« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月の39件の記事

2016年5月31日 (火)

各社対応の違い

いろんな会社に見積もりをお願いしましたが、各社アピールポイントが違い、アピールポイントについても、否定されたり、いろんな新しい発見があります。

それなりに調べていたつもりなのですが、それでも見落としがあったり、疑問が氷解したり、いろんな人の話を聞くのは面白いです。

設置工事のやり方、経年でのメンテナンス、点検、パネルの設置枚数、ローンの金利、お勧めの給湯器などまちまちです。

取り敢えず、決めているのは、発電効率と、自社生産品である点で、パネルはパナソニックということぐらいです。

給湯器についての検討が不足していたので、自分なりに電力プランとの整合、水圧、機能等調べ始めました。

お風呂の追炊きの費用や、保温の機能のオンオフなど、案外節電には馬鹿にできない機能だと考え始めました。

2016年5月30日 (月)

太陽光発電の検討開始

家内が、光熱費を削減したいと、太陽光発電の検討を始めました。

建て替え時と震災後に、二度検討したのですが、建て替え時に太陽光発電はしないと決めていたいたため、南向きの屋根がありません。

震災後に再度検討したときは、やはり、屋根の面積が小さく、発電量が見込めない為断念しました。
Img004
こんな小さな屋根です。

三度目の検討ですが、設置費用が随分安くなりました。
今回は併せて、エコキュートも検討対象です。

今、各社に見積依頼中です。

郵便番号は入りませんでした。

accessのテーブルの項目間で住所入力支援を設定し、フォームからの住所入力で、テーブルの郵便番号が自動的に入力されないかと期待したのですが、駄目でした。

Yubin
テーブルの項目間の住所入力支援はaccessでテーブルを開いている時しか有効に働かないようです。

改めて、郵便番号変換のAPIを探してみたのですが、MSのサイト で「郵便番号変換機能プログラムは、Microsoft Corporation のためにアドバンス技研株式会社により開発され、ライセンスされています。」との記載を見つけたので、諦めがつきました。

思いつきは、もう少しありますので、住所入力支援を使えないかもう少し続けてみます。

2016年5月28日 (土)

サイクルベースあさひのサイクルポーター

今日もサイクルベースあさひのスライム(パンク防止・修理剤)でのバルブコア腐蝕に当たりました。

いまだにあまり評判の良くないスライム(パンク防止・修理剤)を自転車販売時にお客様に積極的に勧めて注入しているのか気になって サイクルベースあさひ のサイトを訪問したところ、サイクルポーターという自転車修理の引き取り・お届けサービスを埼玉でも展開し始めたことが判りました。

「自転車修理をネットで予約!!
ご自宅まで引き取り・お届けいたします。」
というサービスです。
引取り・お届けサービスの提供は自転車が走行不能の場合(パンク、チェーン・鍵トラブル、その他)に限りられます。
修理工賃の記載はありませんので、通常の修理工賃と同じだと思われます。

サイクルメイトの内容確認中にエナシスメイトというサイクルベースあさひオリジナルの電動アシスト自転車向けのサービスの存在を知りました。
エナシスメイトのサイトに、サイクルベースあさひの修理工賃が一部記載されていましたのでご紹介しておきます。
Mate_chart
点検 ¥1,620
パンク修理 ¥864
後輪チューブ交換 ¥2,924(チューブ代含む?)
ブレーキシュー交換 ¥822(ブレーキシュー代含む?)
前後タイヤ、チューブ交換 ¥8,284(タイヤ・チューブ代含む?)
前後ブレーキワイヤー交換 ¥3,020(ワイヤー代含む?)
だそうです。

サイクルポーターに戻りますが、大阪の吹田地区で試行していたのは知っていたのですが、記事を書いた時点では埼玉でも展開していたのは知りませんでした。
2017年2月21日以降、全店舗で実施しています。

店舗から5K圏内限定のサービスで、自転車総合保証サービスサイクルメイトに加入していれば引き取り・お届けの料金は無料です。
サイクルメイトに加入していない場合は、引き取りが1,000円、お届けが更に1,000円で修理費+2,000となります。
せめて、引き取り、お届けで合わせて1,000円なら、嬉しいのですが、サイクルメイト未加入だとちょっと躊躇する金額かもしれません。

動かせなくなった時には、引き取りに来てもらって、修理が終わったら、自分で引き取りに行くのも有りですね。

対象エリアは、店舗から半径5k以内との事なので、当店の出張費も見直してもいいのかもしれません。

出張修理のご依頼に影響が出るかもしれませんので、暫く注視します。

サイクルポーターと自転車出張修理の競合について考えてみました。
自転車の走行不能トラブルから、サイクルポーターを考察する
サイクルポーター 再考察
サイクルポーターと自転車出張修理

 

【2017.05.24追記】 Googleでの「サイクルベースあさひ」の検索結果から消えてしまったので、スライム(パンク防止・修理剤)関連記事を削除しました。 スライム関連記事は「スライム(パンク防止・修理剤)被害」記事に移します。  

【2017.06.01追記】Googleでの「サイクルベースあさひ」の検索結果には復活したのですが、スライム(パンク防止・修理剤)関連記事は削除したままにします。
ブログ内で、「サイクルベースあさひ」の記述がある記事は似た記事として、検索順位の高いものしか表示されないようです。

