の工具が徐々に入手しにくくなっている気がしています。

今までに、必要になったことはないのですが、出張修理の小道具づくりで必要になったこともあり思い切って購入しました。

持っていることで安心できる?
単純に所有欲を満足させるだけ?
かもしれませんが、JIS用のヘッドチューブリーマーです。
160527_191621

刃物です。
160527_191813

どうやって加工するのかと悩んでいたのですが、氷解しました。
160527_191834
2分割でした。


« 空気入れの整備と仏式英式アダプター | トップページ | サイクルベースあさひのサイクルポーター »

自転車出張修理」カテゴリの記事

コメント

こんにちは~。
 永年、自転車を趣味にしていますが、初めて見ました。
ヘッドチューブのヘッド小物を圧入する部分の平行を出して、
圧入部の内径を仕上げるんですよね。

 フレーム・ビルダーには必需品ですが、小生などには
不要ですし、価格的には結構高そうですね。
 フロントフォークの下球押の圧入部も、何らかの工具で
外形を仕上げるんでしょうね。

 因みに、小生もヘッド小物は自分で圧入しますが、専用工具は
持っていません。ホムセンでM12のズンギリのネジとナットと
ワッシャを買い、両側からナットを締め込むことで、ヘッド小物を
圧入します。この数百円の簡易的な道具でも小生には十分です。

アンコウさん コメントありがとうございます。

たまにですが、シティ車でも、ヘッド小物の取り付けの平行が出ていないものがあり、調整してもスムーズに回らないことがあります。
そんなヘッドチューブの矯正が出来ればいいなというのと、自分の案件ですがヘッドチューブの長さを2本揃えたものが作りたくて購入しました。

なかなか出番はないのですが、自営業で卸価格で購入できることや、必要経費で処理できるのでだいぶ助かっています。

ヘッドパーツの圧入は、アンコウさんの方法で十分だと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1550682/65708397

この記事へのトラックバック一覧です: ヘッドチューブリーマー:

« 空気入れの整備と仏式英式アダプター | トップページ | サイクルベースあさひのサイクルポーター »

スライム(パンク防止・修理剤)被害低減プロジェクト

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

カテゴリー

川越市自転車シェアリング

Active Safety Project

雨雲

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ブログランキング