« 2013.03.27の異物 | トップページ | ネット購入自転車の組み立て時の注意 »

2016年3月28日 (月)

仏式(フレンチ)バルブ 空気入れ

スポーツ車に使われることの多い仏式(フレンチ)バルブです。
160328_170414

一般車用の空気入れでは、そのまま空気を入れる事が出来ず、専用の空気入れまたは、アダプターが必要になります。

Pump
仏式と記載されているポンプを選んでください。

このような、仏式→英式変換アダプターもあります。
Active3196_111492
バルブとアダプターの隙間から空気が漏れるので、シールテープなどで漏れの防止をしないと、高圧の空気は入りません。

アダプター付きで販売されている自転車もありますが、仏式(フレンチ)バルブは、高圧の空気が入るタイヤに使われているので、バルブ内部で弁が貼りついていることが多いです。

その為、アダプターを外して、最初の画像の状態にし、丸ナットを緩めて押し込んで弁の貼りつきを剥がしてやらなければいけません。
160328_202445_3
バルブを分解して、中の空洞をオレンジで描いてみました。
これで、丸ナットを緩めないといけない理由が分かって貰えるでしょうか?

【2016.04.04追記】
空気入れの口金の使い方を追記して、サイトを作りました。

« 2013.03.27の異物 | トップページ | ネット購入自転車の組み立て時の注意 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1550682/64691229

この記事へのトラックバック一覧です: 仏式(フレンチ)バルブ 空気入れ:

« 2013.03.27の異物 | トップページ | ネット購入自転車の組み立て時の注意 »

スライム(パンク防止・修理剤)被害低減プロジェクト

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

川越市自転車シェアリング

Active Safety Project

雨雲

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ブログランキング