2016年5月27日 (金)

ヘッドチューブリーマー

クロモリフレーム用の工具が徐々に入手しにくくなっている気がしています。

今までに、必要になったことはないのですが、出張修理の小道具づくりで必要になったこともあり思い切って購入しました。

持っていることで安心できる?
単純に所有欲を満足させるだけ?
かもしれませんが、JIS用のヘッドチューブリーマーです。
160527_191621

刃物です。
160527_191813

どうやって加工するのかと悩んでいたのですが、氷解しました。
160527_191834
2分割でした。


2016年5月26日 (木)

空気入れの整備と仏式英式アダプター

最近交換した英式の口金が不調で、空気入れの整備をしました。

今一うまく空気が入らないので、まず空気入れのチェック用治具を作成します。

使うのは、仏式英式アダプターと仏式バルブです。
160526_170753
アダプターは、殆どそのまま使うとこのようにアダプターから空気が漏れます。

単純にネジが切ってあるだけで空気の漏れに対する対処はされていません。
160526_170902
知る限りでは、米式アダプターですがパナソニックの製品のみOリングで漏れ無いように対処されています。

ネジ部からの漏れを防ぐために配管用のシールテープを使います。
160526_170954160526_171055160526_171147160526_171213160526_171409160526_171435
ちょっと巻きが足りませんでしたが、後で一巻き追加します。

160526_171638
英式口金の取り付け部からエアーが漏れています。
英式アダプターからもまだ少し漏れていますが、この程度ならあまり問題にすることは有りません。
でも悔しいので、シールテープを巻きなおしました。

漏れの対処は、英式口金の接続面の平滑化です。

160526_175540
続いては口金取り付け部のネジから漏れています。

ここもシールテープで対処しました。

結果、5気圧かけても、空気は漏れなくなりました。
160526_175912160526_175920

仏式バルブのお尻から少し漏れているのは、愛嬌としてください。

せっかく作ったので、治具は修理時に持って行き、お客様の空気入れのチェックに使います。

2016年5月25日 (水)

夏の熱中症対策

今日は、多少過ごしやすかったですが、昨日から修理作業中に暑いと感じたら飲み物を摂取し始めました。

出張修理を始めたころ、暑さでフラフラになって、ブレーキワイヤーの接続忘れやスタンドを逆に取り付けたことを今でも暑くなると思いだします。

今日は、いろいろ試したことがありますが、どれもうまくいきませんでした。
今、空気入れの自作構想中です。
なかなか、内径20mmのパイプから空気を押し出せるプランジャーが見つかりません。
プーリー部品がうまく使えれば、実現に一歩近付けそうです。

2016年5月24日 (火)

2016.05.24の異物

久しぶりの異物パンクです。

夜間の修理だったので、見つかった時は、嬉しくてほっとしました。
160524_220041

当店の遭遇する異物の中では一番頻度の高い、細いピアノ線(ワイヤーの切れ端?)です。

住所→郵便番号変換

日本郵便の郵便番号データを使って、住所入力支援をする際、accessでは、住所入力支援ウィザードを使って郵便番号⇔住所の相互の変換が可能ですが、VB.netでは、その機能がありません。

その点がネックで、VB.net用の郵便番号データの住所入力支援データへの変換が難航していました。
というより、実現できずに諦めていたのですが、こんな方法を見つけたので、先に進めそうです。

Photo

accessのテーブルデザインでも項目間で住所入力支援ウィザードが使えます。

テーブルを更新して、住所から変換した郵便番号データをフォームに表示してやれば、見かけ上はaccessのフォームの住所入力支援と同じ結果が得られそうです。
実際にフォームを作って、フォーム上にも表示できるか試そうとしたのですが、VB.netでのフォームとテーブルの連携の仕方をきれいさっぱり忘れています。

もう一度最初からVB.netの勉強し直しです。
ちゃんとフォーム上にも表示出来たら、改めて紹介します。

2016年5月23日 (月)

明日から受付開始です。

自分用のメモですが、明日の10時から、自転車技士・安全整備士の受験受付です。

申し込みの期間は6月6日の5時までですし、24時間受付なので、焦らなくてもいいのですが、日時を決めておかないと、忘れてしまいそうなので明日申し込みをします。

去年の、不合格の通知を見ながら、去年のブログを読み返し始めました。

サドルの張替えは趣味にとどめます。

昨日、ちょっとそれらしいところまでサドルにビニールレザーが貼れたので、メニュー化の検討などと書きましたが、サドルの張替えは趣味にとどめます。

大体手順が出来たと思い、もう一個、最初に使った伸びの悪いビニールレザー(素性不明)で張替えてみました。
160523_163237
ドライヤーで温めてもお尻と頭に皺が残り、素材としては昨日使ったソフトセミリーナほどの仕上がりにはなりませんでした。

160523_163304160523_163250

この仕上がりで、作業時間が2時間ほど掛かっています。
作業になれて、時間が短縮できても30分では難しそうです。

お金を頂くとすると、2000円~3000円になって、シティ車のサドルの表皮交換より、新しいサドルを買った方が安上がりです。
需要が見込めませんのでメニュー化は断念です。

