« ヘッドチューブリーマー | トップページ | 郵便番号は入りませんでした。 »

2016年5月28日 (土)

株式会社あさひ(サイクルベースあさひ)のサイクルポーターとスライム(パンク防止・修理剤)被害

今日も、株式会社あさひ(サイクルベースあさひ)のスライム(パンク防止・修理剤)でのバルブコア腐蝕に当たりました。

いまだにスライム(パンク防止・修理剤)を自転車販売時にお客様に積極的に勧めて注入しているのか気になって サイクルベースあさひ のサイトを訪問したところ、サイクルポーターという自転車修理の引き取り、お届けサービスを埼玉でも展開し始めたことが判りました。

「自転車修理をネットで予約!!
ご自宅まで引き取り・お届けいたします。」
というサービスです。
引取り/お届けは自転車が走行不能の場合(パンク、チェーン・鍵トラブル)に限りられるそうです。
修理工賃の記載はありませんので、通常の修理工賃と同じだと思われます。

大阪の吹田地区で試行していたのは知っていたのですが、埼玉でも展開していたのは知りませんでした。
2017年2月21日以降、全店舗で実施しているそうです。

店舗から5K圏内限定のサービスだそうで、サイクルメイトに加入していれば引き取り、お届けの料金は無料だそうです。
サイクルメイトに加入していない場合は、引き取りが1,000円・お届けが更に1,000円で修理費+2,000となります。
せめて、引き取り、お届けで合わせて1,000円なら、嬉しいのですが、サイクルメイト未加入だとちょっと躊躇する金額かもしれません。

動かせなくなった時には、引き取りに来てもらって、修理が終わったら、自分で引き取りに行くのも有りですね。

対象エリアは、店舗から半径5k以内との事なので、当店の出張費も見直してもいいのかもしれません。

出張修理のご依頼に影響が出るかもしれませんので、暫く注視します。

バルブコアはこんなに腐食します。
150113_130006_1


この記事が、「サイクルベースあさひ」で検索した結果では、一番上に有るので、スライム(パンク防止・修理剤)での被害を少しでも減らすために、デメリットの体験記事や、バルブ腐食の記事を見つけたら、追記していきます。

自転車さんの立場ですが、スライム(パンク防止・修理剤)について言いたい事を見事に纏められています。
自転車メンテナンスの雑談~その1~スライムについての注意喚起!

当店のホームページに「スライム(パンク防止・修理剤)被害低減プロジェクト」を作成しました。

自転車屋さんによっては、スライム(パンク防止・修理剤)が入っていると、パンク修理を断られ、チューブ交換になることが有ります。
「弊社店舗ではパンク防止剤入りのチューブでも通常通りパンク修理(840円~)
を行なわせていただいておりますのでご安心ください。」

とサイクルベースあさひから回答を貰った 夏目あいかのvita unica(ヴィータ・ウニカ)さんの記事
意見を言うきっかけは、サイクルベースあさひに注意。 の記事に記載されています。

スライム(パンク防止・修理剤)を入れて漕ぎが重くなり、チューブ交換をされた
玄蔵雑記(仮) さんの記事。

虫ゴムを使わないスーパーバルブや、スペシャルGバルブ、シュワルベ英式バルブでは、バルブ部分にスライム(パンク防止・修理剤)が逆流し、弁が閉まらず、空気が漏れることが有ります。
トンサンの別荘さんの記事。

ご家庭で、スライム(パンク防止・修理剤)を処分しようとして、排水溝が詰まったそうです。
スライム(パンク防止・修理剤)を入れた際に、もらった注意書きがアップされています。
力太郎さんの記事。

自転車店さんの記事ですが、今まで見た中で、一番ひどい腐食の記事です。
スライム(パンク防止・修理剤)でバルブの根元まで溶けています。
取り組みに賛同していただいた、リングジャパンさんの記事。

twitterでパンク修理剤の検索をした結果です。スライム(パンク防止・修理剤)以外のパンク防止剤のつぶやきも入っていますが、見飽きません。
今まで、見落としていましたが、走行中にパンクして、スライム(パンク防止・修理剤)を浴びた方が、結構な数でした。

記載済みの内容の、繰り返し記事ですが、

サイクルベースあさひに聞いてみたいこと

スライム(パンク防止・修理剤)になぜ拘る

の2本の記事をブログに追加しました。

ブログ記事のコメントで教えて戴いたのですが、
サイクルベースあさひのオンラインショップに、スライム(パンク防止・修理剤)が掲載されています。

性能保証期間(2年間)が表示されていないこと、バルブ腐食の危険性が記載されていない点が不満ですが、スライム(パンク防止・修理剤)入りチューブのパンク修理のノウハウに触れられています。
まだ商品レビューは書かれていませんが、どんなレビューが書かれるか、注視します。

同様に、パンク修理を断られ、チューブ交換になった体験を記事にされています。
あさひで自転車購入。でも、パンク防止剤は入れちゃダメ!

サイクルベースあさひさんのスライムサイトでは、
「スライムで対応できないパンクの場合は、水洗いを行い、水分を拭き取ることで、通常通りのパンク修理が可能です。」
と記載されていますが、最初にリンクした、自転車好房ラルプデュエズさんの記事でも触れられていますが、次のような事例もあり、断る自転車さんの気持ちは理解できます。

パッチで対処できなかったパンク修理です。
パンク防止剤の入ったチューブにパッチを貼ると。。。

【2017.04.17】
追記追記で読みにくくなりましたので、全面的に見直しました。

【2017.04.23追記】
スライム(パンク防止・修理剤)のせいで、タイヤに空気が入りませんでした。
新たな被害報告

« ヘッドチューブリーマー | トップページ | 郵便番号は入りませんでした。 »

スライム(パンク防止・修理剤)」カテゴリの記事

自転車出張修理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1550682/65725820

この記事へのトラックバック一覧です: 株式会社あさひ(サイクルベースあさひ)のサイクルポーターとスライム(パンク防止・修理剤)被害:

« ヘッドチューブリーマー | トップページ | 郵便番号は入りませんでした。 »

スライム(パンク防止・修理剤)被害低減プロジェクト

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

川越市自転車シェアリング

Active Safety Project

雨雲

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ブログランキング