ただ作業としては面白いので、趣味での張替えはこれからもやっていきます。

このビニールレザーは剥がして、ソフトセミリーナで張替えます。

きれいに貼れたサドルをいつか見てやってください。

2016年5月22日 (日)

サドル張替え 停滞中-5

昨日の記事で、残ってしまったサドルのお尻の折り目ですが、頂いたコメントにご返事した通り、ドライヤーで温めてみました。

ドライヤーで温めてみればとのアドバイスはKayさんから以前に頂いていたものです。

結果、まだ完全ではありませんが、折り目ではなく、皺のレベルまで改善しました。
160522_115354

お尻側を止めてから、ビニールレザーを暖めて貼ってやることで、それなりの仕上がりに出来る自信が付きましたので、今日から素材の耐候性テストに入ります。

160522_115412
ひと夏屋外放置して、日常的に使って、表面に大きな変化がなければこの素材(ソフトセミリーナ)を使って、もう少し貼り方の手順を確立して、メニューに入れようかと思います。

今回張替えに使ったサドルは、表皮割れ後の放置時間が長かったもので、クッション(スポンジ)の表面が荒れています。
160522_115815
家の周りを一周してきましたが、クッションの荒れがはっきり写っています。

ですので、長く放置された表皮割れのサドルの張替えは意味がなさそうです。

サドルの乗車感は、表面の滑りがなくお尻が安定して乗れます。
すべすべのサドルが好みの方には向かない素材です。

シリコーンチューブ 虫ゴム途中経過

シリコーンチューブで虫ゴムの試験中ですが、経過確認の為、取り出してみました。

今問屋さんから仕入れている虫ゴムも結構耐久性はあるようで、一年ぐらいでは劣化の兆候は見られません。

取り出してみたシリコーンチューブはこんな状態です。
160522_123952

虫に沿った変形は有りますが、通常の虫ゴムに見られるバルブ口付近のひび割れや、ゴムのべたつきは全くありません。
変形はしているが、変質はしていないことが確認できました。

再度虫に嵌めてみましたが、弾力は保たれていて、抜ける不安もありません。
試験の開始が昨年の8月末ですから、本当に暑い時期はまだ過ごしていません。

何度か発生したトップナットの緩みも、シールテープを使うことで対処できそうなので夏が過ぎても変質や他の不具合がなければ、今後の虫ゴムは、シリコーンチューブに切り替える予定です。

2016年5月21日 (土)

サドル張替え 停滞中-4

今日も、修理のご依頼はなく、「子供乗せのレインカバーは置いていますか?」との問い合わせのみでした。

雨の季節に向かって、必要になりそうですが、販売がメインではないので、当店では見て頂く事が出来ません。

欲しいものがお決まりで、扱い店がはっきりしていれば、お取り寄せすることは出来るかもしれません。

ここ数日、ご依頼がないので、停滞中のサドルの張替えに再挑戦です。

川越駅のユザワヤに行って、ソフトセミリーナというビニールレザーを買ってきました。
以前に試したビニールレザーよりも伸びはいいのですが、やはり一方向にしか伸びません。

ビニールレザーを35cm角にカットしました。
160521_172620_2
伸びは矢印の方向で、前回の横方向の試行と伸びの方向とサドルの前後方向の合わせを変えています。

事前に、対角線方向も試してみたのですが、成功せず、サドルは対角線に置かず、少しずらしています。

160521_173307
ビニールレザーには、裏地にスプレー糊を吹きました。
貼り直しが可能なので、何度か手直しが出来ます。

結果ですが、前から見るとそれなりの仕上がりになりました。
160521_181016

前回うまくいった後ろが駄目です。
160521_181044

もっと伸びるビニールレザーを探すか、裏地を剥がして全方向の伸びを与えてやるかと検討中です。

裏地を剥がすと、耐久性の懸念が出そうですし、ユザワヤには伸びるビニールレザーはこれしかなかったので、ネットで現物確認できないビニールレザーはちょっと不安です。


2016年5月20日 (金)

力太郎さんのセントーレア

先月の「何の花」の記事で力太郎さんがコメントに書かれていた「セントーレアの自生する少しお気に入りの場所」にやっとたどり着きました。

160520_122529


少し萎んだ花もありましたが、一面のセントーレアです、白い花、濃い赤紫も混ざっていますが薄い青紫のそよぐ様子が素敵でした。

実は、このあたりだろうと見当をつけて二度ほど探して見つかりませんでした。

もう少し早く見つけていれば、もっと青い花が印象的だったかなと残念です。

仕事の都合がないとなかなか行けない場所ですが、秋にはどんな風景になっているのかちょっと気になります。

今日は少し自転車を触りましたが、3日間修理のご依頼のない日が続いています。

2016年5月19日 (木)

毎月19日は、自転車の空気を入れる日です

今日19日は、自転車の空気チェックと空気入れの日です。

「毎月19日は、自転車の空気入れをしましょう。」 

今日も自転車に、10分だけ、愛情を注いで下さい。

自転車の、パンクの8割は「リム打ちパンク」と「チューブ擦れパンク」で占められています。

どちらも、空気をしっかり入れる事で、かなり防げます。

異物を踏んで起きる、パンクも、空気がしっかり入っていると、路面との接地面積が少なくなるのと、タイヤが異物を弾いてくれる事で、いくらか防げます。

親指でタイヤの側面を押しても、ほんの少ししかへこまない程度まで、空気を入れてください。
自転車に乗った状態で、タイヤと路面の接する長さが10cm程度が体重で補正した最適の空気圧です。
(軽快車の場合です。スポーツタイプでは、タイヤの適正空気圧が異なります)

不調な空気入れも、パッキンの交換や、油切れを補充してやることで治る場合が有ります。

先日のことですが、リング錠の交換のご依頼を頂きお伺いしました
鍵を失くされたご様子でもなく、理由をお伺いしたら、「動きが悪い。」とのことでした。

修理にお伺いしてリング錠の動きの重い自転車を時々お見掛けしますが、殆どの場合つまみが動く窓の一番上から、錠の中にスプレーオイルを吹いてやるだけで改善します。

本体の内部で錆が発生して、閂やバネの動きが悪くなっています。
CRCで十分なので、リング錠の動きが悪くなったら、隙間からオイルを吹き込んでやることをお勧めします。

2016年5月18日 (水)

今日は依頼なし

今日は修理のご依頼はなく、昨日の疲れを取る一日になりました。

バイクの自賠責を開業時に5年分支払っていたのが、今年で期限切れになるとのことで、あらためて5年分支払ってきました。
これで、後5年は修理を続けないと保険料が無駄になります。
というよりも、この先身体が動く限り続けたいので5年分の支払いをしました。

その他はユーチューブで、タイヤ製造の動画を見直したり、力が弱くても自転車に空気を入れられる空気入れを手近な材料で作れないかと構想を練ったりの一日です。

2016年5月17日 (火)

雨上がりの日没

今日は、お休みを頂いていたのですが、お客様から2件修理のご依頼を頂きました。

最初のお客様は、ちょっとお急ぎとのことで、お客様のお近くの自転車さんをお伝えさせて頂きました。

2件目のお客様は、明日の朝までに治っていればとのことでしたので、帰宅後のご訪問です。

ちょっと余裕を持って約束のお時間には到着できるよう出発したので、こんな景色を撮りました。
160517_183652
入間川右岸 川越橋たもとからの雨上がりの夕日

修理は、パンク修理のご依頼だったのですが、パンクはしておらず、パンクチェックのみでした。

引っ越してこられたばかりとの事で、お客様のお近くの自転車さんの場所をお伝えしました。

こちらに、当店が把握している自転車屋さんの情報を纏めてあります。
このマップを作り始めてからも、2件、店仕舞いされています。
更に2件、店仕舞いされたかもしれないお店が有り、確認中です。

2016年5月16日 (月)

やっぱり頼りになります。

昨日のタイヤの記事で、メーカーに解析をお願いしたと記載しましたが、今日担当の方から「検査部門に解析を依頼しました」とご連絡を頂きました。

原因についてはコメントを頂けませんでしたが、一点、「空気圧過多での割れならタイヤのサイドが割れるはず。」だと教えて頂きました。

確かに、ゴムの厚みがない分、サイドの方が弱そうなので納得です。

無理なお願いに対応して頂き、途中経過の連絡も頂ける、このタイヤの製造国は中国でも製品に責任を持ってくださるメーカーは安心して使えますし、頼りになります。

結果は、お伝えできるかどうかわかりませんが、このような対応をして頂けるメーカー品を使い続けたいと思った対応でした。

ペダリング時の異音

リピータのお客様から、前回修理時の不具合のご指摘を頂きました。
再調整しましたが、再発の可能性が有り、再発時には、再度ご連絡を頂けるようお願いしました。

別件で、ペダリング時に異音がするとのご依頼です。
2週間ぐらい前から発生。
音がするのは1回転ごと。
左のへダルを踏み込むと音がする。

クランクの増し締め→解消せず。
ペダルのガタツキなし。

お借りして乗ってみると、「ピチッ」というか「コチッ」というか「ビキッ」という音で、BB周りでおきる「ギシッギシッ」という音では有りません。

発生個所を確定しようと、左ペダルを外しにかかりましたが、ちょっと力を入れただけで回りました。

原因は、ペダル軸の締め込み不足でした。
グリスを塗ってしっかりトルクを掛けて取り付けて修理完了です。

右のペダルも増し締めしました。

今日はこのご依頼のみです。

2016年5月15日 (日)

空気入れがまた売れました。

今日は、パンク修理→タイヤ・チューブ交換が1件と、パンク修理→空気入れ販売1件の訪問でした。

空気入れのお届けは、4月19日の購入以来一カ月で2本目です。
45件の訪問で2本ですから、約5%のお客様が空気入れをお持ちでなかったことになります。

その間に2~3件のポンプ修理もありましたから、出張修理でのポンプの需要はかなり有りそうです。

ポンピングの回数が増えても、お年寄りや、体重の軽いお子様でもしっかり3気圧が入れられる細身で低価格の空気入れが欲しいです。

2016年5月14日 (土)

メール送信できました。

昨日の記事で、メールが送信できなくなったことを書きましたが、メーラーをThunderbirdに変更することで送信が出来るようになりました。

送信できなくなったことと、メーラーを変えて送信できるようになったことのキーワードは
「OP25B」
「587番ポート」
「SMTP AUTH」
の3つのようです。

キーワードの解説はii-okinawaのサイトが詳しいです。

今まで使っていた、メール送信用の25番ポートをスパムメール対策で、使わないようにし、SMPT AUTH認証プロトコルが必要な587番ポートを使うようにするということのようです。

多分私がOP25Bに関する連絡を見落としていて、SMPT AUTH認証に対応できないEdMaxのフリー版を使い続けていたためにこのような事態になってしまったようです。

今までのメールをEdMaxから、Thunderbirdに移行することはできませんでしたが、暫くはメーラーを併用することにします。

*5/15追記
レンタルサーバーの管理会社のサポートから、指示を頂きました。
やはり、587番ポートを使用しないとメールは送れないそうです。
確認したら2007年3月13日よりOutbound Port25 Blocking(OP25B)を導入済との記事が見つかりました。
何故、今まで送信できていたのか逆に不思議です。

嬉しい 修理キャンセル

立て続けにというほどでもないのですが、コンスタントに鍵を失くされたとのことで錠交換のご依頼が有ります。

昨夜も、今日のカギ壊しのご予約を頂いていたのですが、今朝になって、「鍵が見つかりましたので、キャンセルします。」とのご連絡を頂きました。

お客様は、お困りでご依頼くださるので修理はするのですが、カギ壊し、錠交換は実はあまり好きな修理では有りません。

作業そのものは難しくないですし、修理後の不安もありませんが、鍵さえあれば、余計な出費をせず、まだ使える錠を壊さなくてもいいのにという思いがちょっと気持ちを重くします。

ダイヤル式のワイヤー錠や、プッシュボタン式のリング錠は、個人的な感想ですが防犯性能があまり高くないと思っていますので、修理部品としては準備していません。

鍵さえ失くさなければと考えていて、自転車の鍵も家の鍵や車の鍵と一緒にキーホルダーに着けられればいいのにと思い至りました。

自転車錠のメーカーの方にお願いです。
開錠時に鍵の抜けるリング錠を作ってください。
そうすれば、自転車の鍵を失くすことがかなり減ると思います。
自転車の錠を消耗品にしないで、新しい自転車を買ったら、前の自転車から錠を付け替えたくなる錠を是非作ってください。

お願いします。

*05.15追記
鍵を持たずに、施錠すると悲惨な結末になるようです。
施錠時にも、鍵が必要な機構でお願いします。

今日は、後輪のタイヤ交換が一件、パンク→虫ゴム不良1件、小径車の前後タイヤ交換1件の修理でした。
土曜日にしては、依頼の多い一日でした。

2016年5月13日 (金)

メールの送信が出来なくなりました。

今日は、パンク修理→チューブ交換のお客様のご来店だけでした。
併せて空気が入らないとのことで、空気入れもお持ちいただいたのですが、英式の口金をロックするためのレバーが固くて倒せないとの事です。
確かにレバーが折れそうなぐらい、力を入れないとロックが掛かりません。

そんな時は、シリコンスプレーを吹いてやると、かなり軽くレバーが動かせるようになります。

割と時間の有る一日だったので、業務管理システムの部品登録の手直しなどをしていたのですが、手直しに疲れると、近々使えなくなるメールアドレスの廃棄に向けた作業もしていました。

いろんなサイトの登録にメインで使っていたアドレスなので、メールの登録変更です。

そんな中で、気づくと、使用し始めたメールアドレスで、受信は出来るのですが送信が出来なくなっていました。
一昨日までは、送信できていたのに、アカウントの設定は何も変えていないのに、送信するとメールサーバーへのコネクトエラーです。

いろいろ調べて、設定もやり直したのですが結局送信は出来ないままです。

レンタルサーバーにアカウントの設定しているので、レンタルサーバーの会社に状況の報告と対処法の指示をお願いしましたが、明日から土日の休みです。

月曜日まで時間があるので、メーラーを変えてみようかと考慮中です。

2016年5月12日 (木)

ムギナデシコ(アグロステンマ)

4月28日に「何の花」の記事を書き、トンサンさんから「アグロステンマ」と教えて頂きました。

和名の「ムギナデシコ」の方が、気に入っているので、ムギナデシコと呼ばせて頂きます。

力太郎さんから晴れた日の花は印象が違ったとコメントいただいたので、今日の晴れた日の中で再度撮影してみました。
160512_105851
コントラストが強い所為でしょうか、確かに印象が違います。
でも、元気に咲いていました。

何の花の記事で使った写真です。
160428_102215

今日は、花が空に向かって開いていたので、まったくアングルが違います。

前回の写真の方が、緑も、花色も優しくて好きです。

今日で、先月以来の懸案のロードバイクの日常使用車化が終了しました。

何をしたかは内緒です。

その他は、20インチフォールディングの前後タイヤ・チューブの交換見積の提出。
時々お伺いする事業所の受付の方からのご依頼です。
お伺いする都度、ご挨拶していたので、気に掛けてくださっていたそうです。
嬉しいご依頼です。

今日の最後は、チューブ交換のご依頼でしたが、パンク修理で終了です。
2~3日で抜けていたそうで、今日はお客様が虫ゴムを交換した後空気が入らなくなり、チューブが駄目だと思われたそうです。
虫ゴムはちゃんとセットされていました。
水調べて、スローパンクが見つかり、対処後お客様の空気入れをチェックさせて頂いたら 、ホースに亀裂が有りました。
ホースをカットして、タイラップ処理で復活しました。
こちらも、スローパンクが見つけられたので、ちょっと嬉しかったです。

2016年5月11日 (水)

2016.05.11の修理

2台のパンク修理でお伺いしました。

パンクは、擦れパンクと、異物パンクで、異物は画鋲だったそうです。

パンク修理は無事に終わったのですが、チェーンがチェーンケースに当たって音を出していました。
160511_132814
ちょっと判りずらいですが、何かに当たったようでへこんでいます。

久しぶりで、全ケース直しの出番を作りました。
160511_133234
もっと判りにくいですね。
でも、チェーンの当たる音は消えました。

2台ともヘッドに緩みが有り、調整しました。ブレーキのチェック、調整と、注油をして修理完了です。

ヘッドの緩みは、気づかれていないお客様が殆どですが、ちゃんと調整するとブレーキを掛けて止まる時の自転車の安定感が変わります。

昨日のタイヤ

昨日、交換したタイヤの画像です。
160511_120201
カーカスが切れてチューブが露出してのパンクです。

まだ、交換して1年だそうです。
160511_120310
これで、製造日が分かるのかな?

内部はこんなです。
160511_120340

空気はしっかり管理されていると感じたお客様です。

カッターによる切り裂き?
空気の入れすぎによる割れ
製造起因のカーカス不良等考えましたが、原因を断定できる知識が有りません。

製造メーカーにお願いしたところ、原因調査をして頂けるとのことで、現品(タイヤ・チューブ)を送らせて頂きました。

*5/16追記
関連記事_1

2016年5月10日 (火)

2016.05.10の修理

今日は、3件のご依頼を頂きました。

1件目は、リヤカーのけん引金具のジョイント交換です。
当然、当店での手持ちはないのですが、お客様が部品を準備していて下さり、無事終了しました。

2件目はリング錠の交換です。
お客様がお出かけの予定があるとのことで、錠交換と、注油のみで終了です。
時間が有れば、チェーン調整とブレーキ調整をしたかったのですが、次回のご依頼時まで持ち越しです。

3件目は、交換して1年のタイヤ交換です。
もう暗くなったので画像は明日のブログにします。
チェーンの張りは当然の調整ですが、各部注油、ヘッドのガタ調整、ライトのランプ切れ、ダイナモの取り付け調整と、やることの多い修理でした。
お客様からの乗りやすくなったとのお言葉が、励みになります

2016年5月 9日 (月)

ペダル交換

今日は、ちょっと落ち着かない一日です。

昨夜、メールで修理の問い合わせを頂いたのですが、メールに気付かず、返信が一時間後になりました。
携帯アドレスのメールだったので、返信が届いたかな?とちょっと不安です。

雨が降り出す前に、2件の修理に行ってきました。
一件は、出先でのパンク修理です。
ご住所が不明のまま、教えて頂いた目標に向かって走ります。
途中から電話を入れさせていただき、目的地までナビゲートして頂きました。
擦れパンクでしたが、無事修理完了です。

もう一件は、ペダルの交換です。
ペダルが滑ってしっかり踏めないとのことです。
160509_182054
表面の突起の角が無くなっています。

当店の補修用ペダル三ヶ島ペタルのMT-FTに交換しました。
150422_104420
MTBにも使えるペダルですので、滑りはなく、満足して頂けました。

雨の季節にはいります。
ペダルを踏み外して、脛を打ったりすると大変痛いです。
ペダルの滑りが気になり始めたら、交換できますので、ご用命ください。

2016年5月 8日 (日)

嬉しい一日

今日は、チェーンの伸びによる異音の修理依頼
パンクとバンドブレーキの音消し依頼1台とバンドブレーキの音消し依頼が2台
ギヤ交換可能なリヤハブ購入のお客様でした。

異音修理のお客様は、空気入れを買いに行く時間がないとのことで空気入れもお買い上げです。
利益のない販売ですが、お客様の役に立つ事が出来て嬉しかったですし、準備しておいてよかったです。

パンクの修理は、バルブ抜かれによるエアー抜けでパンクチェックのみです。
3台のバンドブレーキの音消しは、完璧に消せたのは1台だけです。
2台はドラムに溝切りがされており、完璧には消せませんでしたが、改善は出来ました。

リヤハブ購入のお客様は、ちょっと遠方から、わざわざあのこらを探して来てくださいました。
最近の自転車事情など、お話を聞かせて頂き、楽しい時間でした。
部屋が散らかりっぱなしで、上がって頂けなかったのが、申し訳なかったです。

ちょっとハードでしたが、嬉しい一日でした。

2016年5月 7日 (土)

自転車錠 2題

今日は、鍵交換一件、チューブ交換1件、パンクチェック1件でした。

1件目の鍵交換は、自転車屋さんから150mぐらい離れたマンションにお住まいのお客様です。
錠の交換を終えて、お客様に「あちらに自転車さんがあるので、こちらのマンションにはあまりお伺いすることがないんですよ」と申し上げたら、「え!普通の自転車屋んでもカギを交換してくれるんですか?」とのお答えでした。

自転車屋さんの存在が希薄になっているのか、自転車屋さんのPR不足なのか私にとっては逆に「!!!」というお答えです。自転車のことは、自転車屋さんに相談するというのはもう昔話なんですね。
ホームページに錠交換のメニューを載せておいて良かったです。

2件目のチューブ交換はこれです。
160507_171840
バルブが根元から折れています。

折れ口の形状から、
160507_171922
リング錠の閂に当たって折れたものと判定しました。

こうなると、チューブ交換以外の対処は出来ません。
リング錠を掛ける時は、バルブのないところで掛けてください。

IRC CYCLEWAY83型

いつも読ませて頂いているサイクルプラスさんのブログの記事で今当店で使用しているIRC CYCLEWAY83型の不具合について書かれています。

ブログの記事の中にも、「空気圧管理方法にもよると思いますが」と書かれていますが、空気圧が低い状態で乗り続けるとタイヤのサイドがぱっくりと割れて、結果チューブを痛めるパンクに繋がるそうです。
O0640048013638812393画像はブログからお借りしました。
自転車は、空気を1回/月補充して頂くことでこのようなタイヤの裂けも防げますし、リム打ちや擦れパンクといった、空気圧不足によるパンクも防げます。
何よりも、自転車を軽く漕ぐ事が出来ます。

このタイヤを当店としてお勧めした責任を回避するものではありませんが、お客様にも、定期的な空気入れをお願いいたします。

尚、記事のコメントで、今年の春以降改良されたタイヤになっているとのことですので、メーカーの対応を信じて、当店では当面、このタイヤを補修用として使い続けます。

当店で、該当タイヤに交換したお客様につきましては、不具合発生時に、使用期間に応じて修理代のご負担を相談させて頂きます。

続報で、改良版のIRC CYCLEWAY83型の柔らかさを記事にして下さっています。

2016年5月 6日 (金)

27X1 1/2

今日は、パンク修理→虫ゴム交換とパンク修理→タイヤ・チューブ交換のご依頼と対処をさせて頂きました。

最初のご依頼は、ご依頼の時点で、空気を入れてもすぐ空気が漏れますとのことでしたので、虫ゴムの不良を疑いながらのご訪問でした。
バルブコアを抜いた時点で虫ゴムが掛かっていなかったので、主ゴム交換で様子見をお勧めしたのですが、チェックして欲しいとのことで、水調べをしました。
やはりパンク箇所はなく、虫ゴム交換で終了です。
その他、前ブレーキのブレーキシュー摩耗によるブレーキレバーの遊び不足を調整しました。

2件目のご依頼は、パンク修理でしたが、トレッドのゴムが摩耗してカーカスも擦り切れチューブ露出してのパンクでタイヤ・チューブ交換です。
後ろブレーキが調整不良だったのか全く効いておらず、ワイヤー調整と左右のバランス調整を行いました。
グリップシフトのシフトアップはスムーズなのですが、シフトダウンが重くワイヤーの取り回しとアウターケーブルのカットで組み直しです。
多少スムーズに動くようになりましたがディレーラーのばねが強いのか、完璧には改善しませんでした。

タイトルの通り、装着されていたタイヤが27x1 1/2のブロックタイヤだったのですが、同サイズの手持ちはシンコーのノイエだけです。
ご使用の状況をお伺いしたところ、通勤とご近所への買い物とのことで、27x1 3/8の軽快車用タイヤに交換させて頂きました。

2016年5月 5日 (木)

3家族集合BBQ

今日は、恒例のBBQでした。

天気も良く、飲んで食べておしゃべりをして、久しぶりに羽目を外してきました。

まだ少し酔いが残ってほんわかしています。

2016年5月 4日 (水)

明日5月5日(木)は臨時休業です。

掲示板にも揚げていますが、明日5月5日(木)は定例の親族BBQの為、臨時でお休みとさせて頂きます。

5月6日(金)は不定休の日ですが、通常通り営業いたします。

今日も、パンク修理でご依頼頂いたのですが、パンクはしていませんでした。
実は、お客様に「パンクしていませんでした。」とお伝えするのはかなり決断がいります。

パンクであれば、異物であったり、リム打ちであったり、擦れであったり、原因がかなり明確になるまで追求できます。
パンクチェックの場合、水調べを2回行い、2回目はかなりチューブを膨らませて1週間程度で空気が抜けるスローパンクでも見つけられるところまでチェックします。
それでも、見落としていなかっただろうかという不安が付きまといます。

今日は、2回目のチェックでもパンク箇所はなく、空気入れを確認させて頂いて、原因らしきものが有りました。

空気入れに英式バルブ用のトンボ口金が付いていませんでした。
付いていたのは、
226020422_4
余り見なくなりましたが、虫の穴に差し込んで使う口金です。

おひとりで、しっかり空気を入れるのは難しいので、この口金の所為で、空気が入っていなかったのではと想像しました。

英式のトンボ口金を空気入れに取り付け、使い方をご説明して終了です。

2016年5月 3日 (火)

大判パッチ

昨日は2件の修理でしたが、今日は1件です。

やっと連休らしくなしくなってきました。

今日、某ホームセンターで購入されたばかりのパンクしにくいタイヤが装着された自転車のパンク修理です。
まだ、購入されて1ヵ月半ほどだそうです。

お察しの良い自転車屋さんなら、パンクの原因もパンクの種類もお分かりかもしれません。
160503_112002
その通り、空気圧不足での擦れパンクでした。
パンク穴は、黄色の丸の辺りなのですが、手前のチューブの抉れがちょっと深かったので、大判パッチの出番になりました。

前輪の空気も足りなかったので空気を入れて、お客様には、月一回の空気入れをお願いしました。
タイヤのサイドで固さを確認して頂き、この固さを保ってくださいとお願いしました。

パンクしにくいタイヤが防げるかもしれないのは、異物が刺さったパンクだけです。
パンクの原因の6~7割は空気圧不足による、リム打ちパンクや、今回のような擦れパンクです。

パンクしにくいタイヤを過信せず、月一回はしっかり空気を入れてやってください。

2016年5月 2日 (月)

サドル張替え 停滞中-3

今日は、サドルのバネを外しました。

レザーシートを引っ張るのに邪魔だったのですが、古くなったサドルは、ネジとナットが錆びてなかなか外せません。

サドル側のねじの頭にドライバーが掛からないので錆びついていると共廻りして、外れなくなります。

ネジ外しビットの4~5mm用を使って、ネジの頭を捕まえました。
160502_174725

無事、サドルのバネは外れました。
160502_174614

バネを固定していたネジはこうなっています。
160502_174646
上手く、センターに合っていませんが、外すことは出来ました。
市販されていないので、再利用する際のネジ強度も考えると、ちゃんとポンチを打って、センターに穴を開けたいところです。
サドルベースにネジが嵌る角穴があるのですが、錆びたネジの回転を抑えるほどの強度は有りません。

バネを外し、接着剤も併用しながらビニールレザーを貼っていきました。
160502_180620
お尻は、それなりに貼れましたが、

160502_180656
胴の部分でビニールレザーが余って、皺が取れません。

今使っているビニールレザーは、一方向しか伸びません。
この画像で、横方向に伸びるように使っています。

私のレベルで、きれいに貼ろうとすると、縦横両方に伸びるビニールレザーが必要です。

暫く、ビニールレザー探しです。

2016年5月 1日 (日)

素材錠入手

停滞中-2で注文した、ガチャリンコ互換錠の素材が到着しました。

160501_175724

10個頼んで、商品価格1,666 円
※適用レートは1元 = 21.75円です。(為替手数料込)
※買付代行手数料100円を含みます。
送料は1,936円
合計で3,602円
1個当たり360円の計算です。

内部の互換性はまだわかりませんが、外径、高さ、軸の切り欠き位置は合っています。
外筒と、内筒を止めるピンの位置もあっています。

軸をガチャリンコ錠の長さにカットして、内部部品が収まれば、ガチャリンコ互換錠の完成です。

連休中は暇な予定だったのですが、それなりにご依頼があり内部部品の入れ替えがいつできるかちょっと判りません。

上手く入れ替えられたら、記事にします。

2016.05.01の修理

今日は3件5台の修理です。

一件目は、パンク修理のご依頼だったのですが、パンクはしておらず、サイクルベースあさひさんのパンク修理剤によるバルブコア腐蝕でのエアー漏れでした。
もう見飽きてしまったので、写真を撮る気にもなりません。

出来るだけ、スライムを絞り出し、あふれ出たスライムの清掃の方に時間を取られました。
腐蝕したバルブコアをご覧になりたい方は、こちらに画像が有ります。

もう一台、右ブレーキ(前輪)を掛けると擦り音がするとのことでブレーキシューのチェックをさせていただきました。
シューの中央に陥没穴があったのですが、そこにアルミの削りくずが詰まっていました。
取り除いて、組み上げて修理完了です。

2件目は、後輪のパンク修理のご依頼だったのですが、空気の少ない状態で長時間走行されたのだと思います。
チューブがタイヤに引っ張られてバルブ根元が裂けていました。
チューブ交換で対処をさせていただきました。

もう一台は、擦れパンクです。
チューブに深い溝は出来ていませんでしたので、通常のパッチ当て修理です。

3件目は転倒により起きた前輪のニップル飛びです。
タイヤを外して、ニップル交換、振れ取りで修理完了です。
お客様には、破損の伝搬の可能性をお伝えし、これ以外のニップル飛びが起きないか注意してくださいとお願いしました。

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

スライム(パンク防止・修理剤)被害低減プロジェクト

スライム(パンク防止・修理剤)被害低減プロジェクトに至る経過

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

カテゴリー

川越市自転車シェアリング

Active Safety Project

雨雲

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ブログランキング